ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
【TOYOTAハリアー最新カスタムまとめ】おすすめエアロパーツ5選

【TOYOTAハリアー最新カスタムまとめ】おすすめエアロパーツ5選

老若男女問わずあらゆる世代のユーザーから人気を誇るTOYOTAハリアー。モデルチェンジにより一層の高級感が増しつつも、リーズナブルな値段を実現しています。

そんなハリアーに似合うエアロパーツは何があるのでしょうか。今回はハリアーに似合うおすすめエアロパーツを紹介します。

そもそもエアロパーツって?

出典:http://www.rowen.co.jp/

エアロパーツには様々な効果が有ります。勿論、ドレスアップ目的のものもありますが車体の空気の流れが変わればエアロパーツとして効果を発揮してしまう物。

大まかに書くと、
空気抵抗が減り燃費の向上、空気抵抗を増やしコーナリングや直進安定性の向上、冷たい空気を適切に誘導する事での冷却効果向上、クルマがカッコよくなる(エクステリアデザインの向上)、材質が変わる事による軽量化(樹脂からカーボンへ等)

があります。

ドレスアップ目的のエアロパーツというと、人間に例えれば自分が着る洋服と同じようなものなので、カッコよくキメたいですね。
 

【ハリアー最新カスタムパーツ】おすすめのエアロパーツ5選

それでは、早速、かっこいい、ラグジュアリーなスポーティな様々なタイプのエアロパーツを装着した各ショップのデモカーをご紹介していきます。
 

M’z SPEED EXCLUSSIVE ZEUS LUV LINE HARRIER オーバーフェンダーver

EXCLUSSIVE ZEUS LUV LINE HARRIER オーバーフェンダーver出典:https://www.mzspeed.co.jp/

大阪府のショップ「M'z SPEED」のデモカーであるハリアー。 このショップには、2種類のエアロパーツがあり、こちらはオーバーフェンダーモデルとなっています。

片側30mmワイド化され、ハリアーのボリューム感をさらに向上。リアウィングも相まって、より躍動感のある一台に仕上がっています。

オーバーフェンダー出典:https://www.mzspeed.co.jp/

ハリアーとしては珍しいオーバーフェンダーキット。

クロカン系SUVであればオーバーフェンダーでワイルドに魅せる、というカスタムが主流となっていますが、ラグジュアリー路線を走るハリアーにはマイノリティ的なパーツです。

他のユーザーと差をつけるにはうってつけのパーツと言えます。

※要構造変更届け


M'z SPEED公式ホームページはこちら
 
会員登録すれば500ポイント付与

K'SPEC SILK BLAZE GLANZEN HARRIER

まず、K'SPEC SILK BLAZE GLANZEN HARRIERをご紹介します!

SILK BLAZE GLANZENリアゲートウイング

slide06出典:http://www.kspec.co.jp/

この存在感抜群のハリアーは、K'SPECシルクブレイズの最上位ブランドであるグレンツェンの一台。

リアのディフューザーやマフラーフィニッシャー風パーツ、スピンドルグリルなどによって、最上位ブランドにふさわしい最先端のスタイルを実現させています。

純正のラインに連動させたリアのエアダクト部のデザインや、2分割風のリアウィング、フロントのフォグ、サイドステップなど細部にこだわりが感じられるデザインで、シンプルながらインパクトのあるデザインとなっています。

また、塗り分け仕様のパーツも用意されており、手軽に理想のデザインを叶えることができます。

slide12出典:http://www.kspec.co.jp/

リアゲートに取り付けられたGLANZENリアゲートウイング。

さり気ないアイテムですがスポーティ感を取り入れ、純正とはひと味違ったスタイルに変貌。より立体的なリアビューを演出します。


K'SPEC SILK BLAZE公式ホームページはこちら
 

ROWEN SV-PREMIUM EDITION HARRIER

次に、ROWEN SV-PREMIUM EDITION HARRIERをご紹介します!

ROWEN フロントハーフスポイラー

出典:http://www.rowen.co.jp/

こちらの迫力ある一台は、愛知のショップ「ロェン」のデモカー。

前後共にハーフタイプなのですが、立体的で複雑な形状はインパクト絶大で、独特の雰囲気があります。

各パーツに特徴的なのが深い掘り込みで、がっしりしていながらもシャープなスタイルを演出しています。 この各部パーツの一体感によって、フルバンパーに負けない力強さが感じられるエアロデザインとなっています。

出典:http://www.rowen.co.jp/

フロントハーフスポイラーは、ダクトが多様され、TOMMYKAIRAブランドだった頃より引き継がれたROWENの伝統と言えるLEDスポットランプが設けられているのが特徴。(無しバージョンもあり)

側面の立体のエッジラインやボトムを別体風にデザインする事で、アグレッシブさを増しています。

ROWEN公式ホームページはこちら
 

 

KUHL PREMIUM HARRIER

次に、KUHL PREMIUM HARRIERをご紹介します!

KuhlRacing REAR FLOATING DIFFUSER

出典:http://kuhl-japan.com/

ゴールドの日産R35GT-Rや、シルバーのトヨタ86など、とにかくド派手なカスタムで有名なKUHL RACING(クールレーシング)。 どこのショップのエアロパーツとも被らない、過激でクールなカスタムが魅力のショップです。

そんなクールレーシングが作ったハリアーが今回のデモカー。 大きく、低く構えたそのスタイリングは、やはりどこのショップとも被らない独特なエアロパーツ。

ホイール・タイヤを大きく囲うようなデザインのサイドスカート、フロントバンパーは、どんな場面でも目立つこと間違いなし。 どこにいっても存在感バッチリで目立てるこのハリアーは、ドレスアップカスタムでは絶対に避けて通れない存在です。

出典:http://kuhl-japan.com/

注目はリアフローティングディフューザーでスポーツカーライクなエアロパーツです。純正バンパーに対し吊り下げるように取り付けていることで、後付け感を演出しつつも曲線をボディラインに合わせることで自然な仕上がりとしています。

エアロ素材は、従来のFRP素材の1.5倍の強度・厚みを誇るRG(レギュラー)グレードと、RG素材にさらに追加でオリジナル開発のクロスマットを貼り合わせすることにより2倍の強度を確保したHG(ハイグレード)素材の2種類から選択出来るのも特筆すべき点です。


KuhlRacing公式ホームページはこちら
 
会員登録すれば500ポイント付与

KENSTYLE EIK HARRIER

最後に、KENSTYLE EIK HARRIERをご紹介します!

KENSTYLE LEDフロントコーナースポイラー

ハリアー出典:http://www.kenstyle.co.jp/

東京のショップであるKEN STYLE(ケンスタイル)が製作したハリアーのデモカーは、どのアングルから見ても楽しめる一台。

フロントマスクは、LEDとメッシュダクトが着いたコーナースポイラーによって、純正に近い車高でもローな見た目を演出。 バックビューは、リアのコーナースポイラーによって、純正バンパーでもワイドな見た目を演出してくれます。

また、それに合わせた4本出しのマフラーも、車体後部の個性を更に主張。 純正の良さを活かしたまま、新たな個性を追加していく。 そんな一台へとカスタムされています。

出典:http://www.kenstyle.co.jp/

ケンスタイルが提案するハリアー用エアロは、ボディ四隅にアドオンできるスパッツタイプのスポイラー。

左右セパレートタイプのフロントコーナースポイラーには、LEDデイタイムランプとメッシュ付きダクトをレイアウトし、ポン付けながらしっかりと個性を持っています。

純正フロントバンパーのコーナー部分に適度な張り出しを与え、くさび形のノーズをスクエアな印象にします。


KENSTYLE公式ホームページはこちら
 

まとめ

いかがでしたか?

純正でも都会的かつ高級感のあるルックスの3代目60/65ハリアーですが、エアロパーツを身に纏うことでより一層のカッコよさと個性をアピールすることができますね。

色々と参考にしていただいて、ご自身の車でも検討してみて下さい。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!