ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
MAZDAが新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表!気になるスペックを比較

MAZDAが新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表!気になるスペックを比較

2017年4月28日、SKYACTIV TECHNOLOGYや魂動デザインなどで躍進を続けるマツダは、日本国内向けにマツダとしては初めてとなる3列シートSUV「CX-8」を2017年中に発売すると発表しました。

今も販売されているCX-3やCX-5、既に販売終了してしまったCX-7などと比較して何がどれくらい大きくなっているのか、変わっているのでしょうか。

新型クロスオーバーSUV「CX-8」とは

2017年4月28日、マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に押し出したCXシリーズのニューモデル「CX-8」を2017年中に日本国内で発売すると発表しました。

2017年4月現在、日本国内で発売されているマツダのクロスオーバーSUVはCX-3、CX-5
の2モデルのみ。
2012年まではCX-7が販売されていましたが、CX-5の発売に伴い日本国内での販売は終了しています。
北米では最も大きいサイズとなるCX-9が販売されており、単純に末尾の数字だけを見ればCX-8はCX-9よりも小さいサイズのSUVであることが分かります。

CX-9よりも一回り小さいながらも、日本国内としてはマツダ初となる3列シートのクロスオーバーSUV、それがCX-8なのです。

※エクステリア写真は未発表

 

CX-8と他のCXシリーズの諸元比較

現在発売されている魂動デザインのCX-5と北米モデルのCX-9、TOYOTAランドクルーザープラドと三菱アウトランダーの3列シートモデルをCX-8と比較します。

©️Motorz-Garage

ボディサイズとしては単純にCX-9よりは一回り小さい程度で、ホイールベースは共通で、全幅はCX-5と共通。搭載するエンジンはCX-5と同じSKYACTIV-D 2.2Lディーゼルターボエンジンを搭載します。

ランドクルーザープラドとアウトランダーとの比較では、CX-8の全長がぶっちぎりで長いことが特徴。
これは3列目まで大人がしっかり座れるパケージングを実現しているためで、多人数乗車とともに上質さを求めるユーザーに向けた、マツダからの新しい提案だそうです。

価格はCX-5よりは高くCX-9よりは安いことが予想できるので、300万円台〜というのが考えられ、プレミアム感のある3列シートSUVということが分かりますね。

 

気になる3列目の内装比較

新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」(6人乗り仕様)新型CX-8(6人乗り)の内装 出典:http://www2.mazda.com/

TOYOTAランドクルーザープラド(TX)の内装 出典:http://toyota.jp/

三菱アウトランダーの内装 出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

シート材質、内装色の違いにより各車の印象が違いますが、内装の質感でいうとメーカーごとの色がありますがどれも高級感がある印象。

三菱アウトランダーはアウトドアユースも考えられているので、防滴シートなどを採用していることもあり少し方向性が違うのが特徴です。

CX-8の内装写真は画角的に3列目の空間が分かりにくいですが、シートピッチが若干広そうな雰囲気を匂わせています。
また、ルーフデザインの都合でリアゲート近く天井空間が低いことが予想できるので、実際に大人がしっかり座れるか気になるところです。

 
会員登録すれば500ポイント付与

予想されるエクステリア

全幅はCX-5、ホイールベースはCX-9

北米モデルのCX-9 出典:https://www.mazdausa.com

CX-5 出典:http://www.mazda.co.jp/

魂動デザイン - Soul of Motionで統一されているCXシリーズなだけに、エクステリアデザインはほぼ同じと予想できます。

ボディサイズとしてはCX-9に近いサイズで、全幅はCX-5と同じ、全長はCX-9から16.5cm短く、全高はほぼ同じ。

CX-5の全長を伸ばしたイメージがCX-8になりそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

年内でビアンテとプレマシーの生産が終えるとされており、マツダの6人乗り以上の車種はCX-8のみとなることが現段階で予想できます。

ビアンテ / プレマシーの完全な後継車がCX-8とは安易に考えにくい部分ではありますが、今後のマツダの動向に期待が寄せられるところです。

 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!