ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
レクサス純正ナビを走行中でも操作できる!!テレビキットって何?

レクサス純正ナビを走行中でも操作できる!!テレビキットって何?

新車を購入するときに純正カーナビゲーションを選択すると、走行中にテレビが見れない、ナビの操作ができないといった悩みがあります。

特に高級車を謳うLEXUSブランドでは純正カーナビの方がインテリアにマッチし、操作もタッチパッド式のリモートタッチにより直感的にナビ操作を行えます。
そんな利点を活かせる純正カーナビを、社外カーナビのように走行中に動画を見たり操作することはできないのでしょうか?

それを解決するパーツがデータシステムのテレビキットです。

純正カーナビでは走行中にナビ操作ができない!

出典:https://lexus.jp/

純正カーナビ唯一のデメリットと言えるのが、「走行中にテレビ(動画)を見られない」「走行中にナビ操作ができない」といった事象です。

道路交通法上、ドライバーが運転中にカーナビ画面を注視することは違反とされています。その概念から純正カーナビは走行中の操作制限があらかじめされているのです。

しかし、走行中に操作すること、動画やテレビ鑑賞することはカーナビを注視しなければ問題ありませんが、同乗者を楽しませたり操作して貰うことを念頭におくと、走行中にカーナビの操作を行えないことは煩わしいのです。

快適なドライブを、より楽しいものにすることはできないのでしょうか?

そこで登場するのが、走行中でもカーナビ操作や動画鑑賞を可能にするテレビキット(コントロールユニット)です。

DataSystemブランドページを見る
 

データシステム「TV-KIT」

レクサスLS/LC/NX対応

出典:https://lexus.jp/


純正ナビの魅力と言えば、インテリアに溶け込むデザインと、車種専用設計による操作性の良さです。

これに加え、走行中にテレビを見られる機能を持たせられるコントロールユニットを接続することで、より一層純正カーナビのユーザビリティを向上させることができます。

また、切替スイッチで走行中のナビ操作のON/OFFを切り替えることが可能です。これにより、切替スイッチの配置によりナビ操作が可能になり利便性が向上します。

またこのテレビキットには様々なモデルがあり、ユーザーの使用用途によってお好きなコントロールユニットを選ぶことができます。
 
●テレビキット:切替スイッチ操作により、走行中にテレビ(動画)が見られる → TTV411
●テレビキット(オート) :スイッチ操作無しで、走行中にテレビ(動画)が見られる → TTA611
●テレビキット(スマート) :ステアリング備え付けのスイッチ操作により、走行中にテレビ(動画)が見られる → TTV411S

 

TV-KIT製品価格

出典:https://lexus.jp/

LEXUS LS500h(GVF50/55)用テレビキット

◆価格
TV-KIT TTV411:28,800円(税抜)
TV-KIT(オート) TTA611:28,800円(税抜)
TV-KIT(スマート) TTV411S:28,800円(税抜)
 


出典:https://lexus.jp/

LEXUS LC500(URZ100)/LC500h(GWZ100)用テレビキット

◆価格
TV-KIT TTV411:28,800円(税抜)
TV-KIT(オート) TTA611:28,800円(税抜)
TV-KIT(スマート) TTV411S:28,800円(税抜)
 



出典:https://lexus.jp/

LEXUS NX300(AGZ10/15)/NX300h(AYZ10/15)用テレビキット

◆価格
TV-KIT TTV411:28,800円(税抜)
TV-KIT(オート) TTA611:28,800円(税抜)
TV-KIT(スマート) TTV411S:28,800円(税抜)
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

レクサスLS/LC/NXナビ用のデータシステムTV-KITいかがでしたか?

高級車となると、カーナビデザインも含めたダッシュボード、インテリアデザインとなり社外カーナビを選ぶことが難しいです。

しかし、テレビキットを装着することで純正カーナビでも社外カーナビのように、走行中のDVD鑑賞やナビ操作を行うことができ煩わしさを解消できます。

ドライバーはもちろんですが、より快適なドライブを同乗者に提供できる便利アイテムであることは間違い無いので、是非検討してみて下さい!
 

あわせて読みたい

データシステムに関する他のカスタムパーツ情報を見る
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!