ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
JJ1/2型N-VANをオシャレに!オススメのカスタムパーツ特集!

JJ1/2型N-VANをオシャレに!オススメのカスタムパーツ特集!

ホンダNシリーズ第5弾として2018年7月にデビューをした軽貨物、JJ1/JJ2型初代N-VAN(エヌバン)。
アクティバンやバモスの実質的な後継車となっており、荷室長は短くなったものの低床化により荷室高は拡大され、ドアインピラー構造により助手席側からの荷物の積み下ろし作業の使い勝手が向上しています。
商用目的のN-VANとレジャーにも使えるN-VAN +STYLEだからこそ、もっとオシャレに便利にカスタムを施して、使い勝手をよくしたいですよね!
今回はJJ1/JJ2型N-VAN(+STYLE含む)オーナー必見の、「N-VANをもっと便利にする、オススメのカスタムパーツ特集」をご紹介します!

N-VANはアゲもサゲも似合う!

仕事からレジャーまで乗る機会が多いN-VANだからこそ、乗り心地を決めるサスペンションカスタムが大事!
N-VANならリフトアップもローダウンも、どっちも似合う!

N-VANにオススメの便利グッズ!

軽バンとして、休日のお出かけの相棒として、N-VANをもっと便利にしてみたいと思いませんか?
N-VANにオススメの便利グッズでドライブがもっと楽しく、ラクになる!

特集まとめ

今回はJJ1/JJ2型N-VAN(+STYLE含む)オーナー必見の、「N-VANをもっと便利にする、オススメのカスタムパーツ特集」をご紹介しました!

アクティバン、バモス、バモスホビオの後継となる軽バンとしてはもちろん、ホンダNシリーズの一翼を担うJJ1/JJ2型N-VAN。
新進気鋭の軽バンとして、他社の既存車種のシェアを奪うほどの人気を誇り、商用目的だけでなく、休日のレジャーをオシャレに楽しみたいユーザーにも人気の1台です。

N-VANを便利にする上でも、オシャレに乗りこなす上でも重要なのがサスペンションカスタム。
流行りはリフトアップで、リフトアップと言うと車高が上がることでフラつきが大きくなるのでは?と思われがちですが、実は真逆で、適切にセッティングされたリフトアップスプリングは程よく硬めのセッティングが施されており、車高が上がってもバネレートも上がっていることで、リフトアップしたことを感じさせないシャープなハンドリングが特徴です。
もちろんローダウン化をする車高調であれば、車高が低くなることでの安定性と、コーナーリング性能が向上します。

N-VANカスタムの中でも外せないのがエアロや外装のカスタムです。
軽バンリフトアップを得意とするForest Auto(フォレストオート)からは、ブルバーやカンガルーバーを彷彿とさせるバンパーガードがリリースされており、よりワイルドな雰囲気のN-VANへと仕上げることができます。
ライト周りはLEDへ交換することで明るさや色を変更することができますが、ライト用のフィルムがあれば貼り付けるだけでカラーチェンジができ、飽きたらすぐに剥がせるので、手軽にドレスアップを楽しめる定番アイテムです。

またハイエースを利用する職人向けにカスタムパーツを開発する職車ドットコムからは、N-VAN用のラゲッジボードが販売されており、ラゲッジをよりフラットな状態で使いたいユーザーにオススメの一品です。

N-VANをカスタムする上で注意したいのが駆動方式の違いです。
N-VANには前輪駆動(FF)のJJ1と、4WDのJJ2があり、リアの足回り方式が異なる関係上、装着できるサスペンションパーツが異なります。
サスペンション系のパーツを購入する際は必ず適合確認を行ってから、パーツを購入するようにしましょう。

普通の軽バンとは違い、ちょっとオシャレなN-VANだからこそ、個性的な1台に仕上げていつものドライブをもっと楽しいものにしたいですよね!
今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!