性能アップとドレスアップ!?レヴォーグにつけたいラジエータキャップ特集

性能アップとドレスアップ!?レヴォーグにつけたいラジエータキャップ特集

2014年から販売を開始しているSUBARUのステーションワゴン、レヴォーグ。

4代目インプレッサをベースに作られたレヴォーグの走りはとてもスポーティで、ツーリングカー選手権などで活躍しています。

普段使いにも最適な車で、街中で見かけることも多くなりました。

今回はそんなレヴォーグにおすすめのラジエターキャップを紹介していきます。

ZERO SPORTS ラジエーターキャップ

まず、ZERO SPORTS ラジエーターキャップをご紹介します!

ZERO/SPORT レヴォーグ

レヴォーグ 冷却系 ラジエター ラジエターキャップ ZERO SPORTS ラジエーターキャップ出典:http://www.zerosports.co.jp/

ラジエータ冷却水路内 の圧力を適正に調整し、冷却水の沸点を引き上げます。

また、冷却水を沸騰しにくくし、高温時に気泡の発生を防ぐことで冷却効率のアップにつながります。

本体のデザインはラベル面にエッチング加工とスピン加工が施されており、エンジンルーム内のドレスアップにも最適です。

◆価格
3,000円
 
 

ラジエーターキャップ | Garage
 
 

ZERO/SPORT レヴォーグ | Garage

 

クスコ ハイプレッシャーラジエーターキャップ

最後に、クスコ ハイプレッシャーラジエーターキャップをご紹介します!

CUSCO レヴォーグ

レヴォーグ 冷却系 ラジエター ラジエターキャップ クスコ ハイプレッシャーラジエーターキャップhttps://www.cusco.co.jp/

冷却水の沸点を上げて冷却効率をアップし、オーバーヒートを防止します。

また、冷却水が沸騰しにくくなりエンジンブロック内およびラジエターコア内に気泡ができず、放熱効果を向上させます。

冷却水の沸騰による気泡の発生を防止する強化主圧力弁スプリングを採用しています。

◆価格
2,500円
 
 

ハイプレッシャーラジエーターキャップ | Garage
 
 

CUSCO レヴォーグ | Garage

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ラジエターキャップの交換は、サーキット走行などのハードな走行をするユーザーにおすすめです。

今回紹介したような高圧のラジエターキャップに交換する際は、ラジエターホースやヒーターホースが劣化および損傷していないか必ず確認するようにしましょう。

レヴォーグをチューニングしていく際はぜひ参考にしてみてください。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!