DK型CX-3オーナー必見!流行りのエアロパーツ特集!

DK型CX-3オーナー必見!流行りのエアロパーツ特集!

魂動デザイン -Soul of Motion- が採用された、マツダ最小のコンパクトクロスオーバーSUV、DK型CX-3。
魂動デザインにより、マツダ全車が統一感あるエクステリアデザインが与えられ、欧州車並みにブランド価値が高まっています。
統一感があるということは、裏を返せば無個性とも言えるため、CX-3オーナーにとってオリジナリティあるエアロパーツを求めたくなるはず。
今回はDK型CX-3オーナー必見の「CX-3に装着したくなる流行りのエアロパーツ特集」をご紹介します!

特集まとめ

今回はDK型CX-3オーナー必見の「CX-3に装着したくなる流行りのエアロパーツ特集」をご紹介しました!

2015年3月のデビューから注目を集め、日本の道路事情にマッチした日本人好みのコンパクトサイズに、クロスオーバーボディを組み合わせて多くのユーザーから人気を得たDK型CX-3。

CX-3向けのエアロパーツメーカーと言うと、DAMD(ダムド)、KENSTYLE(ケンスタイル)、NIGHT SPORT(ナイトスポーツ)、R magic(アールマジック)、GARAGE VARY(ガレージベリー)、8Design(エイトデザイン)などが挙げられます。

DK型CX-3は純正でも丸みを帯びたデザインが特徴であることから、純正フロントバンパーにフロントリップスポイラーを装着するだけでも引き締まった印象を与え、よりスポーティ感溢れる外装にすることができます。
特にCX-3向けのエアロパーツはスタイリッシュなデザインで、純正フロントバンパーにマッチしたパーツが多く、LEDスポットライトも装着できたりと、CX-3の存在感をアピールできるパーツが豊富です。

サイドステップも同様で、サイドのアンダー部分に張り出し感を与えることでより車高を低く魅せる効果があり、いい意味でクロスオーバーSUVらしくなく、CX-3のデザインを活かしたエアロになります。

リアビューはマツダ全車で空力の追求とデザインの統一ということもあり、フロントビュー同様丸みを帯びた卵のようなデザインですが、リアアンダースポイラーやルーフスポイラーを装着することで立体感を得られ、純正とは一味も二味も違った見た目へと進化します。
フロント周りに比べてリアビューは走行中、常に後続車両から見られることが多いので、エアロカスタムを進めて行く上で非常に重要な箇所と言えます。

CX-3の場合、KG型CX-8やKF型CX-5に比べてカスタムパーツが豊富で、カスタムする楽しみを味わえるのが特徴で、マツダ全車で統一感のある魂動デザインとしていることから、カスタム後の変化は大きく、同じCX-3でもカスタムをしているクルマとカスタムをしていないクルマとでは見た目が大きく異なります。
CX-3向けのエアロパーツや外装パーツは基本的に保安基準に適合しているパーツばかりで、安心して車検を通すことができるのもポイント。
ディーラーオプション向けのエアロパーツ開発を経験しているメーカーも多いだけに、高品質なアフターパーツが多いのもCX-3オーナーの特権と言えます。

今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!

関連特集