ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
アルトワークスより狙い目!?アルト・ターボRSは走りも楽しめて新車も中古車も選べる!?

アルトワークスより狙い目!?アルト・ターボRSは走りも楽しめて新車も中古車も選べる!?

アルトワークスが復活した瞬間にその役目を終えたように思われがちなアルトターボRSですが、どっこいちゃんとオススメしたい理由がありました!

そのキーワードは「安くて軽い」。

少なくともアルトワークスのAGS車を買うなら、アルトターボRSとジックリ比較検討する余地はあると思いますよ!

モタガレ
スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/
 

あえてワークスを選ばない理由がある・HA36SターボRS

スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/

2014年12月にフルモデルチェンジした8代目アルトには、その当初から「ターボモデル復活」と言われていました。

思い切った軽量化がなされた新型アルト、そこにターボが復活するというならば…そう、アルトワークスの復活です。

また、アルトワークスではなく、新型アルトの新装備、5速セミATのAGSとターボを組み合わせた「アルトターボ」の方の復活らしい…とも、最初から言われていました。

実はMTモデルをちゃんと作っているはずだ、スズキが得意とするサプライズだろうと、アルトワークス復活を信じて疑わない人も多かったのですが、実際2015年3月に発売されたのはAGSのみの「アルトターボRS」(以下、「ターボRS」)だったのです。

実際アルトワークスは9か月遅れで復活しましたが、それまでのわずかな期間ターボRSがスズキのホットモデル最頂点でした。

現在も「アルトワークスほど過激なモデルを求めない人向け」として販売は続いており、実際20万円以上安いので、かなりお得な軽ホットハッチとなっています。

 

会員登録すれば500ポイント付与

HA36SアルトRSターボの特徴・特色

新開発のR06Aターボエンジンと5速AGS

スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/

ターボRSのパワーユニットは、R06Aターボでも最大トルクやレスポンスが向上しており、アルト用に新開発された最新版。

同様に5速AGSもNAのアルトで採用されたものとは1~4速のギア比がクロス化しているほか、ファイナルも加速重視に変更されています。

燃費重視でAGSを採用したNA版のアルトと違い、走りを重視した仕様のAGSとなっており、これは変速プログラムを若干高速化した上でアルトワークスのAGS版にもそのまま採用されました。
 

ベース車から大幅な剛性アップと、アルトワークスより軽い車重

スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/

軽量化が話題になった新型アルトですが、素材を軽量高剛性の鋼板に変更したことでかえってボディ剛性はアップしています。

ターボRSではそれに加え、スポット増しやフロントのタワーバーなど専用パーツを使うことによってさらに剛性を上げ、その上でアルトワークスのAGS車より20kgも軽くなっています。
 

軽ホットハッチ最安!

スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/

アルトワークス登場と同時に影が薄くなったターボRSですが、実はアルトワークスより優れた面もあり、先に書いたようにAGS車同士なら軽い車重もそのひとつです。

さらにアルトワークスのFF車が5MTも5AGSも同様に約151万円なのに対し、ターボRSは約130万円と21万円も安い!

確かにアルトワークスはエンジンやAGSのコンピューターが専用でレカロシートもついているとはいえ、この価格差で何ができるかと考えたくなります。

もし、AGS車でモータースポーツをやりたいなどの要望がある場合、コンピューターのチューニングが異なるとはいえ、軽さというアドバンテージもありますし、アルトワークスよりターボRSをベースにした方が安く仕上がるかもしれません。
 

会員登録すれば500ポイント付与

HA36SアルトターボRSのライバル車

セミATであるAGS専用モデルであるターボRSの場合、アルトワークスとは少しライバルが異なります。
 

ダイハツ キャストスポーツ

ダイハツキャストスポーツ出典:http://www.daihatsu.co.jp/

現在ダイハツはミラのターボモデルが無く、CVTのホットモデルと言えるのはこのキャストスポーツが相当します。

FFで車重850kgとターボRSより180kgも重いので動力性能では比べようもありませんが、キャストスポーツを除くとコペンしかありません。
 

ホンダ N-ONE Tourer


出典:http://www.n-one-owners-cup.jp/

こちらは全高もキャストスポーツよりだいぶ低く、ワンメイクレースも開催されているので実はターボRS / アルトワークスよりもスポーツイメージが濃いホットハッチです。

ミッションはCVTのみですが、R06Aターボより低回転からトルクフルなS07Aターボエンジンによって、レスポンスに優れた走りが特徴です。

車重がキャストスポーツと同じ850kgで重いのがハンディですが、ターボRSのAGSはMTを自動化したセミATとはいえシングルクラッチ式。

変速時にクラッチを切る空走時間(動力が伝わっていない時間)が発生するのに対し、常時駆動しているN-ONEのCVTの方が走りでアドバンテージがあるかもしれません(これはキャストスポーツも同様です)。

 

会員登録すれば500ポイント付与

HA36SアルトターボRSとライバルの新車・中古相場価格は?

スズキアルトターボRS
出典:http://www.suzuki.co.jp/
スズキ HA36S アルトターボRS
新車:129万3,840~141万5,880円
中古:85万~135.9万円

ライバル車のお値段は?

ダイハツ キャストスポーツ

新車:162万~174万4,200円

中古:129~165.3万円

ホンダ N-ONE Tourer

新車:144.5万~172.8万円

中古:55.5~180万円
 

HA36SアルトターボRSの代表的なスペック

スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/
スズキ HA36S アルトターボRS 2016年式

全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,500
ホイールベース(mm):2,460
車両重量(kg):670
エンジン仕様・型式:R06A 直列3気筒DOHC 12バルブ VVT ICターボ
総排気量(cc):658cc
最高出力:64ps/6,000rpm
最大トルク:10.0kgm/3,000rpm
トランスミッション:5AGS
駆動方式:FF

遠目にはほぼ共通!アルトワークスとの見分け方

価格がだいぶ異なる割にはほとんど無いアルトワークスとの相違点。

やはりその差はレカローシートの有無やエンジン、ミッションの専用チューニングが大きく影響しているのかもしれません。

 

アルトターボRS

スズキアルトターボRS出典:http://www.suzuki.co.jp/
前後バンパー下端とドアミラーはどのボディカラーでも常に「赤」
ボディ側面に「TURBO RS」デカール
リアハッチに「TURBO RS」エンブレム

アルトワークス

スズキアルトワークス出典:http://www.suzuki.co.jp/
フロントグリルに「WORKS」のエンブレム
前後バンパー下端はどのカラーでも「ガンメタ」
ドアミラーはボディ同色
ヘッドランプ本体にブラックメッキ
フロントブレーキキャリパーは「赤」
ボディ側面に「WORKS」デカール
リアハッチに「WORKS」エンブレム

以上です。

見た目ではほとんど差が無く、遠目に見た場合はドアミラーが赤いかボディ同色か程度の差なので、乗ってみてレカロシートが特に必要では無ければ、ターボRSで十分満足できるかもしれません。

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

「安い・軽い・速い」は軽ホットハッチに求められる重要な要素ですが、ターボRSをアルトワークスと比較した場合、若干最大トルクが落ちるものの車重はAGS同士ならむしろ軽く、価格は大幅に安いという差がありました。

どうしてもMTで乗りたいというならアルトワークスですが、AT限定免許であったり、あるいは普段乗りは楽な方がいいからとAGSを選択するなら、安くて軽く、そしてアルトワークスと遜色無い走りのできるターボRSという選択も、大いにアリですね。
 


 

あわせて読みたい

モタガレmotagare
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!