ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
スバルWRX S4(VAG)最新のおすすめカスタム/チューニングパーツまとめ

スバルWRX S4(VAG)最新のおすすめカスタム/チューニングパーツまとめ

2014年に発表されたスバルWRX STI。
かつてインプレッサのスポーツグレードを意味し、その強烈なイメージを人々の心に植え付けた3文字のアルファベット「WRX」が冠されたこのクルマ。

トップグレードである「WRX STI」と見た目は殆ど変わらず、とてもスポーティな装いでありつつも、スバルの安全装備であるEyeSightを標準装備したり、日常での使用に優れているのがWRX S4です。

発売から3年程の時が経ち、各ショップによるカスタム・チューニングが施され、様々なカスタムパーツがリリースされています。
本記事ではそんなスバルWRX S4(VAG型)の中古車購入からストリート仕様のライトなカスタムの手順や方法、おすすめパーツを紹介します。

スバルWRX S4ってどんな車?

出典 : https://www.subaru.jp/

いつの間にか、と言える鮮やかさで「インプレッサWRX STI」から「WRX STI」に変わっていたのは3代目インプレッサの時。

その時は正式車名はそのままに呼び方を変えただけでしたが、4代目インプレッサからは完全に本来の実用乗用車へ専念し、WRX系は完全に独立系車種として開発した上で、北米を主要市場として大型化の進んだレガシィB4の日本版後継車という性格も持たせました。

つまり、大きくなりすぎたスバルのスポーツワゴンを小型化して補完する存在としてデビューしたステーションワゴン「レヴォーグ」のスポーツセダン版がWRXと考えると良いでしょう。

その中で日本だけでなく国際市場向け高性能スポーツセダンがVAB型WRX STI、日本向け中型スポーティセダンがWRX S4です。

STIはドライバーのスポーツマインドをくすぐる仕様。
トランスミッションは6速MTのみとなり、スバルの安全機能であるEyeSightの搭載は無し。
4WDシステムにも違いがあり、こちらはドライバーが任意に前後駆動配分を変更できたり、サイドブレーキを引いた時に後輪への駆動を瞬時にカットできるDCCD(ドライバーズコントロールデフ)が組み込まれています。

一方、S4はその血縁関係にあることを誇りとしつつも、あくまで「目的地まで速く安全・快適に移動する」ための車であります。
トランスミッションはCVTのみの設定。もちろんEyeSightは標準装備されています。
4WDシステムには今やオーソドックスと言える電子制御式可変トルク配分システム、VTD-AWDを使用しています。

【スバルWRX S4】中古車相場は?

出典 : https://www.subaru.jp/

スバルWRX S4の中古車は253万8000円〜532万円で購入できるようです。

新車価格である334万8000円〜356万4000円より高い車両があるのは、エアロパーツなどが最初から装着されていたり、限定仕様の車両が存在するからです。

WRX S4は発売から3年ほどしか経っていないので、価格的にはそれほどお得感は無いかもしれませんが、車体を少しでも安く購入して、浮いた費用をカスタムに充てるのはいかがでしょうか?
 

【スバルWRX S4中古車】購入時に気をつける点は?

出典 : https://www.subaru.jp/

では、そんなスバルWRX S4を中古で購入する際、どのような部分をチェックしたら良いでしょうか?

1.車両のグレード
スバルWRXには前述の通り、STIとS4が存在し、見た目は同じでも中身は全く異なります。事前にお好みのグレードを調べましょう。

2.走行距離
中古車を見る場合に気になるのは走行距離ですが、スバルWRXの場合販売開始から3年ほどしか経っていないので、大体の車両の走行距離は2万km前後となっており気になるほどの過走行車は少ないです。

3.修復歴や車体の傷
細部までよく見て、車体にダメージがないか、修理したような痕がないか、板金による色の違いなどがないか、しっかりチェックしましょう。

ボンネットやフェンダー、バンパーなどの隙間が均等かどうかもチェックしましょう。
均等でない場合、交換した事があったり、ボディーに歪みがある可能性があります。

ちなみに、修復歴として記録されるのは主にフレームなどの重要な部分に関しての交換や修正です。
単にへこみを直したからといって修復歴有りとされるわけではないことに注意が必要です。

4.整備やエンジンの状態
きちんと整備が行われているか、エンジンに異常がないかを調べるのも当然ながら大切です。
エンジンルーム内の消耗品や整備記録をチェックし、気になる点があればどんどん質問しましょう。

エンジンその物のチェック点としては、スムーズにかからなかったり、アイドリング時に異音がしたり、振動が大きかったり、排気に異変が無いかなどが挙げられます。

また、スバル車の特徴でもある水平対向エンジンはオイル漏れを起こしやすい構造なので、メンテナンスを怠っている中古車であった場合その可能性がゼロとは言い切れないので要注意です。

5.内装
スバルWRXは比較的新しい車なので、そこまでのダメージは無いかもしれませんが、前のオーナーによって車内が汚れていたり、インパネ周りが傷ついていたりするかもしれません。
折角購入するなら、綺麗な状態の物を購入したいものです。


あこがれのスバルWRXを購入しても、すぐに走らなくなってしまったり、修理しなくてはいけなくなって余計な出費が重なってしまったら勿体ないし、その費用をカスタムに回した方がよっぽど良いのではないかと思います。
 
会員登録すれば500ポイント付与

【スバルWRX S4中古車】購入後の楽しみ方

カッコいい車に乗りたい!?

出典 : https://www.subaru.jp/

突然ですが、皆さんがマイカーを手に入れたらどのような事をしたいですか?

ドライブやデート、普段のちょっとした買い物から旅行など、色々な楽しみ方が思い浮かびますが、どうせ乗るなら外観も内装も走りも、カッコ良かったり、乗り易かったりした方が良いですよね?

そんな時、各メーカー/ショップがリリースしているアフターパーツを取り付ける事で、車をご自身の好みに合わせたカスタムをする事ができます。

WRX S4は前述の通り、「目的地まで速く安全・快適に移動する」ための車とはいえ、やはりそのスポーティな見た目に合うエアロパーツやホイールを装着したり、走りをもっと快適にするパーツを装着して楽しみたいものです。

【スバルWRX S4 カスタム】どこからカスタムしたら良いの?

むやみやたらに思いつくパーツや高価なパーツを端から付けて行っても、車としてのバランスを崩し逆にWRX S4の良さを失ってしまいます。

費用を含めご自身に合った効率的なカスタムを進めて行きましょう。

それならどこから手を入れたら良いのでしょうか?
順を追って紹介します。
 

【スバルWRX S4ホイール】オシャレは足下から!まずはホイール選び。

人も車もオシャレは足下から。
まずはホイールを選びましょう。

足下のバランスが決まれば、カスタムの方向性も見えてくるのではないでしょうか。

スバルWRX S4におすすめのホイールはこちら!

ENKEI PF01 EVO
出典 : http://www.enkei.co.jp/

タイムアタックからドリフトまで、サーキットランユーザーにとってポピュラーな17インチ、18インチでのタイヤサイズの使用を前提に、その性能を最大限まで発揮させるリム幅を設定。

また、オーバーフェンダー装着車両への装着も想定し、最小インセットは0㎜から設定し、トレッド幅セッティングに幅広い自由度を持たせました。

製法にはENKEI独自の「MAT PROCESS」を採用する事によりスポーツホイールにふさわしい軽重量と高剛性を高次元で両立しています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

【スバルWRX S4ブレーキパッド】しっかり止めよう!ブレーキパッド交換。

WRX S4に家族を乗せて高速道路を走り、遠くまで出かける事もあるでしょう。

そんな時に止まらない車に乗っていたのでは、自分だけでなく家族まで危ない目に遭わせてしまう可能性もあります。

今回は中古車での購入を前提に紹介していますし、やはりブレーキパッドは新品で良いものに換えておいた方が良いでしょう。

ブレーキパッドを交換するならローター交換をする良いタイミングでもあります。消耗度合いによってはローターも交換をおすすめします。

スバルWRX S4におすすめのブレーキパッドはこちら!

PROVA スポーツブレーキパッド
出典 : http://www.prova.co.jp/index.html

初期の摩擦係数を高めることで低温時の制動力に優れ、ストリート・スポーツ走行の両方に適したスポーツブレーキパッドです。

高速から低速まで踏力に応じた制動力を発生、耐フェード性能と優れたコントロール特性を兼ね備え振動や鳴きを極力抑え、スポーツパッドとしての使い易さも追求されています。
また、純正ローターのままでも充分に効果を体感できます。

材質はノンアスベストレジンに摩擦材をブレンドしていて、ホイール汚れの原因となるダストの発生を抑制します。

また、スポーツパッドにありがちなブレーキローターへの攻撃性も抑制。
純正同等のロングライフ特性を備え、市街地走行でも扱い易く仕上げています。

低温(低速度)でも充分に摩擦力が立ち上がり、約400℃まで安定した制動力を発揮。

また踏力にも比例したコントローラブルな特性(0.30~0.45μ)も持ち合わせています。
 

【スバルWRX S4車高調】ハンドリング改善&ローダウンでカッコ良く!次は車高調をセレクト。

早くエアロパーツを付けて、分かり易く見た目のカスタムをしたくなってしまったり、マフラーを交換したりエンジンルーム内のパーツを選んでパワーアップを施したくなるかもしれませんが、もう少しの辛抱を。

ハンドリングや乗り心地を良くし、更には車高ダウンによるドレスアップ効果も期待できる車高調 / サスペンションを変えてみましょう。

スバルWRX S4におすすめの車高調はこちら!

CUSCO street ZERO A
出典 : http://www.cusco.co.jp/

乗り心地も車高も走行ステージに合わせたセッティングが可能。

アッパーマウント標準装備。全長調整式で前後減衰力40段調整が可能で、快適でソフトな乗り心地を実現する独自のCPRV(圧力適正化)バルブを採用しています。
 

【スバルWRX S4エアロパーツ】ドレスアップでカッコ良く!いよいよエアロパーツ。

街中で異彩を放つのか、はたまた大人っぽくシンプルにカッコ良くキメるのか。

お気に入りのモデルを見つけて、レヴォーグのスタイルアップを果たしましょう!

スバルWRX S4におすすめのエアロパーツはこちら!

BLITZ WRX S4
出典 : https://www.blitz.co.jp/

超大手チューニングメーカーの一つであるBLITZ(ブリッツ)のWRX用エアロパーツ。

筑波サーキットで59秒台を叩き出したVABは有名ですが、空力・スタイリング・或いは冷却といったエアロパーツに必要とされる要素を高次元でバランスした外観もその特徴の一つと言えます。

また、フロントバンパーはスバルレヴォーグにも装着できるとのことです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

【スバルWRX S4マフラー】見た目も音も重要です。次はマフラー!

エアロパーツを交換したら、ノーマルマフラーのままではリアビューが物足りなくなるので、マフラーを交換しましょう。

使用しているエアロパーツによっては使用できないマフラーもあるので注意が必要です。

また、適度なパワーアップも図れるので、パワー系カスタムの最初の一歩としても良いでしょう。

スバルWRX S4におすすめのマフラーはこちら!

HKS Hi-Power Spec L
出典 : https://www.hks-power.co.jp/

軽量をコンセプトに作られたスポーツマフラーです。

パイプ、サイレンサーなどを部品単位で軽量化されたスペックLマフラーは、重量をノーマルマフラーの約半分としました。

また、排気効率も向上しパワーアップに貢献しています。

デザインもカーボンをかぶせた新デザインテールが特徴的なマフラーとなっています。


予算に余裕があったり、もう少し手を加えたい方は、エキマニなどに手を加えるのもアリだと思います。
 

【スバルWRX S4吸気系】吸気系ライトチューンの定番!エアクリーナー、エアフィルター

エアクリーナーは純正の場合、ボックスの中のフィルターが空気を浄化し、砂埃など細かいゴミを取り除いて、綺麗な空気をエンジンに送り込みます。

しかし、純正エアフィルターは浄化作用に特化しているので、空気の流入効率を悪くしている部分があります。

そこでメーカーは、高い浄化性能を持ちつつ、スムーズな空気の流入を考えたエアクリーナーやエアフィルターを開発しています。

スバルWRX S4におすすめのエアフィルターはこちら!

HKS SUPER HYBRID FILTER
出典 : https://www.hks-power.co.jp/

フィルターに3つの機能を積層し、スポーツフィルターに求められるレスポンスと、ロングライフを高次元で両立した純正置き換えタイプエアクリーナーです。

・3層構造のフィルターを採用し、吸入空気中のダストを分別
・集塵・整流させることでスポーツフィルターに求められるハイレスポンスを実現。 ・新開発の一次積層不織布が空気中の大きなダストを、二次ポリウレタンフィルターが細かいダストを集塵するため、従来のスーパーフィルターに比べロングライフを実現しました。
・各層の接合をフレームラミネーション(熱融着)から、より通気を阻害しないネット状接着による接合に変更し、より低抵抗な乾式3層構造を確立しています。
・高剛性ダブルフレームの採用で、フレームの強度を確保し高出力にも耐えうる仕様としました。
・トップフレーム形状を見直し、より空気の通りやすい形状としました。
・セパレートシールドフレーム構造を採用。 フレーム自体を分割式とし、本体にクッション性を持たせることでゴム等のパッキンを必要とせず廃棄時の分別性を向上させました。
 

【スバルWRX S4内装】走りを内側から楽しくする。内装カスタムも忘れずに!

ここまでは外観に関係するアイテムや、走りを改善するアイテムを紹介してきました。

家族と旅行に出かけたり、友達や恋人を乗せてドライブに行くとき、やはり車内が美しく、乗り心地が良い方が喜ばれますよね?

内装に手を入れる事もカスタムと言えます。

スバルWRX S4におすすめの内装アイテムはこちら!

DataSystem スバル車用ディスプレイバイザー
出典 : https://www.datasystem.co.jp/

カーAV用品や、バックモニターなど、電子機器を中心に取り扱うショップ、データシステムが販売しているインテリアキットは、レヴォーグのインテリアの雰囲気をガラッと変えてくれるアイテム。

カラーバリエーションも豊富で、オーナーの好みに併せたデザイン変更が可能なのも魅力のひとつです。

こちらのディスプレイバイザーは、センターコンソール上部のディスプレイの上に装着するパーツ。
内装としても大きく、車外からも見えるため、ドレスアップパーツとしては非常に効果は高いです。

あわせて、ステッチの色やデザインまで選べるため、オーナーの好みに合わせた製作が可能。

また、スバル車共通パーツであるため、幅広い車種に対応してくれる嬉しいアイテムです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

いかがでしたか?

今回はスバルWRX S4における中古車購入〜カスタムの順番をまとめましたが、必ずしもこの順番で行わなければならない、という事ではありません。

Garageには他にもWRX S4のカスタムのヒントが沢山載っているので、是非見てみてください!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!