ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
スバルレヴォーグ有名ショップデモカーからみるホイールサイズとブランドまとめ

スバルレヴォーグ有名ショップデモカーからみるホイールサイズとブランドまとめ

スバルのステーションワゴン専用車種としてラインナップされているレヴォーグ。

GTツアラーとして人気があり、ショップのデモカーは数多く存在します。

今回はお洒落は足元からということで、レヴォーグのショップデモカーが装着するホイールを紹介していきます。

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

運転がもっと楽しくなる!ハンドルを交換してみよう!

運転がもっと楽しくなる!ハンドルを交換してみよう!

こんにちは! プロの走り屋のイシザキです! クルマのカスタムする中で、ステアリングを交換する人ってどのくらいいるのでしょうか? 走り系やスタンス系の方は交換する人も多いと思いますが、それ以外のカスタムユーザーはハンドルを交換することは少ないのではないでしょうか? マフラーやサスペンションなどは音や乗り心地の変化がわかりやすいですが、ステアリングは見た目以外の変化にはなかなか気付きにくいパーツでもあったりするのです! という事で、今回はステアリング(ハンドル)のカスタムとオススメのステアリングについてご紹介したいと思います!

レヴォーグはエアロを付けるだけで超クール!最新モデル特集

レヴォーグはエアロを付けるだけで超クール!最新モデル特集

2014年のデビュー以来大人気である、スバルのツーリングワゴン「レヴォーグ」 WRXと同じ顔を持ち、スポーティーな装いであることからカスタムベースとしての人気も高く、様々なエアロパーツを各チューニングショップが製作しています。 今回は、レヴォーグをスポーティーに、そしてレーシーに楽しみたいオーナーにおすすめのエアロパーツをご紹介します!

WRX・レヴォーグ用マフラーを買うとバンパーが付いてくるキャンペーンスタート!!

WRX・レヴォーグ用マフラーを買うとバンパーが付いてくるキャンペーンスタート!!

スバル車のカスタムパーツを製作するAUTO PRODUCE A3とモタガレのコラボレーション企画がスタート! WRX・レヴォーグ用のマフラーを買うと、なんとリアバンパーが付いてくる?!

スバル製品の老舗!オートサロンに初めてスバルを出展したショップとは?

スバル製品の老舗!オートサロンに初めてスバルを出展したショップとは?

川崎市高津区にあるリベラル。チューニングショップとしての歴史は35年にのぼり、リベラルブランドとしては、1993年に創立して今年で25年目。そんなスバル専門チューニングショップの老舗に、お邪魔してきました。

ホイールを変えることのメリット

出典:https://www.subaru.jp/

ホイールの交換は、クルマの軽量化という意味で非常に効果のあるカスタムです。

ばね下の軽量化(サスペンションよりも下)とも言われ、その効果は車体自体の軽量化の10倍ともいわれるほど重要なポイントです。

これは、クルマが走る際に最も運動する箇所がホイールとタイヤだからこそ。

例えば、ブーツのような重い靴を履いて走ろうとすると、非常に走りにくいですが、同じブーツを抱えてスニーカーで走るのでは、走りやすさが段違いですよね?

これはクルマにも同じことが言えて、ホイールを軽量化することで走る際の負荷が減り、燃費もあがり、サスペンションもしっかりと路面を追従して動くようになります。

そのため、ホイール交換は非常に重要なカスタム・チューニングなのです。

また、クルマを外から見た際に4か所も占めるパーツであるため、ドレスアップでも非常に重要なパーツになります。

ノーマルのままでも、ホイールを交換するだけで見た目の印象が大きく変わるのです。

ではどれぐらい変わるのか?レヴォーグのカスタム・デモカーから、その変化を見ていきましょう。
 

STI レヴォーグ

まず、STI レヴォーグをご紹介します!

STI製 19インチアルミホイールセット 19インチ 8.0J+53

出典:https://www.sti.jp/

スバルと言えばSTIが自然と浮かんでくるほど有名なブランドです。

そんなSTI レヴォーグが装着するのは同社が手掛ける19インチアルミホイールセット。

出典:https://www.sti.jp/

このホイールはリム部の成形にスピニング工法を用いることで、軽量化と高い剛性を確保しています。

レヴォーグのボディデザインと相性の良い15本のストレートスポーク形状を採用していて、設定されているいずれのボディカラーにもマッチするようデザインの検討が重ねられているホイールです。

STIのホームページはこちら

データシステム レヴォーグ

次に、データシステム レヴォーグをご紹介します!

WORK製 XSA 04C

出典:https://www.datasystem.co.jp/

電子機器を中心に取り扱うデータショップが製作したデモカーのレヴォーグは、スポーティさとエレガントさを兼ね備えた一台です。

足元にはWORK製のXSA 04Cを装着。

出典:https://www.work-wheels.co.jp/

ドリフトなど、様々なモータースポーツから、ドレスアップまで様々なステージで使用されているホイールメーカー、WORK(ワーク)。

XSA 04Cは、5本スポークデザインを基調に10スポーク化(ツイン5スポーク)されています。

シャープかつ、高級感のあるデザインで、装着した車の雰囲気をエレガントに変えてくれます。

カラーリングも非常に多く、オーナー好みのデザインを実現できるのも、嬉しいポイントです。

データシステムのホームページはこちら

WORKのホームページはこちら
会員登録すれば500ポイント付与

East cloud東雲 レヴォーグ

次に、East cloud東雲 レヴォーグをご紹介します!

TWS製 T-66F

出典:http://www.sa-tokyobay.com/legacy/

東京都江東区東雲にあるスーパーオートバックス東京ベイ東雲。

オートバックスの看板を掲げながら、スバル車向けのカスタム・チューニングパーツブランド East Cloud東雲(イーストクラウドしののめ)を展開しています。

East cloud東雲 レヴォーグが採用するホイールはTWS製 T-66Fです。

出典:http://www.tws-forged.com/

新素材6T66の採用と、その良さを最大限引き出す最新の鍛造テクノロジーにより、最軽量でありながら強度と剛性をも併せ持ちます。

コンペティションスペックを採用し、作業性や機能性迄も兼ね備えた、まさに究極のコンペティションホイールです。

オートバックス東京ベイ東雲 East Cloud東雲のホームページはこちら

TWSのホームページはこちら

YR-Advance レヴォーグ

次に、YR-Advance レヴォーグをご紹介します!

RAYS製 VOLK RACING G50

出典:http://www.yr-advance.com/

三菱、スバルのクルマをメインにカスタマイズを行なっているYR-Advance。

純正感を残しつつ、カスタマイズされた一台となっています。

装着ホイールは、RAYS製 VOLK RACING G50です。

出典:https://www.rayswheels.co.jp/

鍛造の技術でいかに滑らかなラインを描き、いかにして躍動感を表現するかを追求したGシリーズ。

G50の細くすらりと伸びる5本のスポークは、繊細なラインを描きながらも、最新のクルマのボディマスに溶け込む躍動感を創出します。

繊細でありながらも、躍動的でなければならない。

この背反するテーマを包括するG50は、誰にも似ていない普遍的なデザインです。

YR-Advanceのホームページはこちら

RAYSのホームページはこちら

CYBER R レヴォーグ

次に、CYBER R レヴォーグをご紹介します!

AME製 CDF1

出典:http://www.cyber-sport.co.jp/

サイバースポーツが手がけるレヴォーグのテーマは「レギュラーガソリンで乗れる燃費のいいターボ車」で、デモカーは1.6リッターモデルを選択。

外装パーツはグリルやリップスポイラー、リアスポイラーなど一通り自社製パーツで武装しています。 

ホイールにはAME製 CDF1を採用。

出典:http://ame-wheels.jp/

CDF1は、デザインと機能性と満足感をバリュープライスでパッケージングした新世代メッシュホイールです。

上品かつスポーティなイメージをあしらったこのホイールには、根強い人気を持つメッシュデザインを異なるアプローチで表現。

製造はレーシングホイールから世界のクルマの純正ホイールまで手掛けるENKEI社が担当し安全、信頼に優れた日本製です。

サイバースポーツのホームページはこちら

AMEのホームページはこちら
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!