ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタ86有名ショップデモカーからみるクラッチまとめ6選

トヨタ86有名ショップデモカーからみるクラッチまとめ6選

2012年、トヨタブランドとしては、MR-Sの販売終了から5年振りに新型スポーツカーとして発表されたZN6型 86(ハチロク)。
現在の国産モデルの中で新車を購入できる数少ないFRスポーツクーペであり、チューニングベースとしても優れています。

本記事では、クラッチ交換をお考えの86オーナーの方へ、ショップデモカーに使用されているクラッチを紹介します。

クラッチとは

クラッチとは、エンジンの動力をミッションに繋げる動力伝達装置です。

エンジンが回転して生まれたエネルギーは、一度クラッチを介してミッションに入力されます。

この際に、直接ミッションにつなげてしまうと、タイヤまで全て繋がってしまうため、エンジンにいきなり大きな負荷が掛かり、エンストしてしまいます。

これを調整するのがクラッチであり、半クラと呼ばれる状態をドライバー自身が作り出し、ゆっくりとミッションに動力を繋いでクルマは走り出します。

つまり、「クラッチを繋ぐ」という言葉は「エンジンの動力をミッションへと繋ぐ」ことであり、「クラッチを切る」というのは「エンジンの動力をミッションから切り離す」と言うことになります。

ということはつまり、エンジンの動力をタイヤまで伝える上で、最も重要な部品はクラッチなのです。

クラッチを交換する理由

基本的に純正のクラッチは、純正時の車体のスペックに併せた製品が使用されています。

例えば86&BRZであれば、ノーマルのパワーはおよそ200馬力であり、その出力あわせて設計されているということです。

では、86&BRZをチューニングして500馬力出るモンスターマシンを製作したら、クラッチはどうなるでしょうか?

200馬力程度に併せられたクラッチは、想定以上のエネルギー入力を受けて滑ってしまい、エンジンの動力をミッションに伝えきることが出来ません。

つまり、せっかく引き出したパワーを、余すことなく使いきることが出来なくなってしまいます。

だからこそ、エンジンチューンするなら絶対に手を入れたいクラッチ。

クラッチ版自体も消耗品なので、定期的なメンテナンスも必須です。

さて、ではターボ化やスーパーチャージャー化され、膨大なパワーを手に入れた86&BRZは、どのようなクラッチを装着しているのでしょうか?

次の項目でご紹介いたします。

 

SaRD トヨタ86 GT3

まず、SaRD トヨタ86 GT3をご紹介します!

SPORTS CLUTCH SET

「もしトヨタ86のFIA-GT3車両が製作されたらこうなるのではないか?」というコンセプトを元に製作されたSaRDのトヨタ86には、同社のアフターパーツがぎっしりと装着されています。


出典 : https://www.sard.co.jp/

クラッチは、シングルプレートの強化クラッチと軽量軽量フライホイールのセットである「SPORTS CLUTCH SET」を採用。

装着することで非常に軽快なシフトフィールや、鋭いレスポンスを得ることができます。
エンジンを強化するなら、是非とも装着したいパーツです。

※装着により、異音・ジャダ―の発生や、アイドリングが不安定になったりする場合があります。
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

E.M.Cタイヤプロショップアリーナ

次に、E.M.Cタイヤプロショップアリーナをご紹介します!

EXEDY HYPER SINGLE VF

タイヤプロショップアリーナのトヨタ86は、サーキットタイムアタックからのノウハウをフィードバックして作られた一台。
街乗り仕様を元としながら、足回りや吸排気系のチューニングを行いサーキットでもタイムアタックが楽しめるマシンとなっています。


出典 : http://www.exedy-racing.com/

そんなこちらのマシンに採用されたクラッチはEXEDYのHYPER SINGLE VF。

ストリートから競技ユースまで幅広く支持されてきたHYPWER SINGLEをベースに、ディスクのフェーシング部にオルガニックとメタルを組み合わせた複合構造を採用。

オルガニックフェーシングには、シングルスポーツシリーズで好評のウルトラファイバーを採用することによりストリートの快適性を保ちつつ、ドリフトなどの連続走行にも応えます。

発進性能に優れたオルガニックと、耐熱性に優れたメタルフェーシングの融合が特徴のクラッチです。

ESPLIT トヨタ86

次に、ESPLIT トヨタ86をご紹介します!

ATSカーボンツインプレートクラッチ

タイムアタック車両からのデータをストリートユーザーのマシンへとフィードバックしているESPLITのトヨタ86。

ターボチューンを行いセットアップされたマシンは430PSを叩き出します。

出典 : http://www.a-t-s.co.jp/index.php

筑波サーキット59,7、富士スピードウェイ1:51,8というタイムを見て分かる通り本気のタイムアタックマシンであるこのデモカーに採用されたクラッチは、ATSのカーボンツインプレートクラッチ。

ツインプレートとすることで摩擦面積を増やし、エネルギーの伝達容量を増加します。

TRIAL トヨタ86

次に、TRIAL トヨタ86をご紹介します!

OS GIKEN STREET MASTER

TRIALのトヨタ86はNA2.3リットル仕様のエンジンを搭載。
戸田レーシング製のピストンやコンロッドを組み込み、大幅な排気量アップを実現し、最大出力240PSを発揮します。

出典 : http://www.osgiken.co.jp/

こちらのマシンに採用されたクラッチはOS GIKENのSTREET MASTER。

フローティング・プレッシャー・システムというテクノロジーが採用され、純正クラッチに匹敵する半クラッチ時の扱いやすさを実現し、ソリッドタイプのクラッチ特有のジャダーが極力カットされるようになっています。

強化クラッチの欠点でもある半クラッチ時のストレスが無くなるので、どんなロケーションにおいても扱いやすいということが特徴です。

フライホイールはエンジンとのバランスを考え適度に軽量化され、優れたエンジンレスポンスとシャープな吹け上がりを実現します。
会員登録すれば500ポイント付与

Rastyトヨタ86 GTV turbo & amuseトヨタ86

次に、Rastyトヨタ86 GTV turbo & amuseトヨタ86をご紹介します!

ORC 559ツインメタルクラッチ

ターボチャージャーを装着し500PSを超えるパワーを発揮するRastyのトヨタ86と、ノーマルながらラムエアシステムとチタンマフラーにより気持ちよく回せるエンジンを搭載しているamuseの86。

タイプの違う2台に採用されているのがORCの559ツインメタルクラッチです。

出典 : http://www.ogura-racing.com/

メタルクラッチは、マシンのパワーを確実に伝えエンジンパフォーマンスを最大限に活かすことが出来ます。

マイルドで抜群なペダルフィーリングを生かしつつ、摩擦面積の拡大によりハイパワー車両にも対応。
伝達力、切れ性、半クラッチフィーリングが高次元でバランスされているシリーズです。

ORCのレースシーンで蓄積したノウハウや要素技術が完全にフィードバックされており、このようにタイプの違う2台に採用されていることからも、確かな信頼性が伺えます。

SHELL ENGINEERING トヨタ86

最後に、SHELL ENGINEERING トヨタ86をご紹介します!

HKS LA CLUTCH

コンプリートカー、エンジンを手掛けるブランドのSHELL ENGINEERINGが制作した86はストリート仕様と言いながらも、サーキット走行にも特化した1台となっています。

出典 : http://www.hks-power.co.jp/index.html

エンジンは時速300Km/hオーバーを目指しHKSの2.1ℓキットとトラストT620Zタービンにより約400PSのハイパワーを実現していると言うこちらのマシンには、HKSのLA CLUTCHが採用されています。

抜群の半クラッチ操作と高い伝達性能を両立した、マイルドな特性のシングルクラッチで、日常の街乗りからスポーツ走行まで、行動半径を狭めることなく450PS程度まで対応しています。
 

まとめ

サーキット仕様のマシンから街乗りメインのマシンまで、様々なデモカーに使用されているクラッチを紹介してきましたがいかがでしたか?

クラッチ交換を考えている方は愛車のカスタムの方向性によってアイテムを選んでみてください。

 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!