ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタ86有名ショップデモカーの筑波サーキットタイムまとめ6選

トヨタ86有名ショップデモカーの筑波サーキットタイムまとめ6選

2012年、トヨタブランドとしては、MR-Sの販売終了から5年振りに新型スポーツカーとして発表されたZN6型 86(ハチロク)。
現在の国産モデルの中で新車を購入できる数少ないFRスポーツクーペであり、チューニングベースとしても優れています。

そのため、様々なチューニングショップがカスタムを施したデモカーが存在し、タイムアタックも盛んに行われています。

本記事では、タイムアタックの指標とも言える筑波サーキット(TC2000)でのショップデモカーのタイムを紹介します。

Rasty トヨタ86 GTV turbo ZN6

出典 : http://www.rasty.tv/

トヨタ車のカスタム・チューニングを得意とするRasty。

同社が手掛けたトヨタ86のデモカーは、NAライトチューンから開発が始まり、今ではターボチャージャーを装着し500PSを超えるパワーを発揮するモンスターマシンへと進化を遂げています。

現在はタイムアタック専用車両として活躍しているこのマシン、筑波サーキット(TC2000)では56秒6を記録しています。

ESPLIT トヨタ86

出典 : www.esprit.to/

タイムアタック車両からのデータをストリートユーザーのマシンへとフィードバックしているESPLIT。

同社のトヨタ86は、ターボチューンを行い430PSを叩き出します。

ターボで増したパワーを受け止めるために採用されたHKSのSR20用6速シーケンシャルミッションや、ダウンフォースを稼ぐための空力チューン、軽量化など、一般的には敷居が高く感じられますが、ワイドボディ化していない86としては参考になる部分が多い1台です。

筑波サーキット(TC2000)では59秒7というタイムを記録。
正に本気のタイムアタックマシンに仕上がっています。

Eg magic トヨタ86

出典 : http://www.eg-magic.jp/

Eg magicは、スーパー耐久のST4クラスの浅野レーシングサービスのECUセッティングを行っており、こちらはS耐の練習とセッティングデータ取り用として使用されているマシン。
チューニング内容はほぼS耐マシンと同範囲で行われているそうです。

エンジンは基本ノーマルで、各部のバランス取りを行いフリクションの低減やレスポンスの向上をしています。
また、オリジナルエアクリーナーボックスやワンオフのエキゾーストシステムが搭載されまさにレーシングカーのような仕上がりとなっています。

徹底的に行われた軽量化により1028kgという車重を実現した、レーシングカーのノウハウをいかんなく盛り込んだこのマシンは、筑波サーキット(TC2000)で1分2秒166というタイムを叩き出しました。(2015)
会員登録すれば500ポイント付与

Ti RACINGトヨタ86

出典 : http://www.tiracing.com/

エンジン周りは吸排気系のみのチューンながら、カーボンドアやカーボンボンネット等による徹底的な軽量化、そして足回りのセットアップにより、パワーに頼らずともタイムが出せる仕様であるTi RACINGのトヨタ86。

車重1093kg、ファイナルギア4.5、拘りのアライメントと足回りのセットアップにより、気持ちよく走れてタイムも速いストイックなマシンとなっており、筑波サーキット(TC2000)では1分3秒台を叩き出します。

TWO SYSTEM トヨタ86

出典 : http://www.twosystem.com/index.htm

ノーマルのオートマチックミッション(AT)でハイパワーを実現しているTWO SYSTEMのトヨタ86。
AT車でのタイムアタックも行っており、街乗りからサーキットまで快適さとスポーツ走行での速さを両立しています。

HKSの2.1ℓキットとGTS7040Lスーパーチャージャーを装着し、約350PSのパワーを発揮。
オリジナルのフロアパネルやサードのGTウイング、リヤデフューザーなど空力特性を上げ、足回りやブレーキ類もトータルバランスを意識したパーツをチョイスし、完成度の高いマシンであるこのデモカーは筑波サーキット(TC2000)で1分3秒667というタイムを記録しています。

E.M.Cタイヤプロショップアリーナ トヨタ86

出典 : http://arena-by-emc.com/

E.M.Cタイヤプロショップアリーナが手掛けたトヨタ86は、街乗り仕様を元としながら、足回りや吸排気系のチューニングを行いサーキットでもタイムアタックが楽しめるマシンとなっています。

オリジナルのエアクリーナーボックス、フロントに設けられた導風板からフレッシュエアを吸気、オリジナルのスロットルバルブやHKSフラッシュエディターによるセッティングなどにより、約230PSを発揮。

そして、足回りにはGPスポーツ製アーム、トーコントロールロッド、トラクションロッドを装着し、86の弱点とも言われるトラクション不足を補うようにセッティング。

弱点を補いながらパワーアップされたこちらのデモカーは、筑波サーキットを1分5秒810を記録。

吸排気系と足回りのセッティングだけでも十分にタイムが出ることを証明してくれている1台です。
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

トヨタ86有名ショップデモカーにおける、筑波サーキット(TC2000)のタイムをまとめてきましたがいかがでしたか?

速さの指標と言える筑波のタイムを参考に、ご自身の愛車のカスタムの方向性を決めるのも大いにアリだと思います。

気になったマシンがありましたら、是非ショップさんに問い合わせてみてください。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!