ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
GT-Rどの型がお買い得?新旧GT-Rの中古車から始めるチューンドRのすすめ

GT-Rどの型がお買い得?新旧GT-Rの中古車から始めるチューンドRのすすめ

R32GTR、R33GTR、R34GTR、R35GTRの歴代GTR達。今、この車両を買おうと思うと幾ら掛かるのか中古車価格をひかくしてみました、また、憧れのチューンドGTRの最新トレンドをカスタムカーカタログサイト「Garage(ガレージ)」より探り比較してみました、今と昔でトレンドは違うのか?

新旧GT-Rどちらがお得なのか?

©️Motorz-Garage

国産スポーツカーの人気が復活の兆しをみせ、今も現役だが昔のスポーツカーの中古車価格が値上がり傾向にあります。
特にRX-7やS2000、スープラ、NSX、そしてGT-Rの値段が急騰しています。

特に日本のみならず海外からも人気なので、それに伴いどんどん価格が上がって行っているようです。

そこで、この記事ではGT-Rに注目し、R32GT-R,R33GT-R,R34GT-RとR35GT-Rの中古車価格とチューンドRにするまでにはどちらがお得なのか?

を調べて見ました。

 

もう手に入れるのは難しい?「R32GT-R」


北米で輸入が解禁されたことから、R32GT-Rは元々人気のあった北米で更に中古市場が盛り上がりました。
いまでは、かなり手を出しにくい価格帯まで価格が高くなり、日本国内でも状態のいい個体は250万円以上1000万円とかなりの価格になっています。

カスタム、チューニングされた車両や走行距離不明車両、修復歴ありのR32GT-Rは150万円~ありますが、それでも28年前の車であることを考えたら高くなっていると思います。

 

GT-Rの中では比較的買いやすい「R33GT-R」


R32GT-Rに比べると、中古車価格は比較的落ち着いてはいますが、それでも良い個体は200万円~600万円となっています。
やはり、10数年前の車両である事を考えると、お高い車両であることには変わりありません。

こちらも、走行距離不明やカスタムチューニングされたR33GT-Rが多く、信頼できるショップで購入しないと後々に更にお金がかかりそうです。

 
会員登録すれば500ポイント付与

もはやプレミアムカー「R34GT-R」


人気が有ったのにもかかわらず、販売台数も少なかったこともあり、販売終了した当時から中古車価格が落ちないR34GT-R。
そのスペックとスタイリングが今なお人気を誇り、中古車価格は400万円~1500万円。それ以上の価格の物もありそうです。

しかも、R34GT-Rはノーマルに近い物も多く、高いけど程度のよさそうな中古車が数多くあるのも魅力です。

 

最新和製スーパーカー「R35GT-R」


日本が誇る和製スーパーカー「R35GT-R」
世界各国でのレースの活躍やスペックの高さ等、何かと話題に上がる事が多く歴代GT-Rでも最強の存在です。

販売当初は中古車価格もプレミアム化していたが、今では価格が落ち着き程度のよいR35GT-Rの中古車やカスタム、チューンドR35がそこそこ中古車市場に出回っています。

初期モデルは400万円~中古車が存在していますが、新しくなるほど価格は上がっており2000万円近い価格となっています。

 

新旧GT-Rの中古車価格まとめ

程度のよいGT-Rの価格をまとめてみます。
 
GTR車種名 中古車価格
R32GT-R 250万円~1000万円
R33GT-R 200万円~600万円
R34GT-R 400万円~1500万円
R35GT-R 400万円~2000万円

比較してみると、既にR34GT-RとR35GT-Rの中古車価格に大きな差はなく。
R34GTRの購入を考えると新車でR35GTRが購入できる事になります。

さて、中古車価格が分かった所で、憧れのチューンドRにするにはどうすれば良いのかを、各ショップのデモカーから見て見ましょう。
販売されていた年も違い単純比較出来る事ではないですが・・・GT-R購入を悩んでいる方の参考になればと思います。

 
会員登録すれば500ポイント付与

新旧GT-Rをカスタム、チューニングするなら?

R32、R33、R34チューンドGTR 定番カスタムチューニングは?

©️Motorz-Garage

チューンドGTRの魅力はビックパワー。平均でも600馬力以上を発揮するエンジンは、高い耐久性とビッグパワーを受け止める素質を備えています。

定番のカスタム、チューニングはエンジンのボアアップとタービン交換となっており、

HKSと東名パワード製の2.8Lキットが使用率が一番高く人気のパーツです。
また、独自にエンジン加工を行いチューニングしてるショップが多いのも特徴の一つとなっています。
出典:http://www.hks-power.co.jp/

人気のタービンは、HKS製とトラスト製のタービンが人気の様です。
出典:http://www.hks-power.co.jp/

出典:http://www.trust-power.com/

ハイパワー化に合わせて、サスペンションやLSDタイヤサイズが決まってくるようです。
今では、廃番になってしまっているパーツも多いですが、根強く開発しているショップもあるので毎年速くなっていっています。

チューンドR完成までにかかる費用は、車両代金+300万円~500万円となっています。


パーツ詳細はコチラを参照ください。

R35チューンドGTR 定番カスタムチューニングは?

R35GT-Rはブーストアップのみでも、600PSオーバーとなるモンスターマシン。
その既にモンスターのR35GTRをさらなる高み、チューンドRとするのは、やはりエンジンチューンとタービン交換。そして、そのパワーを受け止める為の強化ギアボックス化が定番となっています。

800PSが当たり前の、R35GT-Rの世界。

エンジンチューンで人気なのが、HKSとJUN AUTO製のパーツ。
R34と同様に排気量アップも当たり前の世界となっているようです。
出典:http://www.hks-power.co.jp/

タービンはHKSのタービン装着車が9割を超えるほどの人気となっています。
GT800~GT1000と呼ばれる化物タービンは、800馬力以上を実現してくれます。
出典:http://www.hks-power.co.jp/

ハイパワー化に合わせて、トランスミッションを強化し、サスペンションをセッティング。LSDやボディ補強etc..と

チューンドR完成までにかかる費用は、車両代金+500万円~1000万円となっています。

パーツ詳細はコチラを参照ください。
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

結局、新旧GTRはどちらがお得なのか?

©️Motorz-Garage

R34GT-RとR35GT-Rの中古車価格は、ほぼ同じという事が分かり、それぞれのカスタムチューニングのトレンドが分かりました。
結局どちらがお得かというと・・・R35もR34も好きな車両を買って問題ないと言う事です。

ノーマル+αで考えるなら、R35GT-Rは最高のパートナーとなってくれるでしょう。
カスタムやチューニングで考えると内容によりますが、保証が切れてしまったり、パーツ価格も高いので、よりお金がかかりそうです。

R34GT-Rは、程度のよい車両さえ見つかれば、サーキット走行に向けたチューンドR化はR35よりも少し安く完成しそうな予感がします。
しかし、昔の車なのでメンテナンスがそれ相応に必要になってくる可能性もあります。

なによりも、信頼出来る中古車販売店やショップさんを見つける事で将来的にお得になってきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

どの車両もプレミアムカー化していて憧れ車両となりつつありますが、今後さらに値上がりの可能性もありますので、
実は今が一番買い時なのかもしれません。

皆さんもGT-Rオーナーになる事を検討してみてはいかがでしょう?
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!