R35型GT-Rを嗜む!オススメの内装カスタムパーツ特集!

R35型GT-Rを嗜む!オススメの内装カスタムパーツ特集!

日本を代表するスポーツカーとして、2007年12月より10年以上販売が続いているR35型日産GT-R。
年次改良を重ね毎年進化するGT-Rはスポーツカーとしてはもちろん、プレミアムカーとしての一面を持ちます。
スーパーカーに相応しいGT-Rだからこそ、インテリアをカスタムして操る楽しみ、乗る楽しみをもっと味わってみませんか?
今回はR35型GT-Rオーナーなら知っておくべき「GT-Rを嗜むために必要なオススメの内装パーツ特集」をご紹介します!

ホールド性と実用性を両立するセミバケットシート!

純正でもホールド性が高いGT-Rですが、やはりアフターパーツのセミバケットシートの方がホールド性が高いです。
利便性も損なわずホールド性を高められるセミバケはコレ!

フルバケットシートはR35を操るための必需品!

R35GT-Rの性能を発揮するのであれば、横Gに耐えられるフルバケットシートが必須!
強烈なGを受け止め、R35を手懐ける!

インパネカスタムでもっとレーシーに!ゴージャスに!

R35のインテリアパネルは樹脂系パーツが多く使われており、箇所によっては少し安っぽさを感じてしまいます。
インパネに貼り付けてカスタムするだけで、内装の雰囲気が一変する!

R35を本気で駆るためのシートベルト・ハーネス!

特集まとめ

今回はR35型GT-Rオーナーなら知っておくべき「GT-Rを嗜むために必要なオススメの内装パーツ特集」をご紹介しました!

スペシャリティーカーとして完成度が高いR35GT-Rなので、インテリアには非の打ち所がないと思われがちですが、もっと楽しく、操る楽しみを追求したいなら内装カスタムは超重要!

純正で本革のセミバケットシートを採用しているR35でも、ホールド性という部分に関してはメーカー純正の域をでず、プレミアムカーとしての快適性を重視しています。
VR38DETTエンジンが発する480〜600馬力のパワーを体験するためには、シートのホールド性を向上させて、ドライバーがパワーやGに耐えられるシートにしなければなりません。

純正よりもホールド性が高いセミバケットシートもオススメですが、やはりGT-Rの性能をしっかりと体感したいのであればフルバケットシートがオススメ。
フルバケットシートというと座面が硬く乗り心地が悪い、と思われがちですが、全体を包み込むようなドライバーの身体にフィットしたシートであれば体重が分散され、長距離ドライブでも疲労軽減に繋がります。

サーキット走行などの強い前後左右Gがかかる場合、フルバケットシートに加えて4点や6点式の追加のシートベルトハーネスがオススメ。
しっかりとドライバーの身体を押さえつけることで、視点が安定し安定した走行を実現します。
サーキットでの安定した走行は、車のチューニングはもちろんですが、ドライバーによる部分も大きいため、ドライビングポジションを含め、シートやステアリング、ハーネスのカスタムは必須と言えます。

またプレミアムな室内空間を実現するのであればフロアマットが大事!
「オシャレは足元から」というファッション用語があるように、インテリアのオシャレも足元から!
R35GT-Rの内装は年式やグレードにより大きく異なりますが、インテリアのカラーリングにマッチしたフロアマットや、オーナー好みのカラーリングにすることで、快適かつオシャレな室内空間を演出できるのです。

スーパースポーツのR35GT-Rだからこそ、内装にもこだわってドライブを楽しみたいですよね!
今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!

関連特集