ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
WRX有名ショップデモカーからみるサスペンションまとめ5選(サーキット編)

WRX有名ショップデモカーからみるサスペンションまとめ5選(サーキット編)

スポーツAWDセダンとして国内外問わず人気を誇るSUBARU WRX。ストリートでの快適性や走破性はもちろんですが、ラリーやサーキットなどのコンペティションであったりレースでも活躍しています。

そんなVA型WRXのサーキット向け、コンペティション向けのサスペンションキットはどのようなものがあるのでしょうか。

サスペンションを交換する理由(サーキット編)

サーキットを走る上で、サスペンションを交換する理由は、大きく分けると「車高を下げたい」「クルマの姿勢を安定させたい」「タイヤをしっかりと使いたい」という3つに分かれます。


例えば、ノーマルのように車高が高いと、それだけ重心が高いということになり、高いGが掛かった場合に車体のバランスが崩れやすくなります。

同じように、サスペンションも比較的軟らかいため車体を大きく傾ける(ロールさせる)ことになり、イン側のタイヤがしっかりと設置しにくい状況が生まれてしまいます。

それを防ぐために、社外品の車高調を装備して車高を下げて低重心化。
スプリングやダンパーを硬くしなやかにすることで、強いGが掛かっても車体を安定させ、しっかりとタイヤを地面に接地させて走ることが可能になります。


さて、簡単にサスペンションについて振り返ったところで、今回はタイムアタックなどでもよく見かけるスバルWRXSTIのデモカーが装着しているサスペンションをご紹介します。

パワーは300馬力、車重はおよそ1.5tの4ドア4WDスポーツカーに装着するには、どんなものを選ぶのが最適なのでしょうか?

ZERO SPORTS WRX STI

まず、ZERO SPORTS WRX STIをご紹介します!

TPS Design TPSサスペンションキット

TPS サスペンションキット出典:http://www.zerosports.co.jp/

ステアリングレスポンスを追及しピロアッパーマウントとしステアリング操作に対してリニアな操作特性を実現したサスペンションです。

サーキット走行に最適化しステアリング応答性にこだわり各部を設計されています。

フロントのストラット式サスペンションに対して、単筒・倒立式ショックを採用することで横からの強い入力に対しても高い剛性を持たせハードな走行にも耐えられます。

8段階の減衰力調整機構。
 

Dlanguage VAB

次に、Dlanguage VABをご紹介します!

OHLINS DFVベース Dlanguage オリジナルスペック

車高調 オリジナル出典:http://ohlins.czj.jp/

シンメトリカルAWDの運動性能と世界を制したハンドリングをオーリンズDFVがさらにレベルアップ。

「走りの悦び」を追求したのにもかかわらず、「高い快適性・実用性」を併せ持っています。

そんなオーリンズDFVに、D-Languageが手を加えたモデルで、アーム類、ブッシュ類含めトータルでパワーに合わせて足回りを煮詰めています。

スプリングはアイバッハ製で前後14.3kg/mm。
 
会員登録すれば500ポイント付与

YR-ADVANCE WRX STI

次に、YR-ADVANCE WRX STIをご紹介します!

YR-SS Edition 車高調キット

YR-SS - Edition 車高調キット出典:http://www.yr-advance.com/

前後ともに15段調整機構を持つ全長調整式車高調。 フロントは倒立式となっています。

フロントアッパーマウントはキャンバー調整も可能なピロジョイントで、そのフロントには調整式リンクも付属。

標準のバネレートはF 10kg/mm , R 8kg/mmで、購入時に+-1kg/mmの変更が可能なので、サーキット走行をメインで考えている方はバネレートを上げるのがオススメです。

リアは正立式で、ピロアッパーかリジットか選択できます。
 

 

PROVA WRX S4

次に、PROVA WRX S4をご紹介します!

OHLINS DFV PROVAオリジナルスペック

DFVオリジナルセッティング出典:http://www.prova.co.jp/

専用開発されたOHLINS DFVをベースに、DFをリセッティング。 HYPERCOスプリングを組合わせた、スポーツサスペンションキットです。

独立した2つのフローティングバルブを用い、きめ細かなセッティングを可能としたOHLINS DFVをベースに減衰力をリセッティング。

高速作動域までよどみない減衰特性を可能としスポーツ走行を想定しレスポンスに優れた減衰力にセットアップしています。 シャープかつ優れた接地性、高速域での圧倒的なスタビリティを高めています。

全長調整式・減衰力26段階調整、キャンバー調整式ピロボールマウントを採用したスプリング付き、スポーツサスペンションキットです。
 

LAILE WRX STI(VAB),ALEX WRX STI(VAB)

最後に、LAILE WRX STI(VAB),ALEX WRX STI(VAB)をご紹介します!

KYB リアルスポーツダンパー SPEC TR

リアルスポーツダンパーTR出典:http://www.kybclub.com/

ラリーやジムカーナなどのターマック(舗装)路面を想定して製作されたKYBのリアルスポーツダンパーSPEC TR。

コンペティションユース向けに作られており、単筒ガス式ショックアブソーバーでフロントは倒立式、リアは正立式となっています。

ダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工により低フリクション化や耐久性能の向上をしています。

減衰力調整は32段階
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

サーキットやコンペティションユース向けのWRX用サスペンションキットいかがでしたか。

ストリート向けに比べ金額が若干上がりますが、それ相応の性能を持っているのは言わずもがな。

サーキットでガンガン走るのもよし、贅沢にストリートで使い倒すのもよし、車高調を選ぶだけでなくセッティングで乗り味は変わりますので色々試してみて下さい。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!