ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
S660カスタムカーカタログ|S660カスタムにオススメのパーツとエアロ、ホイールとは?

S660カスタムカーカタログ|S660カスタムにオススメのパーツとエアロ、ホイールとは?

1996年1月に販売を終了したビート以来、19年3か月ぶりとなるホンダファン待望の軽自動車規格のオープンスポーツカーであるS660。

カスタム・チューニングベースとしてもS660は人気で、その方向性も様々な物があります。

デリバリー開始から2年ほどが経った今、程度の良い中古車も出回ってきている頃かと思いますが、今回はそんなホンダS660を中古車で購入からカスタムの手順、おすすめのパーツを紹介します。

S660最新おすすめカスタムカーパーツカタログ!

ホンダS660ってどんな車?

出典 : http://www.honda.co.jp/

ホンダが満を持して発売した軽自動車オープンスポーツカー、S660。

車体形状的には、タルガトップ(幌は頭上のみ)なのですが、車検証には「幌型」と記載されているため、書類上はオープンカーとされているようです。

軽自動車のため、規定の都合上どうしてもパワーはない(排気量660cc 最大出力64psまで)ですが、その走りは本物。

3気筒ながら、DOHCターボエンジンをミッドシップレイアウトで搭載し、軽自動車初の6速MTまたは7速CVTを実装。

足回りも4輪ストラットを採用し、軽自動車とは思えないようなスポーティな走りを楽しめることが魅力です。

販売開始は2015年の3月。待ち望んでいたファンから注文が殺到し、納期は1年待ちになるほどの大人気車種。それがホンダS660です。
 



 

ホンダS660の中古車相場価格

出典 : http://www.honda.co.jp/

ホンダS660は、グレードなどによっても異なりますが、約140万円〜305万円で購入できます。

新車価格が198万円〜218万円ですし、まだ新しい車種なので価格的にはあまりお得感は無いかもしれませんが、どうしても納期が待ちきれない方や、車体を少しでも安く購入して浮いた費用をカスタム・チューニングに充てたいという方には中古車ががおすすめです。

また、新車価格より高い車体もありますが、これはカスタムパーツが付いていたり、限定モデルの車体(S660 無限 RAや、ホンダS660コンセプトエディションなど)が存在するからです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ホンダS660の中古車を購入する際に気をつける点は?

出典 : http://www.honda.co.jp/

では、そんなホンダS660を中古で購入する際、どのような部分をチェックしたら良いでしょうか?

1.車両のグレード
ホンダS660にはいくつかグレードが存在します。AT/MTはもちろん、グレードによって内装や付けているパーツが違うので、事前にお好みのグレードを調べましょう。

2.走行距離
中古車を見る場合に気になるのは走行距離ですが、S660の場合販売開始から2年ほどしか経っていないので、大体の車両の走行距離は2万km未満となっており気になるほどの過走行車は少ないです。

3.修復歴や車体の傷
細部までよく見て、車体にダメージがないか、修理したような痕がないか、板金による色の違いなどがないか、しっかりチェックしましょう。

ボンネットやフェンダー、バンパーなどの隙間が均等かどうかもチェックしましょう。
均等でない場合、交換した事があったり、ボディーに歪みがある可能性があります。

また、フロントバンパーに飛び石の痕が無数にあったりする場合は、サーキット走行など過酷な状況下で使用されていた可能性が考えられるので、より注意が必要です。

ちなみに、修復歴として記録されるのは主にフレームなどの重要な部分に関しての交換や修正です。
単にへこみを直したからといって修復歴有りとされるわけではないことに注意が必要です。

4.整備やエンジンの状態
きちんと整備が行われているか、エンジンに異常がないかを調べるのも当然ながら大切です。
エンジンルーム内の消耗品や整備記録のチェックし、気になる点があればどんどん質問しましょう。

またエンジンその物のチェック点としては、スムーズにかからなかったり、アイドリング時に異音がしたり、振動が大きかったり、排気に異変が無いかなどが挙げられます。

5.内装
S660は比較的新しい車なので、そこまでのダメージは無いかもしれませんが、前のオーナーによって車内が汚れていたり、インパネ周りが傷ついていたりするかもしれません。
折角購入するなら、綺麗な状態の物を購入したいものです。


あこがれのS660を購入しても、すぐに走らなくなってしまったり、修理しなくてはいけなくなって余計な出費が重なってしまったら勿体ないし、その費用をカスタム・チューンに回した方がよっぽど良いのではないかと思います。

※S660の中古相場や、魅力、ライバル車について詳しく知りたい方へのオススメ記事は以下。

ホンダS660中古車購入後の楽しみ方

出典 : http://www.honda.co.jp/

突然ですが、皆さんがマイカーを手に入れたらどのような事をしたいですか?

ドライブやデート、普段のちょっとした買い物から旅行、そしてホンダS660の場合は、サーキット走行等を楽しむのもアリだと思います。

色々な楽しみ方が思い浮かびますが、どうせ乗るなら外観も内装も走りも、カッコ良かったり、乗りやすかったりした方が良いですよね?

そんな時、各メーカー/ショップがリリースしているカスタムパーツを取り付ける事で、車をご自身の好みに合わせてカスタムする事ができます。

前述の通り、盛り上がりを見せているS660のカスタム・チューニング。
街乗りメインのカスタムやサーキット走行に特化したチューニングなど、方向性も様々です。
 

ホンダS660カスタムはどこから始めたら良いの?

前述の通り、様々なカスタムの選択肢があるホンダS660。

一体どこから手を加えて行けば良いのでしょうか。

むやみやたらに思いつくパーツや高価なパーツを端から付けて行っても、車としてのバランスを崩し逆にS660の良さを失ってしまいます。

まずは街乗りなのか、サーキットでも楽しみたいのか、はたまたサーキット専用なのかという方向性を決め、費用を含めご自身に合った効率的なカスタムを進めて行きましょう。

それならどこから手を入れたら良いのでしょうか?
今回は街乗り仕様のライトなチューニングを例に、順を追って紹介します。
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

オシャレは足下から。S660カスタムもまずはホイール交換から!

人も車もオシャレは足下から。
まずはホイールを選びましょう。

ホンダS660のKカーらしい軽快でスポーティなイメージを醸し見た目を引き締めるだけではなく、アルミホイールを装着することでバネ下の軽量化も果たします。

バネ下の軽量化は、実重量の4倍以上の効果があると言われており、全ての性能の向上に寄与します。

燃費の向上や加速性能の向上が大きく変わるポイントで、燃費に関しては運転の仕方によるところが大きいですが、間違いなく向上するでしょう。

ホンダS660におすすめのホイールはこちら!

S660.COM BEAT BM8 MICRO SPORTS
出典 : http://www.s660.com/

S660の発売と共に誕生したパーツメーカーから発売されているのは、まさにS660の為のホイールです。

サイズの最適化は勿論のこと、ドレスアップにも最適な7色のカラーバリエーションを実現。

また、メッシュデザインのホイールフェイスはスポーティさだけではなくホイールカラーによっては高級感も感じられる万能ホイールとなっています。
 

クルマをしっかり止めよう!S660にオススメのブレーキパッド。

当たり前の事ではありますが、止まらない車は危険です。
今回は中古車での購入を前提に紹介していますし、やはりブレーキパッドは新品で良いものに換えておいた方が良いでしょう。

ブレーキパッドを交換するならローター交換をする良いタイミングでもあります。消耗度合いによってはローターも交換をオススメします。

ライトチューンの場合、ブレーキパッドの交換だけでも充分な制動力を確保できるでしょう。

ホンダS660におすすめなブレーキパッドはこちら!

Modulo スポーツブレーキパッド
出典 : http://www.honda.co.jp/

コントロールしやすいブレーキフィールと耐フェード性を実現し、様々な走行シーンに対応します。

ホンダディーラーで購入できる事も嬉しいポイントです。

[許容温度:常温域~600℃]

ここまでやって、もっと走りに拘りたい方はLSD等の駆動系のチューニングを行っていく事をオススメします。
 

ホンダS660のハンドリングを改善&ローダウンでカッコ良く!車高調をセレクト。

早くエアロパーツを付けて、分かり易く見た目のカスタムをしたくなってしまったり、マフラーを交換したりエンジンルーム内のパーツを選んでパワーアップを施したくなるかもしれませんが、もう少しの辛抱を。

軽自動車でありながらスポーツカーであるS660にはキビキビとしたハンドリングを求めたいところ。
更に車高ダウンによるカッコいい見た目を手に入れるためにも、車高調 / サスペンションを変えてみましょう。

ホンダS660におすすめな車高調はこちら!

HKS HIPERMAX Ⅳ GT
出典 : https://www.hks-power.co.jp/

スポーツ走行における操作性とストリートでの乗り心地をブラッシュアップした新世代スポーツサスペンションです。

ストリートでの快適性やスタイリッシュ性を追求した車高調ですが、走りの性能も充分備えています。

普段の足がメインで疲れない様、出来るだけ快適に、同乗者への気遣いはしたくない、ギャップに気遣いはしたくない方や、ローダウンを追及される方にお薦めのサスペンションキットです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ホンダS660をもっとカッコ良く!いよいよエアロパーツ!

大人びたスポーティなイメージか、Kスポーツカーをレーシーでアグレッシブなイメージに仕上げるのか。

お気に入りのデザインを見つけて、S660のスタイルアップを実現しましょう!

ホンダS660におすすめなエアロパーツはこちら!

Kansai SERVICE S660
出典 : http://www.kansaisv.co.jp/index.html

スタイリッシュなエアロパーツが特徴なKansaiサービスのS660。
ノーマルのデザインを活かしつつ、やり過ぎずシンプルなイメージに仕上がっています。

また、素材にカーボンを用いる事でさりげなくスポーティさを醸し、インパクトに残るような見た目となっています。
 
 

見た目も音も重要です。S660カスタムも次はマフラー!

エアロパーツを交換したら、ノーマルマフラーのままではリアビューのバランスがおかしくなってしまうので、マフラーを交換しましょう。

使用しているエアロパーツによっては使用できないマフラーもあるので注意が必要です。

また、適度なパワーアップも図れるので、パワー系カスタムの最初の一歩としても良いでしょう。

排気サウンドにも拘って選びたいところです。

ホンダS660におすすめなマフラーはこちら!

出典 : https://www.blitz.co.jp/

鏡面仕上げによる上質な輝きと高い耐久性を誇るSUS304製ステンレスマフラーです。

新開発のチタンカラーテールが採用されており、レーシーなリアビューを演出。
また、ブリッツ独自の特殊塗装技術で、チタニウムの焼け色と遜色の無い鮮やかなブルーグラデーションを実現しています。

車種別に専用設計された、こだわりのパイプレイアウトとサイレンサーサイズとすることで、最大限の性能アップを実現します。

予算に余裕があったり、もう少し手を加えたい方は、エキマニなどに手を加えるのもアリだと思います。
 
​​​​​​​


 

S660オススメのエアクリーナーは、赤い毒キノコ!?

エアクリーナーは純正の場合、ボックスの中のフィルターが空気を浄化し、砂埃など細かいゴミを取り除いて、綺麗な空気をエンジンに送り込みます。

しかし、純正エアフィルターは浄化作用に特化しているので、空気の流入効率を悪くしている部分があります。

そこでメーカーは、高い浄化性能を持ちつつ、スムーズな空気の流入を考えたエアクリーナーやエアフィルターを開発しています。

ホンダS660におすすめなエアクリーナーはこちら!

Kansai SERVICE サクションパイプキット
出典 : http://www.kansaisv.co.jp/index.html

気持ち高ぶる吸気音とともにペダルに呼応する痛快フィールを確立。

走りにこだわって開発されたS660でも、ノーマルの吸気システムではエンジン性能を出し切れない状態ですが、ポテンシャルアップを目指しサクションパイプも含めたKansaiサービスは理想の吸気システムを構築しました。

キットには集塵性能と吸気効率を高次元でバランスさせたHKSスーパーパワーフローRDを採用し、吸気抵抗を抑えるアルミ製サクションパイプとエンジンルームの熱影響を抑制するヒートプレートをマッチング。
フレッシュエアの安定供給を確立するだけでなく、雨天走行を考慮してレインガードも装備しました。

もちろんタービン交換時だけでなく、ノーマル~ブーストアップ仕様でも出力・トルクの向上を確認しています。

痛快な走りを引き出すスパイスとして気軽に愛車へ加えてみてください。


 
会員登録すれば500ポイント付与

ホンダS660の走りを内側から楽しくする。内装カスタムも忘れずに!

ここまでは外観に関係するアイテムや、走りを改善するアイテムを紹介してきましたが、内装に手を入れる事もカスタムと言えます。

家族と旅行に出かけたり、友達や恋人を乗せてドライブに行くとき、やはり車内が美しく、乗り心地が良い方が喜ばれますよね?

運転席がカッコ良ければ、それだけでテンションも上がります!

ホンダS660におすすめな内装アイテムはこちら!

出典 : http://www.s660.com/

純正ステアリングをベースに本革+ヨーロピアンステッチで製作されたステアリングです。

グリップ部は耐久性や質感、握った時の肌触りや機能性を検証し、TORAYの新素材「ウルトラスエード」が使用されています。

ウルトラスエードは鮮やかな発色・色褪せに対する耐久性能を両立し、自動車メーカーでもシート生地として純正採用されている素材です。

その拘りとクオリティの高さが魅力のパーツです。
 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はホンダS660における中古車購入〜カスタムの順番をまとめましたが、必ずしもこの順番で行わなければならない、という事ではありません。

Garageには他にもS660のカスタムのヒントが沢山載っているので、是非見てみてください!
 

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!