ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
いまが買い時!スイフトの歴史から、いまアツいデモカーまでスイフトスポーツカスタム5選!

いまが買い時!スイフトの歴史から、いまアツいデモカーまでスイフトスポーツカスタム5選!

スイフトはスズキ自動車より2003年に発売されて以降、日本はもちろんインドやヨーロッパで支持を集め、累計販売台数500万台を記録しています。スイフトスポーツはJWRC(世界ジュニアラリー選手権)で活躍し、代名詞とも言えるチャンピオンイエローの黄色いボディは人気を博しています。

出典:http://www.globalsuzuki.com/

今回はそんなスイフトスポーツのカスタマイズやチューニングについて、メーカーやショップのデモカーを主体にご紹介します。
 

スイフトスポーツとは

まずはスイフトスポーツについてご紹介します。
 

HT81S(2003~2005年)

10552013_200404s
出典:http://www.suzuki.co.jp/

エンジン:M15A(1490cc) 115ps(85kW)/14.6kgm(143Nm)

トランスミッション:5MT

車両重量:930kg

駆動方式:FF(フロントエンジン・フロントドライブ)

ドア枚数:3枚

軽自動車のkei WORKSがベースとなっており、それに1.5リッターエンジンとオーバーフェンダーを装備した、まさにメーカーチューニングカーとも言えるのがHT81S型スイフトスポーツです。

JWRCでも活躍し、コアなファンやその魅力にとり憑かれたユーザーは多いです!!
 

会員登録すれば500ポイント付与

ZC31S(2005~2011年)


出典:http://www.suzuki.co.jp/

エンジン:M16A(1586cc) 125ps(92kW)/15.1kgm(148Nm)

トランスミッション:5MT/4AT

車両重量:1060kg/1070kg

駆動方式:FF(フロントエンジン・フロントドライブ)

ドア枚数:5枚(海外モデルZA31Sは3枚)

「スイフトスポーツ!!」と言うとこのZC31S型を想像される方がほとんどだと思います。

重量増はあるものの先代HT81S型から大幅に刷新され、それでいながら新車価格150万円台という低価格を実現し、数少ないホットハッチとして多くのユーザーに親しまれています。
 

ZC32S(2011~2016年現在)


出典:http://www.suzuki.co.jp/

エンジン:M16A(1586cc) 136ps(100kW)/16.3kgm(160Nm)

トランスミッション:6MT/CVT

車両重量:1050kg/1060kg

駆動方式:FF(フロントエンジン・フロントドライブ)

ドア枚数:5枚(海外モデルZA32Sは3枚)

先代の人気もあり、基本的なパッケージはそのままに、より高性能化されたのがZC32S型スイフトスポーツです。

尚、従来型までは「スイフト」という車名の「スポーツ」というグレードでしたが、ZC32S型より「スイフトスポーツ」という車名に替わってたことご存知でしたか??
 

メーカー&ショップ及びデモカー

スイフトスポーツユーザーは弄って乗る人が多く、チューニングパーツメーカーやショップから様々なパーツが市販されています。

そのチューニングのお手本ともなる、メーカーやショップのデモカーの紹介と特色を紹介します!!
 

会員登録すれば500ポイント付与

MonsterSport

出典:http://monster-sport.com/

静岡磐田店を本店とし、東名横浜店、江戸川店、函館店、福岡店を構えるMonsterSport。

SUZUKI SPORTを引き継ぎMonsterブランドとして、スイフトを始め、スズキ車を中心にモータースポーツに関わる各メーカーのチューニングパーツを展開しています

言うなれば日産のNismo、Hondaの無限と同じ位置にあるのがMonsterSportです。

写真のデモカーは、社長でありパイクスピークヒルクライムの伝説的ドライバーでもあるモンスター田嶋氏の号令のもと、「凄いスイフトを作るぞ!!」というコンセプトで製作されたスーパースイフトです。

通常、リヤの足回り方式はトーションビーム式の所謂コンパクトカーとしては当たり前の方式をとっているスイスポを、フロントと同様のストラット式に変更され、その中央には後輪用のLSD(リミテッドスリップデフ)が鎮座し、ラリー屋のモンスターらしく当たり前のように4WD化されています。

エンジンはストックの1.6リッターM16Aエンジンを1.9リッター化、それをモンスターオリジナルタービンで過給し、最高出力は現役WRCマシン顔負けの421馬力を発揮する、文字通り「凄いスイフト」となっております。
目玉商品は1.9リッターのコンプリートエンジンやスーパーチャージャーキット、JWRC直系とも言えるエアロパーツの数々です。

また、メーカー直系チューニングパーツブランドという「安心感」も売りの一つですね!!

コンプリートカー販売も積極的に行っており、新車時点で既に速い仕様のスイスポを購入できるので、他のユーザーと被りにくいのも利点です。

主催の走行会を年に数回、富士スピードウェイショートコースやヒーローしのいサーキットにて行っています。

コンプリートカー

スイフトスポーツZC32S エアロコンプリートバージョン ¥2,203,250~(税抜)

スイフトスポーツZC32S ベーシックコンプリートカーバージョン ¥1,940,000~(税抜)

スイフトスポーツZC32S コンプリートカーVer.1~5 ¥1,774,286~¥2,656,190(税抜)

Motorz的イチオシ商品

ZC31S用 1.9リッターコンプリートエンジン ¥780,000~(税抜)

ZC31S用 スーパーチャージャーキット ¥410,000(税抜)

Monster Sport HP → http://monster-sport.com/
 

R's ZC32S


出典:http://www.rsrs.jp/

静岡県浜松市に店舗を構え、社長が「スイフトの神様」とも言われ信頼がおかれているR's。

スイフトを中心に、アルトワークスや三菱コルトラリーアートVersionR、最近ではルノーメガーヌ3RSを手掛けています。

デモカーは元々スーパーチャージャーを積んでいましたが、現在はNAエンジン仕様となっています。

タイヤサイズは前後215/40R17とユーザーが真似をし易い仕様となっており、ユーザーの指標にもなっています。

「痒いところに手が届くパーツ」というのが第一印象で、スーパーチャージャーキットやエアロパーツをはじめ、ほかのメーカーやショップにはないチューニングパーツを展開しています。

オリジナルダンパーキットはその吸いつきの良さや粘りの良さから「納豆ダンパー」とも呼ばれ、多くのユーザーの支持を集めています。

店頭販売はもちろんですが、ほぼ毎週全国のオートバックスで行われているイベントでも販売していますので、お近くのオートバックスに来た時がパーツ購入のチャンスかもしれません。

Motorz的イチオシ商品

RRPスーパーロムECU ZC32S用 ¥99,360(税込)

RRPスーパーチャージャーキット ZC31S用 ¥513,000(税込)

RRPレーシングファイナルギヤ ZC31S用4.6 ¥68,040(税込)

RRPレーシングファイナルギヤ ZC32S用4.3 ¥108,000(税込)

RRP ZC32Sパフォーマンスエアロシステム ¥270,000(税込)

RRPハイパフォーマンスダンパー(納豆ダンバー) ¥194,400(税込)

R's HP → http://www.rsrs.jp/

TM-SQUARE(ミノルインターナショナル)

出典:http://twincircuit.co.jp/swift/swift2014.html

東京都町田市に物流倉庫兼本社を構え、社長は元トヨタ系レーシングドライバーの田中ミノル氏であるTM-SQUARE。

全国の販売店や代理店で商品の購入ができ、また完全予約制の「匠工房」にて販売及び作業を同物流倉庫で行っています。

TM-SQUARE自体はミノルインターナショナルの中の1つのブランドであり、他には冷却系のBILLION、ブレーキ系のZONE、鍛造ホイールのCLEARWAYSそしてサスペンションのHYPERCOの日本代理店の顔も持っています。

デモカーは現在3台あり、1台目の2号機と呼ばれるZC31SはTM-SQUAREで販売されているパーツのみで構成された、いわばユーザーが真似できる究極の使用であり、全国各地のサーキットに出向き「道場破り」と称して、ユーザーの基準となるタイムを刻んでいます。

2台目4号機と呼ばれるZC32Sは、筑波タイムアタックのスペシャルマシンとなっており、1.6リッターNA仕様ながら200馬力オーバーの出力を発揮し、ラジアルタイヤのTC2000で1分3秒台を記録しています。

これって日産フェアレディZ33やZ34、マツダRX-8等のチューンドカーと同等のタイムって皆さん知ってましたか??

3台目の5号機と呼ばれるZC32Sは、純正のオープンデフ仕様で街乗りユーザーが真似しやすい仕様となっており、オープンデフでのサーキットの基準タイムを刻んでいます。

社長の完全「趣味」とも言えるようなマニアックなパーツは、独自のレーシングネットワークにより製品化され、そのクオリティの高さから多くのユーザーの支持を集めています。

エアロパーツを始め、オリジナルダンパーキット、鍛造ホイール、デュアルコアLSD等、街乗りの快適さを損なわずに速さに直結したパーツラインナップが豊富です。

主催のサーキットレッスンを年に2回行っており、ドラテクマニア田中ミノル直伝のレッスンを受けることができますし、サーキット初心者専用のレッスン枠もあり、安心してサーキットデビューできることから毎回盛況を見せています。

そして、スーパーラップ形式のタイムアタックにてスイフト乗り日本一を決める、第6回スイフトマイスター決定戦が2016年12月17日(土)に富士スピードウェイショートコースにて開催されます。

スイフト乗りであればどなたでも参加できるので、腕に自信のある方は是非参加してみて下さい!!

Motorz的イチオシ商品

ZC31S エアロ3点セット ¥407,000(税込)

ZC32S エアロ3点セット ¥447,000(税込)

TM-SQUAREダンパーキット ¥335,000(税込)

CLEAR WAYS TT-10F 16インチ(1本) ¥70,000(税抜)

TM-SQUAREデュアルコアLSD ¥178,000(税込)

ZC32SサイレンサーbySACLAM ¥180,000(税込)

トーションビーム&スタビライザー ¥150,000(税込)

TM-SQUARE HP → http://www.tm-square.com/

会員登録すれば500ポイント付与

TRUST


出典:https://trust-power.com/event/swispo_web/index.html

本社は千葉県山武群芝山町に位置し、大阪営業所、仙台札幌営業所の国内拠点を持つTRUST。

パワー系チューニングの老舗としても知られ、TD07タービンやT78タービン等は多くのユーザーに選ばれ、D1GPでは川畑真人選手が乗る1000馬力を誇る日産R35GT-RのタービンもTRUST製で支えられています。

スイフトのチューニングも例外ではなく、小型のTD04Hタービンを使用したボルトオンターボキットを売りにしており、ストリート系ユーザーの支持を集めています。

デモカーは3台存在し、ZC31Sはナンバー付きながらも自社製タービンで武装し300馬力オーバーの出力を記録しています。筑波タイムアタックではラジアルタイヤで1分3秒台とかなりの速さを見せつけています。

ハロゲンヘッドライトのZC32Sも自社製ボルトオンターボキットを装着し約200馬力のパワーを得ています。TC2000を1分5秒台で周回するなど、NAエンジンのスイフトよりスパイスの効いた走りが持ち味です。

ディスチャージヘッドライトのZC32SはNAのノーマルエンジン仕様で、こちらはイベント関係の同乗試乗などでユーザーが真似できるデモカーとして活躍しています。

メーカーということもあり販売店や代理店が多く存在し、全国どこでもTRUST製品を購入することができます。

本社が千葉県と言うことと、走り系のスイフトユーザーが集中していることから、スーパーオートバックス柏沼南(かしわしょうなん)店でスイフト用のTRUST製品が多く店頭販売されています。

タービンキット以外では、エアロパーツやインテークキットなどリーズナブルなラインナップが豊富で、インフォメーションタッチと呼ばれるOBDⅡ(自己診断機能)のデータリンクコネクターを使用したマルチモニターは人気を博しています。

Motorz的イチオシ商品

GReddyボルトオンターボキットZC31S ¥380,000~(税抜)

GReddyボルトオンターボキットZC32S ¥498,000~(税抜)

TRUSTインテリジェントインフォメータータッチ ¥39,800(税抜)

GReddyエアロキットフロントスカートZC32S ¥24,000(税抜)

GReddyエアロキットリヤウイングスポイラーZC32S ¥58,000(税抜)

TRUST HP → http://trust-power.com/

D language

出典:http://dlanguage-z.com/

東京都足立区に秘密基地Zという店舗兼ガレージを構え、元全日本ラリーメカニックなどを経験したレーシーなスタッフが多く、また菊池靖選手や井尻薫選手等の現役レーシングドライバーが常駐してるD languae。

社長は「余興」と言い張るものの、筑波サーキットTC2000で57秒台を叩き出すZC31Sスイスポの製作や、54秒台のSUBARU GRBインプレッサの製作など数多くのタイムアタックマシンを手掛けています。

スイフトのデモカーは2台あり、ZC31Sは前述の通り筑波タイムアタックのスペシャルマシンとなっており、年々進化を遂げ今も尚次の領域に向かっている最中です。

もう1台のZC32Sは基本的に市販パーツのみで構成されており、ユーザーが真似できる仕様かつ街乗りを犠牲しないことをコンセプトに、どこまでサーキットでタイムを刻めるか、ということを実践しています。TC2000で1分6秒台で周回するというポテンシャルからその速さの片鱗が垣間見えますね!!

この数々のデモカーも指標となり、ユーザーのお手本となるようなナンバー付きチューニングカーも得意としており、数字に裏付けられた多くのユーザーが虜になっています。

自社製品は少ないものの、メカニックのノウハウとユーザーの用途に合ったパーツ選択を二人三脚で考えて頂け、取り付けまで行ってくれます。

「走郎」という走行会を定期的に行っており、メカニックの常駐やジャンケン大会などのサービス面の良さから、いつも満員御礼になるほど人気があります。

初心者向けの走行枠もありますので、サーキットデビューしたい方にはもってこいの走行会と言えます!!。

Motorz的イチオシ商品

ZC31S SpecS サスペンションキット ¥298,000

ZC32S SpecS サスペンションキット ¥318,000

D language HP → http://dlanguage-z.com/

まとめ

いかがだったでしょうか??

数多くあるスイフトのショップやメーカーから5社を選ばせて頂き紹介いたしました。

ご自身のスイフトスポーツのチューニングやこれからスイフトスポーツを購入して弄りたいという方々のご参考になって頂ければ嬉しいです!!

筆者自身、幾つかお世話になっているパーツがあるので、こう言った記事を任せて頂けて光栄です!!

楽しいスイフトライフを送りましょう!!

会員登録すれば500ポイント付与
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!