ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
カスタムチューニングカーにもおすすめ!愛車を守る最新ドライブレコーダーランキング おすすめ5選

カスタムチューニングカーにもおすすめ!愛車を守る最新ドライブレコーダーランキング おすすめ5選

日本国内だけでも8000万台以上の登録があると言われている自動車事情の中で、注意して運転していても事故に巻き込まれたり、事故を起こしてしまう可能性をドライバーの我々は秘めています。そこで、万が一の場合に備えてドライビングレコーダーが有効となってきます。
今回は、そのドライブレコーダー(ドラレコ)を購入する際のポイントと取り付け方法を比較し独自ランキング形式でご紹介します。

ドライブレコーダー(ドラレコ)とは?

出典:https://www.amazon.co.jp/

ドライビングレコーダー(ドラレコ)は、車内に取り付ける前方撮影ビデオカメラの事で、走行中の外の映像や急ブレーキや衝撃を感知し、自動的にその前後の映像や音声などを記録することができる装置のことです。常時撮影しているタイプや、衝撃によりその前後を撮影するタイプのドライブレコーダがあり、また、今では様々な機能が付随したドラレコが販売されています。

主な使用用途としては、ご自身が交通事故を起こしてしまった場合や交通事故にまき込まれてしまった場合の責任や原因の確認に使われます。
最近では高機能な物も増えてきている為、ドライブ中の動画撮影に使用したり、サーキット走行時に車載カメラと使用している方や駐車時の防犯効果の為や安全運転支援機能等を目的としている方も多いそうです。

 

ドライブレコーダーの効果は?


とはいえドラレコを装着した所で、交通事故を起こさなく、巻き込まれなくなるわけではありません。

しかし、日常仕事で運転を主としている、タクシー業界やトラック業界などではドライブレコーダーを装着開始時からは交通事故率が減ったとの報告もあります。

職業ドライバーの場合は、誰かに見られていると言う緊張感が安全運転の意識を高め事故率を減らすことが出来たとも言われています。

日本では交通事故の約50%が交差点での事故がとなっているそうで、交差点では、信号の色、それに対する走行速度などの状況で過失割合が決まってくるため、ドライブレコーダーの記録は非常に重要な証拠として扱われます。

万が一のトラブル回避や最近ではセキュリティとしての役割、心理的安心感という所に効果が有りそうです。

 

ドライブレコーダーの選び方

出典:https://www.amazon.co.jp/

ドライブレコーダーを選ぶ際に一番重要となってくるのは、何と言っても画質。
動画記録時に、信号の色や路面状況、車のナンバープレートなどが鮮明に映せるという事が大事です。

画質が重要なのですが、昨今のドラレコは低価格高画質が売りの物が多く何を選んだらいいのか分かりませんので、選ぶ際のポイントをまとめてみます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

・デザイン

車内に取り付けるパーツですので、どうしてもインテリアデザインとマッチしない場合が有ります。
なので、ドラレコを選ぶ際はなるべく小型なものか見た目が気に入ったものを選択するようにしましょう。
 

・画質とモニター

画質は720P以上のHD画質(1280x720と記載)のものを選択しましょう。
また、背面にモニターが付いている物を選択する事で、画角や撮影時の向きなどをより細かく調整する事が出来ます。
 

・1秒あたりの撮影のコマ数(フレームレート(fps))

1秒あたりの撮影コマ数が細かければ細かいほど、ハイスピード時の記録やLED型信号機の点滅などをしっかりと記録してくれます。
最低でも30fps以上のドラレコを選択しましょう。

※フレームレート(fps)とは
30fpsは1秒間に30コマの撮影をしていると言う事。
時速100キロで走っている車だと、1秒間に27M進むので30fpsだと90cm毎に記録していくと言う事になります。
 
会員登録すれば500ポイント付与

・撮影の画角

せっかく性能のいいカメラを買っても画角が狭ければ、必要な範囲が撮影されていない事もあります。
ワイドに映る物を選択しましょう。
 

・GPSでの測位機能と性能

何処で何時を記録する為に、GPSの性能は大事な性能となってきます。
搭載されている物を選択しましょう。
 

・駐車時記録機能

駐車場でのあて逃げや車上あらし、等を人感センサーや衝撃センサーの衝撃によって撮影してくれる機能です。
いざという時の為に、この機能が付いていると安心です。
 
会員登録すれば500ポイント付与

・上書き禁止機能

事故を起こさずに撮影が進んでいくと、自動で動画を上書きして行ってしまいます。
しかし事故時には上書きされたら困ります。そこでこの機能は大きな衝撃を感知し撮影された前後の動画は上書きされずに動画が残る機能です。いざという時の為に消えちゃったーを防ぎましょう。
 

ドライブレコーダーの取り付け方法



ドライブレコーダーの取り付けは、内装部品の電装部品である為、配線や電源の取り方が少しだけめんどくさい事が有ります。

今では、簡単に取り付けられるドラレコも販売されてはいますが、フロントガラス付近へのパーツの取り付けは法律で定められており適当に装着できないパーツとなっています。

その法律を満たす条件としては、
ルームミラーの裏側に装着するか、フロントガラスのルームミラーと同じ位の高さ以上の位置につける

事が条件となってきます。

お店で頼むと、4000円~10000円(ドライブレコーダ、車種により異なる)の工賃で取り付ける事が出来ます。

購入時は、お店の人と相談し正しい取り付けを行いましょう。

 

愛車を守るドライブレコーダーおすすめ独自ランキング

各メーカーのドライブレコーダーを比較し、性能価格、デザインの面からおすすめのドラレコをランキング形式でご紹介していきます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

第5位 skygenius小型ドライブレコーダー

出典:https://www.amazon.co.jp

アマゾンでは1万円(元は2万円)を切る価格で販売されており、吸盤での簡単取り付けと動体検知機能、140°広角、Gセンサーというほぼフルスペックが魅力の製品です。
なぜ、こんなにもお安く値下げされているかは不明ですが、レビューや他サイトでの評価は高くコストパフォーマンスに優れています。
商品の仕様
イメージのセンサー:COMS(OV2710)
レンズ画角:140°広角
ビデオの解像度:1280x1080 30fps ,1280x720 60fps ,1280x720 30fps VGA30fps
バッテリー:3.7V 150mAH
サイズ:30mmx680mmx480mm

 

第4位 ユピテル 小型駐車監視機能付属ドライブレコーダー

出典:https://www.amazon.co.jp/

ドライブレコーダーメーカーの最大手ユピテルの最上位モデルです。
全ての要素を満たし、安心の国内メーカーであるドライブレコーダーの最高峰人気モデルです。
スタートインフォメーション、前方衝突防止アラート、レーンキープアシストなどのオプション機能も豊富で日常のドライブも楽しさと安全性をも確保してくれます。

また、小型である事とデザイン性の高さも魅力的です。
 
イメージセンサー:CMOS
レンズ画角:対角144°
ビデオの解像度:400万画素カラー2560×1440
録画方法:常時録画 、手動録画 、衝撃感知録画 、駐車監視録画
液晶:2.0インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用
サイズ:60mmx45mmx28mm

 

第3位 ケンウッド フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-610

出典:https://www.amazon.co.jp/

ケンウッド製のドライブレコーダーは、フルハイビジョン録画機能と運転アシスト機能を備えた全部盛りなドラレコとなっています。
前方衝突警告や車線逸脱、スタートインフォメーション等の機能は、日常の運転に安全と安心を与えてくれます。万が一の場合でも高精細の動画がはっきりと映してくれるので安心です。
スタイリッシュなデザインと、大型モニターが車内の印象を大きく変えてくれるでしょう。
 
イメージセンサー:CMOS
レンズ画角:対角144°
画素数:340万画素
ビデオの解像度:2304×1296
録画方法:常時録画、手動録画、イベント記録、駐車録画:前:10秒、後:10秒
液晶:2.7インチ フルカラーTFT
対応車種:DC12V車専用
サイズ:91mmx49mmx 37mm

 
会員登録すれば500ポイント付与

第2位 プロリンクジャパン 4.3インチミラー型ハイビジョンドライブレコーダーDVR-D720

出典:http://prolink-japan.com/

プロリンクジャパン製の4.3インチミラー型ドライビングレコーダーです。
大型モニターの内蔵や人感センサー、Gセンサーは勿論のこと、ブルミラーの採用により眩しさの軽減とスポーティな印象を増す事も出来ます。

車両内装の景観を崩さずに、取り付けも簡単な所も魅力的です。
イメージセンサー:CMOS
レンズ画角:対角144°
画素数:500万画素
ビデオの解像度:1280x720 
液晶:4.3インチ フルカラーTFT
サイズ:305mmx83mmx15.3mm

 

第1位 コムテック ミラータイプドライブレコーダー HDR-112MG

出典:http://www.e-comtec.co.jp/

デザイン、性能、価格のバランスが良いコムテック製のミラー型ドライブレコーダーです。
最低限欲しい機能は勿論のこと、カメラ一体型ではなく別の位置に取り付ける事が出来るのがポイント。車両を外から見た際に異物感のないスッキリとしたインテリアを実現してくれます。
 
イメージセンサー:1/3 CMOS
レンズ画角:対角144°
画素数:120万画素
ビデオの解像度:1280x720 
フレームレート:10fps、20fps、30fps※駐車監視モード時は5fps固定
録画方法:常時録画、イベント録画、マニュアル録画(手動録画)、駐車監視録画
液晶:2.7インチ フルカラーTFT
サイズ:300mmx80mmx20.6mm

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
3000円台~3万円台まで幅広くラインナップされていますが、1万円以下のドライブレコーダーで衝撃センサー(無しがほとんど)やフレームレート、画質の面でおすすめできるものがなかったので1万円以上のランキングとなってしまいました。

様々なタイプがラインナップされているドライブレコーダーの中から1つを選択するのは大変です。
愛車が大切な方や希少車、カスタムカーやチューニングカーにお乗りの方は、駐車場監視機能はマストで欲しい所。

また、いかに性能が良くても大きすぎたり、目立ち過ぎる物はカッコ悪いですよね?そんな観点からミラータイプを1位とさせていただきました。

これを参考にドラレコを検討していただけたら幸いです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!