日産・フェアレディZ(Z33型)が低予算でスポーツカーを楽しみたい人にオススメな5つの理由

日産・フェアレディZ(Z33型)が低予算でスポーツカーを楽しみたい人にオススメな5つの理由

日産”フェアレディZ”は、1969年に初代の登場以降世界で最も多く販売された、メーカーを代表するスポーツカーです。モデルチェンジと改良を重ねて、2008年に現在の6代目・Z34型が登場。多くのファンに愛されているクルマです。しかし、5代目であるZ33型も、いまだに中古車市場を始め多くのオーナーに支持されています。手頃な車両価格で所有できるチャンスは今かもしれません。今回はスポーツカーの中古車をお探しの皆さんに、Z33型フェアレディZをご紹介します。

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

Z34フェアレディZにオススメ!エンジンその他パーツをご紹介!

Z34フェアレディZにオススメ!エンジンその他パーツをご紹介!

2008年から製造・販売が開始され、フェアレディZでは6代目のモデルとなるZ34フェアレディZ。 日本国外において、同モデルは「370Z」として販売され、先代33Zに続いて世界での市場を拡大する程人気を博しています。 今回はそんなZ34フェアレディZにおすすめのカスタムパーツである、エンジンその他パーツをご紹介します。

Z34型フェアレディZ用モタガレおすすめ!!電装パーツ特集

Z34型フェアレディZ用モタガレおすすめ!!電装パーツ特集

2008年から製造・販売が開始され、フェアレディZでは6代目のモデルとなるZ34フェアレディZ。 日本国外において、同モデルは「370Z」として販売され、先代33Zに続いて世界での市場を拡大する程人気を博しています。 今回はそんなZ34フェアレディZにおすすめのカスタムパーツである、電装系パーツをご紹介します。

サーキットでおすすめ!Z34型フェアレディZ用ブレーキローター

サーキットでおすすめ!Z34型フェアレディZ用ブレーキローター

2008年から製造・販売が開始され、フェアレディZでは6代目のモデルとなるZ34フェアレディZ。 日本国外において、同モデルは「370Z」として販売され、先代33Zに続いて世界での市場を拡大する程人気を博しています。 今回はそんなZ34フェアレディZにおすすめのカスタムパーツである、ブレーキローターをご紹介します。

Z34型フェアレディZ に付けたい!!ブレーキパッド特集

Z34型フェアレディZ に付けたい!!ブレーキパッド特集

2008年から製造・販売が開始され、フェアレディZでは6代目のモデルとなるZ34フェアレディZ。 日本国外において、同モデルは「370Z」として販売され、先代33Zに続いて世界での市場を拡大する程人気を博しています。 今回はそんなZ34フェアレディZにおすすめのカスタムパーツである、ブレーキパッドをご紹介します。

日産・フェアレディZ(Z33型)とは

日産・フェアレディZ(Z33型)モータースポーツhttps://global.nissannews.com/ja-JP/

Z33型フェアレディZは、日本国内で最も高いレベルの自動車レース「全日本GT選手権(現・スーパーGT)」でベース車両に採用されていたモデル。

2003年と2004年にチャンピオンに輝き、栄光のカーナンバー1を背負っていたスポーツカーです。

日本の最高峰自動車レースで活躍していたベース車両を所有する喜びが、Z33型フェアレディZにあります!

日産・フェアレディZ(Z33型)はどのような場面で実力を発揮するクルマか

日産・フェアレディZ(Z33型)設計図https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・フェアレディZ(Z33型)は、街中だけでなく、高速道路や山坂道、曲がりくねった道など異なる環境でドライブする際に実力を発揮するクルマです。

車体の前部にエンジン、後部に駆動機能を配置する、前後重量配分を最適化したFR(フロントエンジン・リアドライブ)仕様。

ドライバーがクルマの挙動を感じ取りやすいように、側面から見てクルマの中央部にドライバーの乗車位置を設定しています。

加えて、車体の前後左右についている4つのタイヤ間隔(ホイールベース)を長めに設定しており、走行時のバランスが崩れにくいよう作られています!

次の項目からは、Z33型フェアレディZのオススメポイントを1つずつご紹介しましょう!




実は格安!?カスタム済みのZ33フェアレディZを買おう!

日産・フェアレディZ(Z33型)のオススメポイントその1:改良ごとに性能がアップしたエンジン

日産・フェアレディZ(Z33型)ツーショットhttps://global.nissannews.com/ja-JP/

Z33型フェアレディZでおすすめしたい1つ目のポイントが、改良ごとに性能がアップしたエンジンです。

2002年の発売直後はエンジン最大出力が280馬力でした。

しかし、2005年のマイナーチェンジではチューニングによるパワーアップで最大出力が294馬力にアップ。

加えて、2007年の一部改良で新開発のエンジンが搭載されて、最大出力が313馬力まで向上。

初期から比較すると、実に33馬力ものパワーアップに成功しています!

フェアレディZのエンジン紹介

・VQ35DEエンジン


日産・フェアレディZ(Z33型)エンジン1https://global.nissannews.com/ja-JP/

最高出力:280ps(206kW)/6200rpm
→294ps(216kW)/6400rpm
最大トルク:37.0kg・m(363N・m)/4800rpm
→35.7kg・m(350N・m)/4800rpm

出典:http://history.nissan.co.jp/Z/Z33/0310/MECHA/main2.html


・VQ35HRエンジン
日産・フェアレディZ(Z33型)エンジン2https://global.nissannews.com/ja-JP/

最高出力 313ps(230kW)/6800rpm
最大トルク 36.5kg・m(358N・m)/4800rpm

出典:http://history.nissan.co.jp/Z/Z33/0801/index.html

日産・フェアレディZ(Z33型)のオススメポイントその2:空力性能を意識したスタイリング

日産・フェアレディZ(Z33型)空洞1https://global.nissannews.com/ja-JP/

Z33型フェアレディZでおすすめしたい2つ目のポイントが、空力性能を意識したスタイリングです。

Z33型フェアレディZは見た目だけではなく、実用性も重視したエクステリアデザインを施しています。

ボディ部分だけでなく、床下まで空気の流れをコントロールしており、空気抵抗を削減。

高速道路の直線を時速100kmで走行している場合でも、高い走行安定性を実現しています。

日産・フェアレディZ(Z33型)のオススメポイントその3:エンジンの性能を引き出すトランスミッション

日産・フェアレディZ(Z33型)マニュアルミッションhttps://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・フェアレディZ(Z33型)AThttps://global.nissannews.com/ja-JP/

Z33型フェアレディZでおすすめしたい3つ目のポイントが、トランスミッションです。

6速MT仕様とマニュアルモード付5速AT仕様の2種類を用意。

6速MTは、シフトレバーが短めに設計されており、前後左右へのシフトチェンジがしやすいように設計されています。

加えて、1速から5速までのギア比がそれぞれ接近しているので、エンジン性能を使い切れる仕組みに仕上がっています。

MT車の運転が不安な方にも、AT仕様が用意されていたモデルとなりますので、中古車物件を探す際にチェックしてみると良いでしょう!

日産・フェアレディZ(Z33型)のオススメポイントその4:万が一を考えた安全装備を搭載

日産・フェアレディZ(Z33型)シートベルトhttps://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・フェアレディZ(Z33型)ヘッドレストhttps://global.nissannews.com/ja-JP/

Z33型フェアレディZでおすすめしたい4つ目のポイントが、万が一を考えた安全装備を搭載している点です。

乗る人の安全を考えた「3点シートベルト」と「アクティブヘッドレスト」が、衝突事故時に被害を軽減してくれます。

アクティブヘッドレストは、後方から他のクルマに追突された場合、瞬時にヘッドレストが前に移動して頭部が後ろへ傾く状態を防止。

首への負荷がかかりにくいよう抑えてくれます!

日産・フェアレディZ(Z33型)のオススメポイントその5:ロードスター仕様が存在する

日産・フェアレディZ(Z33型)ロードスターhttps://global.nissannews.com/ja-JP/

Z33型フェアレディZでおすすめしたい5つ目のポイントが、ロードスター仕様が存在している点です。

2003年の一部改良時に、ロードスター仕様を追加して実際に販売していました。

ロードスター仕様に装備されている電動式のソフトトップは、約20秒で開け閉めが可能。

カップラーメンにお湯をそそぐ手順をしている程度の時間でオープンカーに早変わりします!

ソフトトップを閉じていれば通常通りのクーペスタイルでの走行も可能です。

日産・フェアレディZ(Z33型)の中古車相場

日産・フェアレディZ(Z33型)ボディカラー黒
https://global.nissannews.com/ja-JP/

2020年5月現在、日産・フェアレディZ(Z33型)の中古相場価格を調査してみました。

最低中古価格:18万円(2020年5月時点)
最高中古価格:580万円(2020年5月時点)
平均価格:74万9000円(2020年5月時点)




破格!?50万円以下でZ33フェアレディZの中古車を買おう!

日産・フェアレディZ(Z33型)の維持費

日産・フェアレディZ(Z33型)ボディカラー赤
https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・フェアレディZ(Z33型)の1年間にかかる維持費を、グレード・Version ST(3.5リッターエンジン・FR/6速MT仕様)を例に、計算してみました。
 
・ガソリン代

使用燃料はプレミアムガソリン(ハイオク)、140円/Lで計算しています。

グレード・Version ST(3.5リッターエンジン・FR/6速MT仕様)の実燃費は平均で8.56km/Lです。
(出典:https://e-nenpi.com/enenpi/cartype/1230

年間走行距離を9000km、燃費が8.56km/Lで計算した場合、年間で約1,051Lのプレミアムガソリンを使用。
【ガソリン代計算式】
1,051(L)×140(円、ガソリンの値段)=147,196(円、年間のガソリン代)

よって、Z33型フェアレディZのガソリン代は、年間9000km程度の走行で約150,000円程度と考えられます。
 
・自動車税

日本の自動車税は搭載しているエンジンの排気量で区分けされており、軽自動車の場合、「自動車税」に分類。

グレード・Version ST(3.5リッターエンジン・FR/6速MT仕様)を中古車で購入した場合、「3リットル超~3.5リットル以下」に該当します。
自動車税「3リットル超~3.5リットル以下」:57,000円

出典:
https://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html
 

・その他諸々の費用

ガソリン代や自動車税以外で、かかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
112,340円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
56,780円

出典(任意保険例):https://www.sonysonpo.co.jp/
出典(車検法定費用など):https://www.toyota-mobility-kanagawa.jp/afterservice/tenken
・Z33型フェアレディZの年間維持費は約37万円
 
日産・フェアレディZ(Z33型)の年間維持費は、373,316円です。

ガソリン代 147,196円
自動車税 57,000円
車検費用(基本料金+法定費用) 112,340円
任意保険 56,780円
合計 373,316円
車検費用については自家用乗用車の場合、2年に1度の法的義務であるので参考程度にしてください。

法定費用は車種問わず固定でかかってくる部分ですので、把握しておく必要があるでしょう(※)

また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。

(※)出典:https://www.sonysonpo.co.jp/auto/guide/agde092.html

日産・フェアレディZ(Z33型)のスペック紹介

日産・フェアレディZ(Z33型)歴代https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・フェアレディZ(Z33型)のスペックを簡単にご紹介します。
 
全長 4.310~4.625mm
全幅 1.815~1.840mm
全高 1.295~1.325mm
燃費(10.15モード) 9.0~9.7km/L
駆動方式 FR
排気量 3498~3798cc
乗車定員 2名
出典:
http://history.nissan.co.jp/Z/Z33/0801/index.html

まとめ

日産・フェアレディZ(Z33型)2台そろい踏み出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・フェアレディZ(Z33型)をご紹介しました。

Z33型フェアレディZは、当時の日本国内最高峰カーレースで活躍していた印象が強く残っているスポーツカーです。

日産のシンボルマークであるフェアレディZは、2000年にZ32型が生産中止となり一度は歴史が途切れましたが、2002年にZ33型の登場と同時に復活したモデル。

中古車市場でも、車両価格100万円を切る物件が出回っており、少ない予算でも購入が可能となっています!


100万円以下でフェアレディZの中古車を買おう!

この記事をシェアする!