ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
高級ミニバンの代名詞トヨタ30ヴェルファイア、他車と比較して見えた魅力とは

高級ミニバンの代名詞トヨタ30ヴェルファイア、他車と比較して見えた魅力とは

トヨタの高級ミニバン、アルファードの若者などアグレッシブなデザインを好むユーザー向けネッツ店取り扱いモデルとして登場した兄弟車ヴェルファイア。

2015年に30ヴェルファイアへのモデルチェンジでアルファード同様の改良を受け、引き続きメッキパーツを多用した迫力あるデザインで、アルファードとともに高級ミニバンの人気を2分する存在となっています。

アルファードのアグレッシブ版、30ヴェルファイア

出典:http://toyota.jp/

ヴェルファイアはトヨタがラインナップしているミニバンの中でも、メッキパーツを多用するなどアグレッシブなデザインを好むユーザー層向けの高級ミニバンで、ポジション的にはヴォクシーの上位版になります。

基本的なボディやメカニズムはアルファードと全く共通で、そもそもはアルファードのネッツ店取り扱い車、アルファードVでしたが、若者向け販売店であるネッツのユーザー層に合わせてデザインを大きく変更、2008年にヴェルファイアとして再出発しました。

アルファードと比較すると内外装ともに高級感を重視したアルファードとは異なり、削り出した金属のようなデザインを多用しているのが特徴。

高級ミニバンに決して落ち着きだけを求めないユーザー層も多く、若々しくパワフルな印象を与える大型ミニバンとして、アルファードと人気を2分しています。
 

30ヴェルファイアの特徴・特色

出典:http://toyota.jp/
 

基本メカニズムとその進化はアルファードと同様の安心感

出典:http://toyota.jp/

元来がアルファードをベースにイメージのみ大きく変化させた兄弟車なので、そのメカニズムや基本装備、グレード構成などもアルファードと同じです。

2代目への進化にあたってはリアサスペンションをトーションビームからダブルウィッシュボーンに変更、ボディ剛性も大きく向上したことで、車格に応じた走りの質感を得ました。

ハイブリッドモデルのエンジン変更等による燃費向上や、2.4リッターガソリンエンジン仕様にアイドリングストップ機能を標準、あるいはメーカーオプションで設定した点も同様です。

フロアの低床化で車高を下げつつ室内高を先代同様に確保した点については、アルファードにおける使い勝手の向上に加え、ヴェルファイアでは車高が下がったこと自体がデザイン上でプラスに働いています。

基本的なグレード構成は最上位の3.5リッターガソリンモデル、買い得感の高い2.5リッターガソリンモデル、2.5リッターハイブリッドモデルの3種類。

最上級グレードの「Executive Lounge」は3.5リッターガソリンと、2.5リッターハイブリッド車に設定されています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

2段式ヘッドライトなどエクステリアデザインの個性は健在

出典:http://toyota.jp/

ヴェルファイアのデザイン上最大のポイントであり、その個性でもある上下分割式の2段式ヘッドライトは2代目30ヴェルファイアでも健在。

同じくネッツ店で販売する中級ミニバン、ヴォクシーと同じデザインテイストでさらに高級感を高めており、ヴォクシーのユーザーがさらに大きなミニバンを求める際の受け皿となっています。

その点から「アルファードの兄弟車」というより「ヴォクシーの高級版」というべきポジションにあるミニバンで、ヴィクシーよりフロントグリルやリアガーニッシュでより広範囲にメッキを多用するなど、上級ミニバンとして差別化しているのが特徴です。
 

インテリアもヴォクシー上級版として高級感を演出

出典:http://toyota.jp/

高級ミニバンとして内装の質感はアルファード同様の高級感を高めたデザインを採用しています。

グレードにより、茶木目調デザインの間に金属的な輝きを持たせたり、下地にホログラム層を初めて採用した黒木目調ではダークカラー基調とするなど違いはありますが、基本的にはヴォクシーの延長線上デザインをアルファード同様のクオリティで実現。

高級ミニバンに乗りつつも、アグレッシブな雰囲気のままでありたいユーザー向けとなっています。
 

30ヴェルファイア・ライバル車との燃費比較

出典:http://toyota.jp/

30ヴェルファイア

3.5リッターガソリン車:9.5km/L(4WDは9.1~9.3km/L)

2.5リッターガソリン車:11.4~12.8km/L(4WD車は12.0~12.4km/L)

2.5リッターハイブリッド車:18.4~19.4km/L


ライバル車の燃費性能は?

日産 E52エルグランド

出典:http://www2.nissan.co.jp/

3.5リッターガソリン車:9.4km/L(4WDは9.0~9.2km/L)

2.5リッターガソリン車:10.8km/L(4WDは10.2~104km/L)
 

ホンダ RC1 / 2 / 4オデッセイ

出典:http://www.honda.co.jp/

2.4リッターガソリン車:13.4~14.0km/L(4WDは12.8~13.0km/L)

2リッターハイブリッド車:24.4~26.0km/L
 

三菱 CV1 / 2 / 5W デリカD:5(ローデスト含む)

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

2.4リッターガソリン車(4WD):10.6km/L

2リッターガソリン車(2WD):13.0km/L

2.3リッターディーゼルターボ車(4WD):13.0km/L
 

会員登録すれば500ポイント付与

30ヴェルファイアの新車価格・中古相場価格は?

出典:http://toyota.jp/

トヨタ 30ヴェルファイア

新車価格

319万7,782~703万6,691円

中古車相場

293~759.8万円


ライバル車のお値段は?

日産 E52エルグランド

新車:321万3,000~806万7,600円

中古車:98~549万円


ホンダ RC1 / 2 / 4オデッセイ

新車:289万2,840~405万6,400円

中古車:148~429.8万円


三菱 CV1 / 2 / 5W デリカD:5(ローデスト含む)

新車:240万8,400~429万8,400円

中古車:39.8~379.9万円
 

30ヴェルファイアの代表的なスペック

出典:https://ja.wikipedia.org/

トヨタ AYH30W ヴェルファイアハイブリッド エクゼクティブラウンジ 2016年式

全長×全幅×全高(mm):4,930×1,850×1,950

ホイールベース(mm):3,000

車両重量(kg):2,220

エンジン仕様・型式:2AR-FXE 直列4気筒DOHC16バルブ ハイブリッド

総排気量(cc):2,493cc

最高出力:152ps/5,700rpm

最大トルク:21.0kgm/4,400~4,800rpm

モーター仕様・型式:2JM 交流同期電動機(フロント)・2FM 交流同期電動機(リア)

最高出力:143ps(フロント)・68ps(リア)

最大トルク:27.5kgm(フロント)・14.2kgm(リア)

トランスミッション:電気式無段変速

駆動方式:4WD
 

30ヴェルファイア 30アルファードとの違い

どちらもド迫力のフロントデザインは、ヴェルファイアが2分割ヘッドライト

出典:https://ja.wikipedia.org/

トヨタの高級車全般が、クラウンに見られるように「大型でド迫力フロントグリル」というレクサスと形は違えど同じような路線になりつつあるのと同様、30アルファードも大型メッキグリルを採用しています。

そのため、「雰囲気上の差別点」は先代ほどではなくなっているのですが、大型メッキフロントグリルの目立つアルファードに対し、ヴェルファイアはフロントバンパーにまでメッキパーツを多用して「とにかくキラキラ光る部分が多い」のが特徴です。
 

出典:https://ja.wikipedia.org/

また、デザインアイデンティティとしてヴェルファイアのヘッドライトは上下2分割なので、前から見るとそこが一番の区別点となります。
 

リアの区別点はヴェルファイアがクリアテール

出典:https://ja.wikipedia.org/

リアから見てもフロント同様、今はアルファードもメッキパーツが目立ちますが、基本的な区別点はアルファードのテールランプは赤いのに対して、ヴェルファイアはクリアテールなこと。
 

出典:https://ja.wikipedia.org/

もちろんアルファードにもカスタムでクリアテール化したものはあるでしょうが、最初からカスタム仕様なのがヴェルファイアだと思えばいいかもしれません。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

保守層向けのアルファードに対し、躍動感やダイナミックさといった表現の似合うヴェルファイア。

全く同じメカニズムでボディも共通でありながら、デザインでこれだけ雰囲気を変えて多様なユーザー層に対応可能なのがトヨタの強みと言えるでしょう。

この下のクラスでノア / ヴォクシー / エスクァイアといった、やはり同じ車でデザイン違いのミニバンがありますが、それらのユーザーが「もっと大きい車に乗りたい」と考えた時に、それを叶えるトヨタのミニバン戦略には死角がありません。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!