ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
日産S13シルビアは何がスゴいの?カスタムやドリフトからデートまでこなす!!

日産S13シルビアは何がスゴいの?カスタムやドリフトからデートまでこなす!!

1988年にデビューしたS13シルビアは1980年代後半、既に小型5ナンバーサイズのFRスポーツクーペは姿を消しつつありましたが、数少ない生き残りの1台として登場。

スタイリッシュなデートカーを作るのに適していたという理由でたまたまFRになりましたが、後にカスタムベースやドリフトも容易なスポーツカーとして人気を博することになります。

スポーツカーとして愛されたS13

S13シルビアPhoto:Javo Alfaro.

ダットサン フェアレディのクローズドボディ版だった初代、北米向けビジネスクーペとして作られた2代目、エンジンに恵まれてスポーツ性が増した3代目と4代目。

時代に応じて用途や目的を微妙に変えてきた日産 シルビアでしたが、5代目はスポーツカーの役割に加え、ホンダ プレリュードに対抗するデートカーとしての役割がメインとなりました。

当時流行していたボンネットの低いロングノーズ・ショートデッキデザインを採用するにあたり、当時の日産ではブルーバードなど2リッタークラスのFF車では実現が難しかったことから、旧来のFR(フロントエンジン・後輪駆動)レイアウトを採用します。

結果、「アートフォース・シルビア」のキャッチコピー通り近未来的なデザインでデートカーとして大成功。

同クラスのトップに君臨していたプレリュードを追い落とす大ヒットとなりました。

しかし、同時に当時5ナンバーサイズのFRスポーツカーが激減していたこともあって、ピュアスポーツカーとしても人気作に。

結果的に最後のモデルとなったS15に至るまでの「ドリフトも容易なFRスポーツ、シルビア」の原型となり、2017年現在でも未だに現役で使われる、息の長いスポーツカーとなりました。
 

S13のカスタム事情

カスタムやドリフトユーザーを中心に現在でも人気車種であるS13。

コンパクトな5ナンバーボディなど、カスタムとの相性もバッチリですね。

S13はカスタムとの相性もバッチリ!カスタムを施すことでその印象を更に高めることが出来たり、エアロパーツを自分好みにカスタムすればドライブするのもより一層楽しくなります!

モタガレがS13のカスタムに是非おすすめしたい、厳選されたカスタムパーツをご紹介します!


S13 シルビア
@Motorz

S13に似合うホイールは?

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

S13シルビアにピッタリなホイールをご紹介します。

大阪のホイールメーカーであるWORKのホイールブランドの「WORK EMOTION」から「CR kiwami」をご紹介します。

WORK  WORK EMOTION CR kiwami

S13  シルビア出典:https://www.work-wheels.co.jp/

スタンダードで飽きの来ないツインファイブスポークにより、スタイリッシュにスポーツ性を主張します。

また、スポークの1本1本が細くシャープな形状のため、軽快な足元の印象を車に与えます。

ドリフトなどのモータースポーツシーンでも人気を博しています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

S13のインテリアカスタム

ホイールでクルマの足元のオシャレを演出したら、愛車のインテリアをドレスアップしてみませんか?

モータースポーツでも人気があるS13シルビアは、シートを交換する事で、車内をレーシーに彩ることが出来る上に、しっかり体をホールドしてくれるのでよりドライビングが楽しくなります。

今回はS13シルビアにオススメのセミバケットシートをご紹介します。

SPARCO  sparco リクライニングシート R100 

出典:http://www.sparco-japan.com/

SPARCOのコンパクトな本格派リクライニングシートです。

スタイリッシュかつ、スポーティながら座面サイドを低く設定し、スポーツ車はもちろん、ミニバン・ワゴン車に装着しても乗り降りしやすい製品です。

座面の厚みを薄くしながらも乗り心地とホールド性を重視。

S13シルビアの車内にもジャストフィットします。

 

S13のエアロパーツ

カスタムの醍醐味と言えば、エアロパーツ/ボディキットによるドレスアップです。

S13シルビアはエアロパーツを交換すると大きく印象が変わるのがポイント!あなただけの個性を発揮しましょう!

S13シルビアにおすすめのエアロパーツ/ボディキットをご紹介します!
 

Spirit玲 S13 フルエアロシステム"雅"A+B+Cセット

出典:http://www.spirit-rei.com/index.php?S13%20%E9%9B%85%E3%80%80MIYABI

Spirit玲製のS13用”雅”(A+B+C)セットです。

こちらのエアロセットは、Fバンパー(A)、Sステップ(B)、Rバンパー(C)の3点セットになります。

セットで装着することで、統一感のある仕上がりを実現します。
 

Fバンパー(A)

出典:http://www.spirit-rei.com/index.php?S13%20%E9%9B%85%E3%80%80MIYABI
※画像はカーボンフィン仕様になります

Spirit玲製のS13用フロントバンパーです。

純正バンパーを丸ごと取り外し、交換するタイプの為、大きくイメージチェンジを図ることができます。

※画像は汎用ディフューザー神風(フロント第参型・サイド第壱型)が装着されています。
 

Sステップ(B)

出典:http://www.spirit-rei.com/index.php?S13%20%E9%9B%85%E3%80%80MIYABI

Spirit玲製のS13用サイドステップです。

大きめのサイズで作られているため、S13のワイド感を強調することができます。

※画像は汎用ディフューザー神風(フロント第参型・サイド第壱型)が装着されています。
 

Rバンパー(C)

出典:http://www.spirit-rei.com/index.php?S13%20%E9%9B%85%E3%80%80MIYABI
※画像はハーフカーボン仕様になります

Spirit玲製のS13用リアバンパーです。

ディフューザーがデザインされ、攻撃的なリアビューへと変貌させます。
 

S13の車高調

ホイールを交換し、エアロパーツを組んだら、次はローダウンスプリングによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンによるものが挙げられますが、今回はS13シルビアにおすすめの車高調キットをご紹介します!
 

BLITZ DAMPER ZZ-R

トータルチューニングパーツメーカーとして広く知られているBLITZ(ブリッツ)。

エアロパーツやマフラー、ターボキットなどクルマを速くするためのパーツはもちろん、スロットルコントローラーやメーターなど、機能性を重視したチューニングパーツも幅広い車種で取り揃えています。

今回ご紹介するブリッツの車高調キット、「DAMPER ZZ-R」も、様々な車種に対応していることが特徴で、S13にも装着可能です。

出典:https://www.blitz.co.jp

単筒式構造採用の全長調整式サスペンションキットながら、リーズナブルな価格を実現した、コストパフォーマンスの高いサスペンションです。

出典:https://www.blitz.co.jp

32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。

ストリートからサーキットまで、あらゆる走行シーンに対応します。
 
会員登録すれば500ポイント付与

S13のマフラー

MT車のエントリーモデルともいえるS13シルビアで絶対に外せないのがマフラー交換ですね。

SR20エンジンのサウンドを楽しむためにもマフラー交換はオススメです。

パワー系カスタムの第一歩として、オススメのS13シルビア用マフラーをご紹介します。
 

BLITZ NUR-SPEC RX

出典:https://www.blitz.co.jp/products/exsystem/nur_rx.html

NUR-SPEC Rの後継モデルとして登場したRX。スポーツモデルのフラッグシップです。

ニュルスペック伝統の刻印は継承し、高級感と引き締まったリアビューを演出するφ115スラッシュカットのデザインテールが特徴。

新JASMA基準適合品のため、基本的に車検も問題なくクリアします。

S13シルビアの特徴・特色

S13シルビアの特徴・特色をご紹介します!!
S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

新車販売当時はデートカーだった?

S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

後に代表的ドリフトマシンとなる運命からは考えにくいことですが、1988年デビュー当時のS13シルビアはスポーツカーというより、たまたまFRレイアウトを採用していたスタイリッシュなデートカーでした。

1993年までの販売期間、そして後継のS14シルビア前期まで一貫しており、グレードの追加や整理にあたっても、デートカーとして快適装備の充実や内外装のデザイン変更が前面に打ち出されています。

「ダイヤセレクション」「クラブセレクション」など追加グレードもこうしたデートカー路線に沿ったもので、例えば装備を簡素化したJ'sをターボ化するような、走りを意識したグレード追加が行われることは無く、かえってJ'sはモデル末期に廃止されたほどです。

S13シルビアが現在のように「小型FRスポーツの代表作」であったり、基準となるのは、むしろ生産終了後に盛んになったのです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

後期にはエンジンやHICASが進化

S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

デートカー路線で売り出す一方、後輪マルチリンクサスペンションの採用などで路面追従性に優れ、HICASによる旋回性能の高さなど、元々高かったスポーツカーとしての性能もマイナーチェンジでかさ上げされています。

もっとも変わったのはエンジンで、1991年1月以降の後期型ではNA、ターボともに1.8リッターのCA18DE / CA18DETから、2リッターのSR20DE / SR20DETへ変更。

排気量アップで最高出力・最大トルクともに向上しており、エンジンラインナップは後のS15まで不変です。

また、一部グレードに採用されている日産独自の4WS(4輪操舵機構)「HICAS」も、同時にHICASIIからSUPER HICASへと進化。

センサーの変更などで、ドライバーの意志を反映したより複雑な制御を可能としており、中低速域で一瞬逆操舵を行う「位相反転制御」を採用して、ステアリングレスポンスを高めています。
 

シルビア初のオープンカーも設定

S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

デビュー直後には、ターボ車のK'sをベースにソフトトップ(幌)の4人乗りオープンカーに改装した「コンバーチブル」も設定されていました。

ベースのK's(4速AT)が新車価格197.8万円だったのに対して325.2万円と高価なモデルでしたが、当時はスズキ カルタスやマツダ ファミリア、RX-7(FC3C)などオープンモデルを追加する例が多く、S13シルビアも一例のウチです。
 

S13シルビアのライバル車

S13シルビアのライバル車とは?

ホンダ プレリュード(3代目BA4 / 5 / 7)

S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

2代目AB / BA1の大ヒットで、当時の典型的2ドアクーペデートカーだったのがプレリュード。

S13シルビアの目指した「低く長いボンネットのロングノーズ・ショートデッキスタイル」をFF車で実現しており、リトラクタブルライトも含めて当時としては格段にスタイリッシュな車でした。

低いボンネットを実現するためエンジンを傾けて搭載するなどデザインに苦心した車で、3代目もキープコンセプトでS13シルビアのデビューまでは圧倒的な人気を誇っていたのです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

マツダ FC3S / FC3C RX-7(2代目)

S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

クローズドボディのFC3S、オープンボディのFC3Cともに、デートカーとしてもスポーツカーとしてもS13シルビアのライバルだったのが、ロータリースポーツのマツダ RX-7。

歴代RX-7の中ではロータリーエンジン車らしいボンネットの低さがあまり目立たず、ポルシェ944にも似たスタイルでスポーツ性というよりラグジュアリー性が高まったモデルでしたが、後に動力性能が向上、S13同様に小型FRスポーツの典型例となります。
 

トヨタ ST180系 セリカ(5代目)

S13シルビア出典:https://ja.wikipedia.org/

WRCでの活躍も目立ったセリカですが、ST165セリカGT-FOURが映画「私をスキーに連れてって」劇中で猛烈な雪上走行をアピールしたことにより「冬の定番デートカー」となったほか、通常のFFモデルも高い人気を誇りました。

後継であるST180系もリトラクタブルライトや流線型ボディを継承、さらに曲面を多用したスタイルでFFモデル、GT-FOURともにヒット作となっています。
 

S13シルビアとライバルの中古価格は?

S13シルビア出典:http://nissan-heritage-collection.com/
S13シルビア
中古車相場価格:35~198万円

ライバル車のお値段は?

ホンダ プレリュード(3代目BA4 / 5 / 7)

中古:-

マツダ FC3S / FC3C RX-7(2代目)

中古:49~328万円

トヨタ ST180系 セリカ(5代目)

中古:22.2~198万円
 

会員登録すれば500ポイント付与

S13シルビアの代表的なスペック

S13シルビア出典:http://nissan-heritage-collection.com/
日産 S13シルビア K’s(後期型) 1991年式
全長×全幅×全高(mm):4,470×1,690×1,29
ホイールベース(mm):2,475
車両重量(kg):1,150
エンジン仕様・型式:SR20DET 直列4気筒DOHC 16バルブ ICターボ
総排気量(cc):1,998cc
最高出力:205ps/6,000rpm
最大トルク:28.0kgm/4,000rpm
トランスミッション:5MT
駆動方式:FR

S13の前後のモデルとの違い!?

S13シルビア、前後のモデルとの違いとは?
S13シルビア出典:http://www.nissan.co.jp/

6代目 S14シルビア(1993~1998年)

S13シルビア出典:http://www.nissan.co.jp/

前期まではS13から引き続きデートカー路線を狙ったもののバブル崩壊やデートカーの流行がRV(クロカン4WD)などに移ったことで、後期以降はスポーツカー需要がメインになったのがS14です。

前期はS13同様曲面を多用したエレガントなデザインながら、デートカーとしてより豪華路線で当時流行りの3ナンバーボディ化を果たしており、S13より見た目でもかなり大型化しています。

後期では走りをイメージしてヘッドライトなどを中心に角ばったシャープなデザインとなり、戦闘的なスタイルに変わりました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

4代目 S12シルビア(1983~1988年)

S13シルビア出典:http://www.nissan.co.jp/

歴代シルビアの中では比較的印象の薄いS12ですが、リトラクタブルヘッドライトの採用や、スカイラインRSと同系統(ただしターボにはインタークーラー無し)のFJ20エンジンを搭載するなど、今思えば過激なコンパクトFRスポーツでした。

特にFJ20搭載型ではエンジンの高さの問題でボンネット上にバルジを設けてスペースを確保しており、苦肉の策が逆にデザイン上のアクセントになっています。

なお、3代目のS110シルビアから引き続き2ドアクーペと3ドアハッチバックがラインナップされていますが、S13が2ドアクーペのみだったことから、販売サイドからの要求で急遽3ドアハッチバック版240SXを「180SX」名で日本にも導入しました。

意味ではS13シルビアがS12シルビア2ドアクーペの、180SXが同3ドアハッチバックの後継車ということになります。
 

S13シルビアまとめ

デートカーとして生まれ出て、宿敵ホンダ プレリュードのブームを終わらせた立役者、S13シルビア。

しかしむしろ販売終了後に小型FRスポーツの激減、ことにパワフルかつ5ナンバーサイズのFRスポーツが、2台後のS15シルビア以外に事実上存在しなかったことで、真価を発揮することになりました。

デートカーとしてヒットしたことから販売台数が多かったので、エントリースポーツとして長く現役で使われ、2017年現在も未だにドリフトや走行会で走り続けています。

販売当時と終了後の再評価で、これほど運命が変わった車も珍しいのではないでしょうか。

以後、国産FRスポーツはいくつか登場しましたが、「S13シルビアの再来」を求める人が今でも絶えません。

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!