ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
S2000有名ショップデモカーからみるサスペンションまとめ(サーキット編)

S2000有名ショップデモカーからみるサスペンションまとめ(サーキット編)

Hondaが誇るFRオープンスポーツカーS2000。

希少なHonda FR車として国内外問わず人気を博しており、中古車にはプレミア的な価格がついています。

そんなS2000用に販売されているサスペンションキットは様々あり、中には100万円を超える高性能車高調があったりと多岐に渡ります。

いったいどんなものがあるのでしょうか?

サスペンションとは

サスペンションとは、走行中に路面の凹凸などから伝わる衝撃をやわらげたり、タイヤをしっかりと地面に押し付ける働きをすることで、車体を安定させる働きを持っています。

実際には非常に多くの役割を担っていますが、まずは上記を念頭に置いておくと、動作が理解しやすくなります。

 

サスペンションを交換する理由

まず、サスペンションを交換する理由をご紹介します!

メリット

今回ご紹介する、サーキット走行を中心とした車において、サスペンションを変える理由は、大きく分けて3つ。

・クルマを動かさない(ロールさせない)ようにする。
・タイヤをしっかりと地面に押し付けるようにする。
・車高を下げる。

純正のサスペンションは、街乗りで遭遇する段差や路面の歪みなど、ありとあらゆる環境で乗り心地が良いようにセッティングされているため、柔らかめのものが多いです。

しかし、これがサーキット等の高速域では仇となります。

例えば、コーナリング時等は速度が高ければ高いほど、クルマに掛かるGは大きくなり、車体を大きく傾けます(ロールさせます)。
なんとかコーナ―を抜けたタイミングでは、縮んでいたサスペンションが一気に戻るため、クルマを大きく揺らしてしまいます。
この揺れ幅は、車高が高ければ高いほど大きくなります。
また、荷重がかかっていないほうのタイヤは、しっかりと地面に押し付けきれず、タイヤ本来の性能を発揮できない場合もあります。

これらを解消するために、ダンパーやスプリングを硬いものに変え、Gが掛かっても大きく車体をロールさせないようにします。
硬いものにするということは、それだけタイヤを地面方向へ押し付ける力も強くなり、コーナリング中に車体がロールしても、しっかりとした面圧を確保。
そして、車高を落とすことで、車全体の重心を下げ、車体を安定させるのです。
 

デメリット

サスペンション自体が、路面からくる衝撃を、柔らかいスプリングやダンパーで吸収するという仕事を持っている以上、ばねやダンパーを硬くすれば衝撃は強くなります。

ということは、当然街乗り時の乗り心地は悪くなります。

また、ちょっとしたギャップでも、クルマが跳ねてしまうようになるので、高速道路の継ぎ目や、駐車場の段差なども非常に危険な存在へと変わります。

そのため、街乗りもサーキット走行も兼ねたクルマを作るのであれば、極端なセッティングではなく、両者をある程度補うラインにセッティングするのも、ひとつの手段かもしれません。


さて簡単にサスペンションの仕事をみた上で、サーキットを中心に考えてカスタム・チューニングされているホンダS2000はどんなサスペンションをつけているのでしょうか?

今回は5台分、チェックしていきます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

TRACY SPORTS S2000

次に、TRACY SPORTS S2000をご紹介します!

TRACY SPORTS SPORTS SUSPENSION KIT


TRACY SPORTS SPORTS SUSPENTION KIT出典:http://www.tracysports.net/

まず最初にご紹介するのは、トレイシースポーツのS2000に装着されているサスペンションキットです。

全長調整式でセッティングは、もちろんのこと、アルミ製で軽量化に貢献。 もちろん剛性も十分計算されています。

アッパーマウントは、前後ともに、アルミマウントで強度計算上での 強化ピロボールを採用。 単筒ガス式を採用しDLC加工が施されているので、他社にはない 低フリクションのダンパーに仕上がっています。

32段階調整の減衰力は待ち乗りワインディングはもとより、サーキットでの タイムアタックまで対応しています。

スプリングにはKYBのCompetition Spring が付随し、しなやかな乗り味にくわえ、 リニアな特性も兼ね備えます。

 

無限 S2000

次に、無限 S2000をご紹介します!

MUGEN PRO SPEC SUSPENSION

PRO SPEC SUSPENSION出典:http://www.mugen-power.com/

Pro Spec.Suspensionはサーキット走行におけるパフォーマンスに主眼を置きながらも、ストリートでの乗り心地の確保も実現した減衰32段階調整機能付きの車高調整式サスペンション。

フロント・リア共にシングルチューブφ46の大径ピストンを採用し、超低速域から減衰が立ち上がる特性とすることで操舵時のレスポンスを飛躍的に高め、高いスタビリティを確保しています。

また、超低速域での減衰の立ち上がりが極めてスムーズになるよう優れたフリクションコントロールを有した専用ダンパーオイルを採用。 これにより小さな舵角域のステアフィール向上や、高速道路などのギャップ通過時における上質なフィーリングを実現しています。

リアダンパーには別体式リザーバータンクを設けることで、熱に過酷なスポーツ走行時にも安定した減衰性能を発揮します。

車高は0~-40mm、減衰力は32段階の調整式。 保安基準適合品。
 

KURUMADOH CUSTOM FACTORY S2000

次に、KURUMADOH CUSTOM FACTORY S2000をご紹介します!

S2000専用クルマドーカスタムファクトリーオリジナル車高調

S2000専用クルマドーカスタムファクトリーオリジナル車高調出典:http://www.kurumadoh-custom.com/

エンドレスジールファンクションをベースにストリートからサーキットまで対応可能な車高調です。 乗り心地と運動性能を兼ね備えたセッティングとなっています。

30段減衰力調整で、リアはヘルパースプリングを装着し、リバウンドストロークを確保しています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

M&M HONDA S2000

次に、M&M HONDA S2000をご紹介します!

M&M HONDA Racing Damper SpecialSet


Racing Damper SpecialSet(ピロアッパー、F:20kgf/mm,R:20kgf/mm、オーダー可)出典:http://www.mandm-honda.com/

オリジナルのM&Mレーシングダンパーのスペシャルモデルです。 スポーツ走行からストリート走行まで幅広く対応しています。

S2000にて究極の足回りを求めているユーザー様対象に開発。 とにかく足回りに拘りを持ったユーザー様に納得頂ける商品で、サーキット走行を目的にS2000をご購入されて方にはお勧めのダンパーKITです。

サーキット走行や足回りに不満をお持ちのユーザー様にお勧めの足回りチューニングパーツで、サーキットのタイム更新にも十分性能を発揮します。

M&M HONDAベースセッティングのダンパーに、スプリングはF20Kg R20Kg、ピロアッパーマウントをセットしての販売。 使用条件によりスペシャルオーダーは自由。 別タンクの取り付けも可能。
 

ASM S2000

次に、ASM S2000をご紹介します!

ASM ZFダンパーキット 3WAY

出典:http://autobacs-asm.com/

ZF社製ダンパーをベースに最新のレーステクノロジーを導入して、サーキットでの性能とストリートでの快適性を高いレベルで両立させています。

一般的な調整式ダンパーはニードルバルブ方式の為、 調整がRebound(伸び)側、Bump(縮み)側ともに変更されてしまいます。SACHSは独自のバルブ方式で、 Rebound側が完全に独立した調整が可能になっています。

3WAYは2WAYに加えてBump(縮み)側をHi/Lowの領域ごとに減衰調整が可能です。サーキットだけではなく乗り心地とスポーツ性能を両立したいストリートで力を発揮します。

HYPERCOスプリング700ポンド(12.5kg/mm)付属。フロントダンパーにリバウンドスプリングを内臓。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

S2000のハンドリングに応えられるよう作られたサスペンションキットの数々は、値段相応の価値を生み出しているものばかりです。

吊るしのまま使用するのも1つの手ですが、自分好みの車高調カスタマイズをして走りを追求してみてください。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!