Dlanguage ZC31S

Dlanguage ZC31S
ベース車種
ZC11/21/31/71 スイフト
店舗情報

D language


車両情報

筑波サーキットコース2000でFF最速の座を目指してチューニングを施したのがディーラーンゲージZC31S。
エンジンは排気量を1900ccへ拡大し、GT2835タービンを装着したターボ仕様。
タイムアタックマシンには欠かせない大型のエアロパーツやフラットボトムも採用してきたが、チューンを進めていく上で突き当たってしまったのがリヤのトーションビーム式サスペンション。
さらに上の次元へスイフトスポーツを進化させるために行われたのが、セミトレ式4輪独立懸架への構造変更という禁断の大技だったのだ。
アームやナックル類はもちろん、ボディ側のマウント類をワンオフ製作した新しいリヤサスペンションシステム。
トーやキャンバーの自由度を拡大し、リヤのメカニカルグリップをさらに高めることに成功している。
さらに、このリヤサスペンションの加工に合わせて、ホイールベースも延長。
エアロパーツもさらに大経過して、よりワイドなタイヤを装着可能とした結果、57秒974を記録している。

車両情報をすべて表示する
TOP pageへ

カスタム内容

  • ALL
  • エンジン
  • 排気系
  • タイヤ
  • ホイール
  • 吸気系
  • 冷却系
  • 駆動系
  • 足回り
  • 外装
  • ブレーキ
TOP pageへ

ZC11/21/31/71 スイフト カスタムラインナップ