ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
これで路地や車庫入れも安心!データシステム「マルチVIEWカメラMVC811」とは

これで路地や車庫入れも安心!データシステム「マルチVIEWカメラMVC811」とは

2017年4月、カーエレクトロニクス・カー用品の総合メーカー・株式会社DataSystemは、ワイドな画角と多彩な画面表示機能を実現した車載カメラ「マルチVIEWカメラ」を発売開始致しました。

一見するとフツーの車載カメラですが、データシステムが作るマルチVIEWカメラは何が違うのでしょうか。小さい中に秘められたユニークな機能をご紹介します。

カーエレクトロニクスの総合メーカー、データシステムとは


東京都新宿区に本社を構え、カーナビ関連の各種アダプターやカメラ、モニター、そしてエアロパーツに至るまで、カーエレクトロニクス・カー用品の総合メーカーとして有名なデータシステム。

カーナビ、カメラなどにまつわるカーエレクトロニクス関連の機能的なアフターパーツを多く発売。また、ドレスアップメインのエアロパーツやエクステリアパーツにもカメラを埋め込むなど機能性を持たせた、ユニークなパーツラインナップを企画・開発・販売しています。

特に最近はバンパーに埋め込む対物センサーや広角カメラを駆使し、純正アクセサリーばりの安全性を追求したアイテムに力を入れています。

DataSystem公式ホームページ
 

マルチVIEWカメラMVC811って何がすごいの?


6種類の表示パターンでドライブをサポート マルチVIEWカメラ MVC811
今回ご紹介するDataSystem「マルチVIEWカメラ MVC811」、通常のバックカメラやフロントカメラと違い、どんな機能が備わっているのでしょうか?
 

水平画角180°で広範囲の確認が可能


広範囲を確認できる水平画角180°
マルチVIEWカメラは、水平画角180°というワイドな視界を確保しており、見通しの悪い交差点の進入や狭いスペースへの車庫入れなどに対して威力を発揮します。

取り付けについては、両面テープやタッピングビスでリアハッチやトランク、別売りのナンバーステーを使用することでフロントナンバー下にもスマートにインストールすることが可能です。


マルチVIEWカメラ紹介ムービーはこちら
 

付属のコントロールスイッチで各画面の切り替えが可能で、ユーザーの好きなビューを選ぶことができます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

6パターンのマルチビュー

マルチVIEWカメラの名の通り、6パターンのマルチ表示を可能としたカメラで様々な表示ができます。
 


①スーパーワイドビュー

水平画角180°、垂直画角120°の広範囲を見渡せるワイド映像。交差点の進入時をサポートします。


②トップビュー

真上から見下ろしたような映像。停止位置までの距離感が分かりやすい映像です。


③コーナービュー

フロントコーナーの視界を拡大表示。交差点への進入時をサポートします。


④ノーマルビュー

水平画角120°、垂直画角100°、違和感を感じさせない歪みの少ないカメラ映像。


⑤スーパーワイドビュー+コーナービュー

2つの映像を合成して表示。広範囲を見渡しながらコーナーの視界をサポート。


⑥スーパーワイドビュー+トップビュー

2つの映像を合成して表示。広範囲を見渡しながら、停止位置までの距離感を確認。

ユーザーの好みに合わせた画角を可能としており、水平画角180°という広角ワイドを利用し、カメラ1台で通常のカメラの2台分3台分の役割を果たしています。

 

取り付けについて


マルチVIEWカメラはケーブル長4mで、電源ハーネスはケーブル長3mと十分な長さが確保されており、どんなサイズのクルマにも対応できる設計です。


マルチVIEWカメラと電源ケーブルの接続コネクター部は直径5.2mmと最小限のサイズに抑えられており、取り付けの際ボディパーツに開口部が必要な場合には小さい穴で済みます。

お買い求めの場合は、お近くのカー用品量販店へお問い合わせ下さい。
 

まとめ



今春発売となったDataSystem マルチVIEWカメラいかがでしたか?

通常の車載カメラでは画角固定のものがほとんどですが、今回ご紹介したマルチVIEWカメラはボタン一つで好きな画角を簡単に選ぶことが可能なんです。

見た目や速さを求めたドレスアップ・チューニングももちろんですが、是非安全性や便利性を求めたカスタムも追求してみて下さい。


関連リンク

DataSystem公式ホームページ

Garage内DataSystemブランドページ
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!