ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
TAS2018にBBSジャパンが出展!ブースに隠された「テーマ」とは?

TAS2018にBBSジャパンが出展!ブースに隠された「テーマ」とは?

日本を代表する鍛造ホイールメーカーであるBBSジャパン。そして日本自動車業界の一大イベントである東京オートサロン。

BBSジャパンは2018年も例年に引き続き、東京オートサロンに出展。どんなブースになるのか非常に楽しみな所ですね。

実は、前回の2017年東京オートサロンのBBSジャパン出展ブースには、あるテーマが込められていました。

一体どんなテーマが込められていたのでしょうか?

まずは、東京オートサロンの紹介。そして2017年のオートサロンのBBSジャパン出展ブースを振り返ってみましょう。

東京オートサロンとは


毎年1月の、第2金・土・日曜日に、幕張メッセで行われているカスタムカー/チューニングカーの祭典です。

1983年に開催された「東京エキサイティングカーショー」が原点となっていて、2018年の開催をもって35年の歴史があります。

カーショーだけにとどまらず、自動車メーカーによる新車発表や、カスタムパーツの展示や販売、レーシングカーのデモラン、アーティストによるライブやトークショーなども行われています。

2017年は3日間で32万4千人ものの来場者数を誇る、日本を代表するカスタムカーイベントです。
 

鍛造ホイールの代名詞的存在であるBBSジャパンの2017年の出展ブースは?


2017年のBBSブースでは、BBSが純正ホイールとしてOEM採用された、ベントレーのSUVであるベンテイガを出展。

「OEM」つまり、メーカーの純正ホイールとして採用される程の信頼性をアピールし、もちろんアフターパーツ用、モータースポーツ用のホイールも展示しました。

OEM・アフター・モータースポーツという三つのカテゴリーをBBSジャパンの三本柱として、そのどれもが欠けてもいけないということを表現しています。

また鍛造ホイールの製造工程を動画で展示したところ、大勢の来客者がその動画を見入るほどの好評を得ました。
 

2018年もBBSジャパンに大注目!!


2018年東京オートサロンのBBSジャパンの出展ブーステーマは「技術力」。

OEM・アフター・モータースポーツの全てで必要なBBSの技術力を「モータースポーツ」をベースにご紹介します。

皆さんの思い出に残るような車両を魅せますので、TAS2018では是非BBSジャパンブースへ足を運んでみて下さいね!
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

いかがでしたか?

出展ブースにテーマを込めるというBBSジャパン。

「どんなテーマが隠されているんだろう?」

そんなふうに、テーマを考えながら楽しむ事が出来るBBSジャパンの出展ブースは気になって仕方がありませんね!

2018年の東京オートサロンのBBSジャパンブースは要チェックです!!

Garage内BBSジャパンブランドページはこちら
 

関連リンク

 

BBSジャパンが12月1日から限定色ホイールを発売!今回はリム!!
 
 

BBS鍛造アルミホイールLMとLM-Rにダイヤモンドブラックが追加!!
 
 

こだわりが半端ない!?BBS鍛造ホイールと鋳造ホイールの違いとは?
 
 

BBSのLM/LM-Rってどんなホイール?今年も限定色がラインナップされるってホント?
 
 

BBSジャパンよりアルミ鍛造1ピースホイール、RE-L2のラインナップを追加!

 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!