MotaGare / モタガレ

GT-R用カスタムドレスアップパーツ・自動車用品・GT-Rの情報満載!
GT-R専門オンラインストア モタガレ

GT-R

車種専用ページ

NISSAN

GT-R

ここでは歴代 NISSAN GT-R に関するカスタムカー、カスタム事例、カスタムパーツ、ニュース・トピックス等をまとめた情報をご覧いただけます。

GT-Rカスタムカー

有名ショップ、ブランドのプロがGT-Rをフルカスタムしたカスタムチューニング事例です。
ドレスアップ派から本格派まで、GT-Rのチューニングの参考にしてください!

  • (有)エンドレス R35 MY07 Ver.2

    (有)エンドレス R35 MY07 Ver.2

    ベース車種
    R35 GT-R

    長年のドラッグ競技で培ってきたパワー系チューニングとトラクション性能向上術を、ストリートやサーキットへフィードバックしている兵庫県の(有)エンドレス。 デモカーとなっているR35はMY07をベースに後期仕様へとアレンジし、ストリートでもサーキットでも楽しめるユーザーのニーズに応えた一台となっている。 排気量は3.8Lのまま、エンジン内部のピストンやコンロッドをHKS製の強化品に交換し、トラスト製大容量サージタンクやHKS製GT1000スペックインタークーラーなどの補機類セッティングと共に、HKS製GT800タービンで850psを発揮するようとなっている。 1000ps超えのチューニングも可能ではあるが、駆動系への負担が増しストリートユースでの管理がシビアになるため、余裕をもたせた出力特性となっている。 フットワーク系は乗り心地とコントローラブルさにこだわったエンドレスオリジナルのダンパーキットを軸に、アーム類などを後期型用のものに変更。 前後にADVANのA08B(285/35R20)を履かせるためにワイドフェンダー化されている。 フロントグリルはGT3マシンのようにダクト化され、また油温上昇を抑えるためにロアグリルにオイルクーラーをインストール、冷却効率の向上に大きな効果をもたらしている。

    この車を詳しく見る
  • WING TAKEO R35 MY11

    WING TAKEO R35 MY11

    ベース車種
    R35 GT-R

    ブーストアップからのストリート的ステップアップでGT-Rの心臓であるVR38のポテンシャルを引き出して来たチューナーが多い中、排気量アップ+タービン交換で1000ps&100kgmオーバーの限界領域へと果敢にチャレンジしていたのがウイングタケオ。 テストして来た4.3Lや4.2Lでは圧倒的トルクと引き換えにシリンダーブロックが消耗品となってしまう傾向だったため、現在は排気量は3.8Lのままピストンやコンロッドなど強化してTRUST製TD06-25Gをマッチングさせて来た。 4.3Lや4.2L仕様より控えめ仕様とはいうが、ブースト圧1.8kg/㎠時には1000ps&110kgmを発揮している。 そのポテンシャルは凄まじく、セットアップ途中でありながら、セントラルサーキットで1分21秒999というR35最速タイムに0.8秒弱まで迫る貫禄を見せつけた。 しかし、あくまでも街乗り可能なチューニングカーとしてのアプローチは崩しておらず、1000psオーバーを路面へ伝達するための空力チューンも施すが、デザインで優れたトップシークレットボディキットにオリジナルの1800mmGTウイングを加えた程度。 軽量化をせずに引き出した速さは、サーキットを楽しむユーザーにとってベンチマークとなるだろう。

    この車を詳しく見る
  • GarageMAK R35 MY11

    GarageMAK R35 MY11

    ベース車種
    R35 GT-R

    シルビアやZ33・Z34などの日産車ではそのストイックなチューニング内容と、レーシングライクなエアロとボディメイクで注目を集めて来たガレージMAK。そんなガレージMAKが満を辞してR35GT-Rのデモカーの製作に取り掛かりました。 代表ドライブでFSWレーシングコースを1分55秒台を刻むデモカーは、一般ユーザー達と等身大のチューニングスタイルでというコンセプトを立て、サーキットも楽しめる通勤快速仕様として車両製作を行なっています。 エアロパーツ、エンジンともライトチューンと言える範囲のマシンメイクでバランスされており、エンジン周りやサスペンションキットなどは、信頼のおけるHKS製の製品を中心にした組み立てに。エンジンは排気チューンを行い、ブースト圧1.3kg/㎠で最高出力は約500ps程度となっています。 もちろんサーキットを走るなら駆動系のウイークポイント対策が必須であり各部メンテナンスにも力を入れ、DCTクーラーなどが装備。 サスペンションはデモカー製作当初、車高調を中心にした一般的な部品構成だったが、車重の影響もありよれ感が拭えなかったため、アーム類をオリジナルで製作したのはもちろん、交換しにくい前後のロアアームまでピロボールマウントとし完成度を高めてきています。

    この車を詳しく見る
  • Do-Luck R35 MY11

    Do-Luck R35 MY11

    ベース車種
    R35 GT-R

    ベース車の持つ風合いを強調した絶対的な存在感を感じさせるエアロパーツから、チューニングエキスパートならではの視点で開発される唯一無二の電子デバイスまで、スポーツカーに対する幅広いアイテムを開発し続けるドゥーラック。 DAS(Do-Luck AWD Switcher)はR35GT-Rの4WDシステムを手軽にキャンセルし、FR化するためのアイテムで、ユーザーの何気ない発言に耳を傾けたことから開発されたアイテムで、ブレーキ及びサイドブレーキとアクセル併用時に、ブレーキ操作が優先されるブレーキオーバーライドシステムもキャンセルできるので、ドリフトやバーンナウとを可能にしている。 TPC(Tire Pressure monitor Canceller)はタイヤに組み込まれたセンサーとECMの通信をキャンセルするためのもので、サーキット走行用に用意した別のホイール&タイヤに、純正センサーを組み込んで、車両とのマッチング操作を行う必要な無くなる。 車両のECUがタイヤの状態をモニタリングできなくすることでエラー判定をキャンセルし、セーフモードに入ることを防止できる。 ハイセンスなエアロパーツに目を奪われがちだが、電子制御やセッティングまで精通する高い技術力を発揮している。

    この車を詳しく見る
  • Kansaiサービス R35 MY17

    Kansaiサービス R35 MY17

    ベース車種
    R35 GT-R

    奈良県奈良市に店舗を構えるKansai サービス。 老舗のチューニングショップとして存在し、古くからHKSと関係が深い。 ノーマルを細部まで分析し、そこから得たデータをもとに各種チューニングでの効果を多彩な組み合わせで徹底的に検証していくスタイルを貫く。 デモカーとなるR35 MY17はチューニング初期段階であるが、エンジン+タービンはそのままにECMや吸排気チューニングで600psを発生させるポテンシャルを持っている。 従来モデルが過激なチューニングだっただけに、あえて最新のMY17は一つずつチューニングをステップアップさせている。

    この車を詳しく見る
  • Kansaiサービス R35 MY07

    Kansaiサービス R35 MY07

    ベース車種
    R35 GT-R

    タイムアタックではラジアルタイヤ装着車としてトップレベルの実力を持ちながら、自走でサーキットもOKという高い使い勝手を兼ね備えているカンサイサービスのR35。 ベースは初期型のMY07で、ブーストアップから徐々にステップアップし、蓄積されたノウハウをフルに投入されているのが、4.1Lに排気量アップしたVR38DETTにGT1000タービンキットを装備した1000ps仕様となっています。 エンジンやドライブトレイン系はHKS製パーツを中心に、カンサイサービスならではの高い精度で組み付けられたもの。加えてクランクジャーナルにはDLC、ピストンやピストンピン、ピストンリング、クランク&コンロッドメタルにはWPC加工を施工。 圧倒的なパワーを扱いやすくセッティングしているのは、オリジナルのスポーツECMです。完全な現車あわのセッティングとなっているが、その変更箇所や内容はユーザー仕様の延長線上にあるもので、またDCT制御のTCMのプログラムリセッティングを加え、クラッチミートのタイミングを最適化しています。 足回りはHKSハイパーマックスMAXⅣベースのオリジナルスペックで、豊富なデータを生かすためのあえての選択。 ピロボールタイプのアームも追加し、トラクション性能と安定性の向上を実現させています。

    この車を詳しく見る
  • HKS 神風R

    HKS 神風R

    ベース車種
    R35 GT-R

    FSWレーシングコースでR35のラジアルタイヤ最速となる1分41秒7をマークしているHKSテクニカルファクトリーの神風R。 装着されているパーツはHKS製パーツのオンパレードで、VR38DETTは4.1Lに排気量アップした上でGT1000タービンキットを装備。 ハイカムや大容量サージタンクを組み込むことで、最大ブースト1.9kg/㎠時に1063ps/121kgmというポテンシャルを発揮する。 ポート加工やインタークーラーパイプの見直しこそ行っているものの、基本的には市販パーツのみで構成されているので、誰でも同じ仕様を作ることが可能というもの。 ドライブトレイン系の強化も抜かりなくHKSの強化トランスミッションを導入。 DCTクーラーやデフクーラーキットを装着して油温の安定化を図るなど、安定した走りを実現するためのチューニングが施されている。 0-1000mタイムは17秒98、最高速300.11km/hを記録している。

    この車を詳しく見る
  • PHOENIX's POWER R35 MY12

    PHOENIX's POWER R35 MY12

    ベース車種
    R35 GT-R

    フェニックスパワーのR35GT-Rはストリートメインのユーザーマシンで、排気量はあえて純正のまま、JUNの272度ハイカムやTRUST製RXサージタンクを装備。 ECUTEKで緻密なセッティングを取り、ブースト圧2kg/㎠時に1007psを発揮する。 ドライブトレイン系はネココーポレーション製の強化ギヤセットを装備し、TRUST製DCTクーラーなどハイパワーに耐えうる強化も抜かりなし。 外装はフェニックスパワー製のフロントマスクとVARIS製フロントフェンダーなどをマッチングさせ落ち着いた印象を持たせている。

    この車を詳しく見る
  • ESPRIT R35 MY07

    ESPRIT R35 MY07

    ベース車種
    R35 GT-R

    ストリートメインでたまにサーキットへというオールマイティ仕様で、最高速到達速度をできるだけ速くするオーナーの声に応えたエスプリのR35GT-R。 VR38DETTは排気量を変えずにHKSコンロッド、ピストンでハイパワに対応できるよう強化されており、ヘッドは東名パワードのポンカムに加えてインテークポートの研磨も施され、TRUST製サージタンクも装備されている。 制御はオリジナルECU。 タービンキットはHKS製のGT800がベースとなっており、最大ブースト1.7kg/㎠時に870ps/115kgmを発揮する。

    この車を詳しく見る
  • GARAGE YAWATA R35

    GARAGE YAWATA R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    ゼロヨン・ドラッグで名が知られているGARGE YAWATA。 HKS製GT3240タービンからGT3037Sタービンにチェンジし、ポーテックドシュラウドを生かしたハイブーストで一気に300km/hを狙う仕様となっている。 エンジンはHKS鍛造ビストントコンロッドで強化した腰下に、ヘッドは東名パワード製カムシャフトと強化バルブスプリングをセットしている。 4本出しのマフラーは快適性とパワーを両立させる切り替えバルブ付きのデュアルサラウンドマフラーを装備。

    この車を詳しく見る
  • TRIAL R35 MY07

    TRIAL R35 MY07

    ベース車種
    R35 GT-R

    トライアルR35はHKS製の鍛造ピストンとコンロッドを使用し、1000ps近いパワーに耐えうる強度を確保。 カムシャフトもHKS製のステップ2を使用し、タービンの能力を引き出すセットアップをしている。 タービンはHKS製GT1000キットのGTⅡ7867をツインで装着し、吸気系や排気系もHKS製品で統一。 燃料計はサードの290L/h燃料ポンプを2基掛けし、純正インジェクターをツインドライブ。 トライアルがオリジナルでセッティングしたECUを使い、排気量はノーマルのままブースト圧1.6kg/㎠時に934psを発揮する。

    この車を詳しく見る
  • SABULIVE R35 MY07

    SABULIVE R35 MY07

    ベース車種
    R35 GT-R

    VR38エンジン本体やインタークーラー、触媒までノーマルを維持したままのブーストアップ仕様に、NOSを追加しているのがサブライブR35。 ECUTEKを使い、最大ブースト圧1.6kg/㎠時に約590馬力を発生し、そこにNXシステムによるナイトロを噴射し150psを上乗せ。 トータルで740psを発揮させるポテンシャルを持つ。 高回転時の伸びはタービン交換車に比べると足りない部分があるものの、0-200mの加速はフルチューンのR35を凌ぐ加速を見せる。

    この車を詳しく見る
  • JUN R35 MY07

    JUN R35 MY07

    ベース車種
    R35 GT-R

    ジュンオートメカニックのR35は、オリジナルの4.0LコンプリートエンジンにGCG製GTX3582Rタービンを組み合わせている。 鍛造ピストンやI断面コンロッド、クロモリ削り出しクランク、マシニングセンターによる燃焼室&ポート加工、フルバランス取りが施されブースト圧2.0kg/㎠時に1037ps/117.5kgmという圧倒的なパワーとトルクを発揮する。 見た目以上にあらゆるところに手が加えられ、エンジン性能を発揮するための補記類や駆動系チューニングなどもしっかりと施されている。

    この車を詳しく見る
  • PHOENIX's POWER R35

    PHOENIX's POWER R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    オリジナルコンピューター「アプリケーションCPU」をメインとしたブーストアップメニューでR35のファーストステップとして力を入れている。 VR38DETTエンジン本体は完全なノーマルで、エアクリーナーを含めて吸気系もノーマル。 RH9オリジナルのフルチタンマフラーとTRUST製キャタライザーを装着しているだけで、5600rpm時に641psを発生させる。 ECMとTCMを最適化することでブーストアップでも十分楽しめる仕様となっている。

    この車を詳しく見る
  • GARAGE SAURUS R35

    GARAGE SAURUS R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    SAURUSのR35はコストパフォーマンス重視のオールマイティ仕様といったコンセプトで、パワーとフットワークの各性能をバランスさせ、コントロール性とパフォーマンスの高さを両立しているのが特徴。 585psのブーストアップ仕様でありながら、最高速は332km/hに到達するパフォーマンスを持っており、誰でも格安に手に入れられることができる。

    この車を詳しく見る
  • GARAGE CHIKARA R35 MY07

    GARAGE CHIKARA R35 MY07

    ベース車種
    R35 GT-R

    ガレージ力のMY07は他社のような激しいチューニングというよりは、調律する、という考えのもとあくまでもノーマルの延長線上で、ECMと5zigen製マフラーに替えただけの仕様。 DCTクーラー無しでサーキットを40分走行できるフルード開発するなど、追加パーツも最小限に抑えるノーマルライクな仕様となっている。

    この車を詳しく見る
  • GARAGE CHIKARA R35 MY11 Track Edition

    GARAGE CHIKARA R35 MY11 Track Edition

    ベース車種
    R35 GT-R

    スタンダードモデルのMY07との対比用に用意したのはMY11のトラックエディションで、公道走行を可能にするためにナンバー付きにコンバートされている。 オリジナルのブルーメタリックパールに塗り替えられ、ルーフはオリジナルのカーボンコンポジットに替えられている。 パワー系はブーストアップに留めた550psで、サーキットをガンガン走りたい車両のため、タービンなど補記類に負担をかけない程度に出力を向上させている。 トラックエディションということから、純正でFIA格式のロールケージが装備されており、さらにガゼット補強を施している。

    この車を詳しく見る
  • Kuhl Racing R35 Wide Body Ver.1

    Kuhl Racing R35 Wide Body Ver.1

    ベース車種
    R35 GT-R

    コンプリートカーという形で、ワイドボディフルエアロのR35GT-Rを販売している名古屋のクールレーシング。 装着しているパーツは単体ごとの計算だと約500万円、それを程度の良い中古のR35に取り付けた状態でコンプリートカーとして販売することで、849万円(税込)というお買い得価格と2m超の迫力のワイドボディのルックスを実現している。 足元はブリッツZZ-Rダンパーにワーク製20インチホイールが装着されており、それもセットとなっている。

    この車を詳しく見る
  • Kuhl Racing R35 Standard Body

    Kuhl Racing R35 Standard Body

    ベース車種
    R35 GT-R

    コンプリートカーという形で、フルエアロのR35GT-Rを販売している名古屋のクールレーシング。 装着しているパーツは単体ごとの計算だと約280万円、それを程度の良い中古のR35に取り付けた状態でコンプリートカーとして販売することで、649万円(税込)というお買い得価格と迫力あるルックスを実現している。 足元はブリッツZZ-Rダンパーにワーク製20インチホイールが装着されており、それもセットとなっている。

    この車を詳しく見る
  • AIMGAIN GT R35 GT-R

    AIMGAIN GT R35 GT-R

    ベース車種
    R35 GT-R

    セダン系ブランドとして活躍するエイムゲインが手がけたR35。 GTパーフェクトボディキットは圧倒的な存在感とシルエットを生み出している。 オンリーワンへのこだわりから、エアロパーツのバラ売りは行っておらず、フルキットでの販売のみ。 ボルドワールド製エアサスペンションを装着することで、走行時と停止時で2面性のあるスタイルを確立している。

    この車を詳しく見る
  • CHARGE SPEED R35 GT-R 撃速WIDE BODY

    CHARGE SPEED R35 GT-R 撃速WIDE BODY

    ベース車種
    R35 GT-R

    チャージスピードの撃速ワイドボディキットは単純にオーバーフェンダー仕様にしたスタイリングではなく、それぞれのボディラインが流れるような弧を描き、アメリカンかつ女性にも似合うデザインとなっている。 フロントは片側50mm、リアは片側70mmのワイド化となっており車幅は2mを超える。 エアロだけではなく、マフラーメーカーのEXARTとコラボしたCSパワーマフラーは、メインパイプは純正と同じ70φにすることでパワー至上主義のマフラーとは別に、心地の良いエギゾーストを手に入れることができる。

    この車を詳しく見る
  • VARIS R35 GT-R KAMIKAZE R Super Sonic

    VARIS R35 GT-R KAMIKAZE R Super Sonic

    ベース車種
    R35 GT-R

    HKSテクニカルファクトリーと共同で開発を行っている神風Rスーパーソニック。 見た目通りオーバーフェンダー化されているが、フロントが片側25mm、リヤが片側35mmのワイド化に止まっている。 他社製品と比べると落ち着いた数値かもしれないが、サーキットでタイムを詰める上で緻密なプランの上でこの数値となっている。 あまり大きすぎてもジオメトリー変化でサスペンションセッティングに影響を与えてしまう。 フロントグリル、フェンダー、ボンネット、リアバンパーに設けられた多くのダクトは、冷却性はもちろんダウンフォースを獲得するためにVARISのノウハウがふんだんに詰まっている証しである。

    この車を詳しく見る
  • PRO COMPOSITE R35 GT-R Abflug Spec Ver.2

    PRO COMPOSITE R35 GT-R Abflug Spec Ver.2

    ベース車種
    R35 GT-R

    デザイン性はもちろんのこと、エアロパーツの性能面としても優れた空力性能を得るために制作されたプロコンポジットのエアロパーツ。 設計開発の段階でスーパーGT500の現役シャーシメカニックを迎え、R35の空力効果を最大限に引き上げられるよう制作されている。 フロントバンパーの造形はもちろん、サイドステップは空気の巻き込みを抑え、AUDI R8を彷彿とさせるリアバンパーのアウトレットはマフラー熱の排熱やパラシュート効果の抑制を図りダウンフォースを獲得している。

    この車を詳しく見る
  • Mine's R35 GT-R MY11

    Mine's R35 GT-R MY11

    ベース車種
    R35 GT-R

    マインズ流のピークパワーよりもレスポンスとピックアップを重視しているMY11デモカー。 コンプリートエンジンは排気量3.8Lとしたまま、オリジナルのチタンコンロッドや軽量鍛造ピストン、SPLタービンキットを装着しブースト圧1.6kg/㎠時に750psを発揮する。 いたずらにハイパワーを求めるのではなく、ストリートでの乗りやすさも視野に入れた仕様となっている。 タイヤはフロント255/40R20、リア285/35R20の純正と同サイズのポテンザRE-71Rを履き、夏場の富士スピードウェイレーシングコースで1分48秒923を記録している。

    この車を詳しく見る
  • CHARGE SPEED R35 BottmLine(前期)

    CHARGE SPEED R35 BottmLine(前期)

    ベース車種
    R35 GT-R

    MY10以前のR35に対応しているCHARGE SPEED BottomLine(チャージスピードボトムライン)。 海外にもグローバル展開されており、人気を集めている。 純正エアロパーツをベースにスポイラーやフェンダーを取り付けることができ、純正ルックだけでは味わえない攻撃的なルックスが特徴。 ボンネットはダクト開口部が広く多く設けられており、ドレスアップはもちろん冷却効率のアップが期待できる。 リアディフューザーは外に張り出すようデザインされており、後方からのビジュアルは迫力のローアンドワイドを実現している。 フロントバンパーとリアバンパーにはバンパーダクトが増設され空力効果を生み出す。

    この車を詳しく見る
  • CHARGE SPEED R35 撃速

    CHARGE SPEED R35 撃速

    ベース車種
    R35 GT-R

    MY11以降のR35に対応しているCHARGE SPEED BottomLine(チャージスピードボトムライン)。 海外にもグローバル展開されており、人気を集めている。 純正エアロパーツをベースにスポイラーやフェンダーを取り付けることができ、純正ルックだけでは味わえない攻撃的なルックスが特徴。 フロント片側15mm、リア片側20mmのワイドフェンダーはGT-Rの持つ筋肉質なボディデザインをさらに引き立たせ、存在感をアピールできる。 ダックテールはトランク一体型のエアロトランクとなっており、他とは一味違った雰囲気に仕上がる。

    この車を詳しく見る
  • PRO COMPOSITE R35 GT-R Abflug Spec Ver.1

    PRO COMPOSITE R35 GT-R Abflug Spec Ver.1

    ベース車種
    R35 GT-R

    デザイン性はもちろんのこと、エアロパーツの性能面としても優れた空力性能を得るために制作されたプロコンポジットのエアロパーツ。 設計開発の段階でスーパーGT500の現役シャーシメカニックを迎え、R35の空力効果を最大限に引き上げられるよう制作されている。 フロントバンパーの造形はもちろん、サイドステップは空気の巻き込みを抑え、AUDI R8を彷彿とさせるリアバンパーのアウトレットはマフラー熱の排熱やパラシュート効果の抑制を図りダウンフォースを獲得している。

    この車を詳しく見る
  • ROWEN R35 Ebbrezza-R Racing Style

    ROWEN R35 Ebbrezza-R Racing Style

    ベース車種
    R35 GT-R

    愛知県豊田市にあるROWEN JAPAN(旧:TOMMYKAIRA)。 スポーティかつ都会的なルックスが特徴で、シンボルとも言えるフロントバンパーのLEDスポットランプは、同社伝統のドレスアップ手法である。 前期モデル用に用意されたEbbrezza-Rは、フロントバンパーの左右にLEDスポットランプが配置され、MY11モデルの純正バンパーを彷彿とさせる。 バンパーダクトも左右に設けられ冷却性の確保もされている。 リアウイングは純正ライクながらも大型化することで存在感をアピール。

    この車を詳しく見る
  • ROWEN R35 Ebbrezza-R Neo Premium Racing Style

    ROWEN R35 Ebbrezza-R Neo Premium Racing Style

    ベース車種
    R35 GT-R

    愛知県豊田市にあるROWEN JAPAN(旧:TOMMYKAIRA)。 スポーティかつ都会的なルックスが特徴で、シンボルとも言えるフロントバンパーのLEDビームランプは、同社伝統のドレスアップ手法である。 中期モデル用に用意されたEbbrezza-Rは、フロントバンパーのLEDスポットランプが左右縦にも配置され、ローアンドワイドがより強調されている。 リアフェンダーアーチエクステンションを装着することにより片側10mmワイドとし、過激になり過ぎないながらも落ち着いた大人のイメージを彷彿とさせる。

    この車を詳しく見る
  • ROWEN R35(後期)

    ROWEN R35(後期)

    ベース車種
    R35 GT-R

    愛知県豊田市にあるROWEN JAPAN(旧:TOMMYKAIRA)。 スポーティかつ都会的なルックスが特徴で、シンボルとも言えるフロントバンパーのLEDビームランプは、同社伝統のドレスアップ手法である。 MY17用(後期用)に用意されたエアロパーツは、リップスポイラータイプで構成されており、純正バンパーのデザインをうまく活用しシームレスな取り付け状態でROWENの技術力とデザイン力の高さが分かる逸品である。 ニューデザインのサイドステップは横に大きく張り出し空力効果も高い。

    この車を詳しく見る
  • WALD R35

    WALD R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    大阪府高槻市に本社を構えるWALD(ヴァルド)。 R35は純正には装備されていない、丸型のフォグランブが奢られており、他社製エアロパーツとは一線を画すデザインとなっている。 サイドステップとリアオーバーフェンダーはブラックアウト化されており、リアディフューザーまで繋がるラインはGT-Rのイメージを一変させる。

    この車を詳しく見る
  • VeilSide R35 Ver1 Model

    VeilSide R35 Ver1 Model

    ベース車種
    R35 GT-R

    茨城県つくば市に本社を構えるVelSide(ヴェールサイド)。 その名前の由来は創設者であり代表の横幕氏の苗字Veil(幕)+Side(横)からきたものである。 第二世代GT-RやTOYOTA 80スープラなどのエアロパーツで注目を集め、映画ワイルドスピードでも多くの車種にVeilSide製エアロが装着されていた。 R35エアロではVeilSideらしく曲線美が取り入れられたデザインで、フロントバンパー下部が大きくダクト化されており冷却性の確保もされている。 フロントリップ部、サイドステップ、リアハーフスポイラーが直線的にブラックアウトされ欧州車的雰囲気を醸し出している。

    この車を詳しく見る
  • CARBONDRY R35

    CARBONDRY R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    愛知県に本社を構えるカーボンドライ。 R35エアロパーツでは、ドライカーボン製のボンネットやフロントリップスポイラーを展開し、見た目とともにスポーティな質感をアピールしている。 特徴的なのはドライカーボン製のリアウイングで、GTウイングや直線的なデザインのリアスポイラーが多い中、両端を垂れ下げることで他にない曲線的なリアビジュアルとなる。

    この車を詳しく見る
  • C-WEST R35

    C-WEST R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    C-WEST製R35エアロパーツは車格に相当したヒントスポーティなフォルムを重点にデザインされており、ストリートでは品良く疾走し、サーキトでは空力パーツとして機能する製品となっている。 フロントハーフスポイラーはカナード効果を狙い、サーキットでのテストの結果、ストリートでも保安基準内に落ち着けるレベルまでアクセントをつけている。 リアアンダーフィンはノーマルバンパーの造形を損なうことなく、さりげなくボリュームを持たせリアビューの存在感をアップさせている。

    この車を詳しく見る
  • Zele Performance R35

    Zele Performance R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    ZELE R35は目に見える箇所だけではなく、細部まで塗装仕上げを行うボディメイクの技術で成り立っている。 デモカーの塗装色は欧州自動車メーカー純正にも設定されるDupont社製の高級塗料を採用。 カーボンパーツは全て日本製、職人がハンドメイドで製作している。

    この車を詳しく見る
  • HASEMI SPORT R35

    HASEMI SPORT R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    元レーシングドライバーでありスーパーGT300クラスハセミモータースポーツ監督の長谷見昌弘氏が社長を務めるハセミスポーツのR35。 純正ルックを崩すことなく、フロントバンパーのカナードや、リアスポイラーに取り付けるガーニフラップなど肝を抑えた効果的なエアロパーツとなっている。

    この車を詳しく見る
  • TOP SECRET R35 G-EFFECT Ver2

    TOP SECRET R35 G-EFFECT Ver2

    ベース車種
    R35 GT-R

    千葉県千葉市花見川区に店舗を構えるTOP SECRET。 車種や走行ステージにとらわれずクルマ遊びを追求するTOPSECRET。 ゼロヨン、最高速、ドリフト、サーキットと様々なステージにチャレンジをしている。 そんなTOP SECRETのR35 G-EFFECT Ver2はフロントグリル部分の開口部を大きくすることで冷却効率を上げており、リアディフューザーはフロア部分の整流と排出効果を高めて、操縦安定性をアップしている。 前後オーバーフェンダーキットは他社ショップデモカーにも多く採用されている逸品。

    この車を詳しく見る
  • TOP SECRET R35 G-EFFECT

    TOP SECRET R35 G-EFFECT

    ベース車種
    R35 GT-R

    千葉県千葉市花見川区に店舗を構えるTOP SECRET。 車種や走行ステージにとらわれずクルマ遊びを追求するTOPSECRET。 ゼロヨン、最高速、ドリフト、サーキットと様々なステージにチャレンジをしている。 そんなTOP SECRETのR35 G-EFFECTのフロントバンパーは、パッと見純正バンパーにリップスポイラーが付いているように見えるが、実はロングノーズ化されたフルバンパータイプで、最高速に定評があるTOP SECRETならではの発想と言える。

    この車を詳しく見る
  • VARIS R35 Circuit Ver

    VARIS R35 Circuit Ver

    ベース車種
    R35 GT-R

    HKSテクニカルファクトリーと共同開発を行なっている神風R Super Sonicエアロの前身と言えるVARIS R35 Circuit Ver。 フロントバンパーはフルバンパータイプでありながら、純正ルックのフロントグリルに敢えてGT3のようなダクトを設ける魅せ方をしており、スパルタンな印象を与える。

    この車を詳しく見る
  • VARIS R35GT-R '13Ver.

    VARIS R35GT-R '13Ver.

    ベース車種
    R35 GT-R

    スーパー耐久などのレースシーンの実戦でエアロパーツ開発を進めているVARIS。 アフターパーツ向けのパーツにも実戦で得られた技術がふんだんに盛り込まれており、機能部品として役割を成している。 R35エアロパーツの先駆けとなっている'13Ver.はHKSテクニカルファクトリーと共同開発の神風Rのベースともなっているエアロキットで、VARISらしさが体現されている仕様となっている。

    この車を詳しく見る
  • VARIS R35GT-R '14Ver.

    VARIS R35GT-R '14Ver.

    ベース車種
    R35 GT-R

    スーパー耐久などのレースシーンの実戦でエアロパーツ開発を進めているVARIS。 アフターパーツ向けのパーツにも実戦で得られた技術がふんだんに盛り込まれており、機能部品として役割を成している。 R35エアロパーツの先駆けとなっている'14Ver.はHKSテクニカルファクトリーと共同開発の神風Rのベースともなっているエアロキットで、'13Ver.に比べカナードが追加されていたり、リアバンパーにアウトレットダクトが設けられていたりと空力性能の向上が図られている。

    この車を詳しく見る
  • LB★WORKS NISSAN GT-R R35 type 1

    LB★WORKS NISSAN GT-R R35 type 1

    ベース車種
    R35 GT-R

    世界のスーパーカーにリベット止めのオーバーフェンダーを装着したエアロキットを製作し、一世を風靡しているLiberty Walk(リバティウォーク)。 例に漏れず日産GT-R R35にもLiberty Walkのエアロパーツも販売されています。 純正でも十分筋肉質なスタイリングのR35に装着されたオーバーフェンダーは圧巻の一言で、そのロー&ワイドのスタイリングは見るものを惹きつける仕上がりとなっている。

    この車を詳しく見る
  • BenSopra R35

    BenSopra R35

    ベース車種
    R35 GT-R

    京都府京田辺市に本社を構えるBenSopra。 そのデモカーであるR35の一番の特徴といえば、ランボルギーニ ミウラやランチア ストラトスを彷彿とさせるようなチルトカウル化で、R35のフロントバンパー+ボンネット+フェンダーが一体となって前開きする。 またリアウイングはリアフレームに直接マウントされ、リアバンパーを貫通するような形状となっている。

    この車を詳しく見る
  • R35GT-R 2018 KUHLJAPAN PROJECT R35GODZILLA,THE LINE SHAKER

    R35GT-R 2018 KUHLJAPAN PROJECT R35GODZILLA,THE LINE SHAKER

    ベース車種
    R35 GT-R

    この車を詳しく見る
  • R35 GT-R 2017MODEL KUHLRACING 35R-SS BODY KIT

    R35 GT-R 2017MODEL KUHLRACING 35R-SS BODY KIT

    ベース車種
    R35 GT-R

    この車を詳しく見る
  • MAGNUM OPUS R35GT-R MY'17

    MAGNUM OPUS R35GT-R MY'17

    ベース車種
    R35 GT-R

    この車を詳しく見る
  • Kansai R35 MY17 スーパーストリート

    Kansai R35 MY17 スーパーストリート

    ベース車種
    R35 GT-R

    この車を詳しく見る
  • LB-WORKS NISSAN GT-R R35 type 2

    LB-WORKS NISSAN GT-R R35 type 2

    ベース車種
    R35 GT-R

    フェラーリやランボルギーニと言ったスーパーカーをベースに、日本が世界に誇る「改造」を行い世界に1台だけのクルマを作り上げる、Liberty Walk(リバティーウォーク)。 ワイドで重量感のあるエアロは人を魅了し、一度見たら忘れられなくなるようなデザインが特徴です。 日産GT-R(R35)にはオーバーフェンダーを用いたフルボディキットシリーズの「LB-WORKS」を装着。 純正のボディラインにさらなる刺激さを追加し、どの方向からも強烈なインパクトを放つ車両に仕上げ、乗るだけでなく見る楽しみも追求しています。

    この車を詳しく見る
  • LB-WORKS NISSAN GT-R R35 type 1.5

    LB-WORKS NISSAN GT-R R35 type 1.5

    ベース車種
    R35 GT-R

    フェラーリやランボルギーニと言ったスーパーカーをベースに、日本が世界に誇る「改造」を行い世界に1台だけのクルマを作り上げる、Liberty Walk(リバティーウォーク)。 ワイドで重量感のあるエアロは人を魅了し、一度見たら忘れられなくなるようなデザインが特徴です。 日産GT-R(R35)にはオーバーフェンダーを用いたフルボディキットシリーズの「LB-WORKS」を装着することで、純正ボディラインをさらなる刺激的なラインに作り変え、どの方向からも強烈なインパクトを放つ車両に進化させています。 乗るだけでなく、見ることによる楽しさも追求した車両に仕上がっています。

    この車を詳しく見る
  • (有)エンドレス R35 MY07 Ver.2
  • WING TAKEO R35 MY11
  • GarageMAK R35 MY11
  • Do-Luck R35 MY11
  • Kansaiサービス R35 MY17
  • Kansaiサービス R35 MY07
  • HKS 神風R
  • PHOENIX's POWER R35 MY12
  • ESPRIT R35 MY07
  • GARAGE YAWATA R35
  • TRIAL R35 MY07
  • SABULIVE R35 MY07
  • JUN R35 MY07
  • PHOENIX's POWER R35
  • GARAGE SAURUS R35
  • GARAGE CHIKARA R35 MY07
  • GARAGE CHIKARA R35 MY11 Track Edition
  • Kuhl Racing R35 Wide Body Ver.1
  • Kuhl Racing R35 Standard Body
  • AIMGAIN GT R35 GT-R
  • CHARGE SPEED R35 GT-R 撃速WIDE BODY
  • VARIS R35 GT-R KAMIKAZE R Super Sonic
  • PRO COMPOSITE R35 GT-R Abflug Spec Ver.2
  • Mine's R35 GT-R MY11
  • CHARGE SPEED R35 BottmLine(前期)
  • CHARGE SPEED R35 撃速
  • PRO COMPOSITE R35 GT-R Abflug Spec Ver.1
  • ROWEN R35 Ebbrezza-R Racing Style
  • ROWEN R35 Ebbrezza-R Neo Premium Racing Style
  • ROWEN R35(後期)
  • WALD R35
  • VeilSide R35 Ver1 Model
  • CARBONDRY R35
  • C-WEST R35
  • Zele Performance R35
  • HASEMI SPORT R35
  • TOP SECRET R35 G-EFFECT Ver2
  • TOP SECRET R35 G-EFFECT
  • VARIS R35 Circuit Ver
  • VARIS R35GT-R '13Ver.
  • VARIS R35GT-R '14Ver.
  • LB★WORKS NISSAN GT-R R35 type 1
  • BenSopra R35
  • R35GT-R 2018 KUHLJAPAN PROJECT R35GODZILLA,THE LINE SHAKER
  • R35 GT-R 2017MODEL KUHLRACING 35R-SS BODY KIT
  • MAGNUM OPUS R35GT-R MY'17
  • Kansai R35 MY17 スーパーストリート
  • LB-WORKS NISSAN GT-R R35 type 2
  • LB-WORKS NISSAN GT-R R35 type 1.5

GT-Rカスタムパーツ

GT-Rのカスタムパーツカタログです。モタガレではGT-R用の気に入ったカスタムパーツをオンラインで購入可能で、ご自身で取付出来ない方にも取付店までサポートしております。

GT-Rニュース・トピックス

GT-Rに関するホットな話題や、カスタム・チューニングに関するTIPS、お悩み解決など、GT-Rの楽しくかっこよくカスタムチューニングするための情報が満載です。

GT-Rブランド

GT-Rのチューニングが得意なメーカー、ブランド、ショップをご紹介しております。