ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
モタガレおすすめ!3代目スイフト用エアクリーナーキット特集

モタガレおすすめ!3代目スイフト用エアクリーナーキット特集

2000年の初代スイフトの登場から、3代目として2010年に発売開始されたZC32/72型スイフト。

2016年には、世界累計販売台数500万台を突破し、現在でも世界中で人気を博している。

今回はそんなZC32/72型スイフトにおすすめのエアクリーナーキットをご紹介します!

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

2代目スイフトで安全に走りたい!おすすめのロールケージ特集

2代目スイフトで安全に走りたい!おすすめのロールケージ特集

2000年の初代スイフトの登場から、3代目として2010年に発売開始されたZC32/72型スイフト。 2016年には、世界累計販売台数500万台を突破し、現在でも世界中で人気を博しています。 今回はそんなZC32/72型スイフトにおすすめのロールバー、ロールケージをご紹介します!

ZC32Sスイフトスポーツにおすすめのカスタムパーツ特集

ZC32Sスイフトスポーツにおすすめのカスタムパーツ特集

2000年の初代スイフトの登場から、3代目として2010年に発売開始されたZC32/72型スイフト。 2016年には、世界累計販売台数500万台を突破し、現在でも世界中で人気を博しています。 今回はそんなZC32/72型スイフトにおすすめのカスタムパーツをご紹介します!

3代目スイフトを更にパワーアップする!おすすめのタービン特集

3代目スイフトを更にパワーアップする!おすすめのタービン特集

2000年の初代スイフトの登場から、3代目として2010年に発売開始されたZC32/72型スイフト。 2016年には、世界累計販売台数500万台を突破し、現在でも世界中で人気を博している。 今回はそんなZC32/72型スイフトにおすすめのタービン(本体/キット)をご紹介します!

3代目スイフトに手を加えるならコレ!おすすめエンジン系パーツ特集

3代目スイフトに手を加えるならコレ!おすすめエンジン系パーツ特集

2000年の初代スイフトの登場から、3代目として2010年に発売開始されたZC32/72型スイフト。 2016年には、世界累計販売台数500万台を突破し、現在でも世界中で人気を博している。 今回はそんなZC32/72型スイフトにおすすめのエンジンその他パーツをご紹介します!

MONSTER SPORT カーボンインダクションボックス

まず、MONSTER SPORT カーボンインダクションボックスをご紹介します!

Monster Sport ZC32S

ZC32/72 スイフト 吸気系 エアクリーナー エアクリーナーキット MONSTER SPORTS カーボンインダクションボックス出典:http://www.monster-sport.com/

MONSTER SPORT(モンスタースポーツ)製の「MSEカーボンエアインダクションボックス」です。

フロントグリルから直接外気を取り込めるレイアウトにすることで、エンジンに冷たい空気を供給することが出来ます。

さらに、オープンエアクリーナーを大型のエアボックスの中に配置することで、エンジンルームの熱気を遮断し、吸入温度の上昇を抑えることでパワーダウンを防ぎます。

2000rpmからレブリミット付近までの高回転でパワーアップを実現します。

また、アクセルレスポンスを良くさせ、スイフトスポーツの持つスポーツ性能をさらに向上させます。

※純正グリルの場合は吸入口部分の穴あけ加工が必要です。
 

 

トラスト エアインクスキット

次に、トラスト エアインクスキットをご紹介します!

スズキアリーナ橋本ZC32S

ZC32/72 スイフト 吸気系 エアクリーナー エアクリーナーキット トラスト エアインクスキット出典:http://www.trust-power.com/

TRUST(トラスト)製の「エアインクスキット」です。

パイプ径は、最もパワーアップが望める60φへ設定。

また、吸入空気量変化による補正を把握した上で整流アダプターを採用し、ZC32S本来の性能を発揮させます。

※ラジエターリザーブタンク移動必要・エンジンカバー取付可
 

レイル LAILE LAILEインテークキット

最後に、レイル LAILE LAILEインテークキットをご紹介します!

LAILE ZC32S

ZC32/72 スイフト 吸気系 エアクリーナー エアクリーナーキット レイル LAILE LAILEインテークキット出典:http://laile.co.jp/

LAILE(レイル)製の「インテークキット」です。

吸気温度はエンジン出力に大きく影響し、高温であるとパワーダウンやエンジンチェックランプ点灯の原因にもなります。

熱気吸引を軽減させるために、エアクリーナー位置をエンジンから遠ざけ、サクションパイプは低回転から高回転まで全域にわたってパワー・トルクともにアップする最適なレイアウトを採用。

また、クリーナー本体には、エアフロメーターへの影響が少ない乾式タイプ(APEX製パワーインテーク)を使用しています。

さらに、加工等の必要がないボルトオンタイプになっています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

ZC32/72型スイフトにおすすめのエアクリーナーキットはいかがでしたか?

販売台数も多く、街中で頻繁に見かけるZC32/72スイフトを自分色に染めてみませんか。

是非、モタガレの記事を参考に自分だけの1台を作り上げてみてください。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!