ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
【TOYOTA】スポーツカーZN6型86最新カスタムまとめ

【TOYOTA】スポーツカーZN6型86最新カスタムまとめ

2012年、トヨタブランドとしては、MR-Sの販売終了から5年振りに新型スポーツカーとして発表されたZN6型 86(ハチロク)。
「お客様と共に進化するスポーツカー」を目指し、AE86型カローラレビン・スプリンタートレノ="ハチロク"の「自分だけの1台を楽しみながら育てる」という精神を引き継ぎ、「86(ハチロク)」と名付けられました。
本記事では、チューニングベースとして優秀な86の最新カスタム事情についてお届けします。

新車価格 : 262.33万円〜(2017年2月3日現在)
中古車相場 : 213.5万円〜220.2万円(2017年2月3日現在 当社独自調べ)

SHELL ENGINEERING 86 ZN6(シェルエンジニアリング 86)

出典:http://www.shell-eng.com/

コンプリートカー、エンジンを手掛けるブランドのSHELL ENGINEERING(シェルエンジニアリング)が制作した86はストリート仕様?と言いながらサーキット走行にも特化した1台となっています。

エンジンは時速300Km/hオーバーを目指しHKSの2.1㍑キットとトラストT620Zタービンにて約400PSのハイパワーを実現しています。ハイパワー化に伴い、オイルクーラーを2基、燃料リターン配管の増設まどの各部の対策も行われている。

サスペンションにはHKSのハイパーマックスを装着。スプリングレートはサーキット走行も視野に入れ10kg/mmが選択されている。エクステリアにはブリッツのワイドボディキットとオリジナルのスワンネックGTウイングを装備し迫力あるスタイルを実現しています。

今後更なるパワーアップも検討されているようで500PS以上に耐えられる様な状態を準備中です。

SHELL ENGINEERING(シェルエンジニアリング)公式HP:http://www.shell-eng.com/
住所:愛知県清須市春日鳥出4番地
 

LEG MOTOR SPORTS 86 ZN6(レッグスポーツ 86)


出典 : http://www.leg-sport.com/


ローコストでのライトチューンをユーザー目線で開発しているレッグモータースポーツが手掛けたトヨタ86。

パワー系のチューニングは最小限でありながら、吸気周りの改善を狙ったハイパーインテークやサクションパイプなど、肝となる部分を抑えたチューニングパーツが際立ちます。

足回りにはチャレンジダンパーと言う、街乗りからサーキットまで幅広いシチュエーションをカバーするオリジナルサスペンションを導入。

街乗りでの乗り心地を考慮しスプリングレートは前後5kg/mmとマイルドながら、ハイスピード環境でのコーナリングも安定して走れるようにセッティングされています。

エアロパーツはルックスと機能性に拘ったクラブスポーツシリーズを採用。
ストリートをメインステージとしながらも、サーキット走行でも性能を発揮するようにフレッシュエアの効率的な導入や、オイルクーラーの冷却なども計算されたエアロパーツです。

また、車載映像をブレなく撮影するために開発されたビデオカメラ固定ツールや、4点ハーネスを手軽に固定するためのステーセットなど、実用的なインテリアアイテムも充実しています。

開発コンセプトとして、「あったらいいのに」を実現しているというレッグモータースポーツのパーツはユーザー目線で開発されたパーツで、ニッチながらも人気を博しています。

LEG MOTOR SPORTS(レッグモータースポーツ)公式HP:http://www.leg-sport.com/
住所:広島県広島市安芸区船越南3-18-13
 

TRIAL 86 ZN6(トライアル 86)


出典 : http://www.trial.co.jp/

NA2.3リットル仕様のエンジンを搭載したこのマシンは、戸田レーシング製のピストンやコンロッドを組み込み、大幅な排気量アップを実現。最大出力は240PS、24kgm。

マシンの実力は折り紙つきで、シェイクダウンで富士スピードウェイ2分きりを達成。排気量アップのエンジンチューンはスーパーチャージャーやターボとはまた違い、3000rpmからしっかりと立ち上がるトルク、そこから高回転域までスムーズに吹け上がると言います。

サスペンションは、オリジナルサスペンションを装着。パーツ開発車両としての位置づけもあるこのマシンにより開発されたサスペンション(アペックスN1エボリューションがベース12kgハイパコ)はサーキット走行に特化したスペックとなっています。

過給器チューンの実績があるトライアルが新たに提案するNAチューンに期待が高まります。

TRIAL(トライアル)公式HP:http://www.trial.co.jp/
住所:大阪府堺市美原区丹上87-1
 
会員登録すれば500ポイント付与

E.M.C TIRE PROSHOP Arena 86 ZN6(EMCタイヤプロショップアリーナ)


出典 : http://arena-by-emc.com/

タイヤプロショップアリーナの86はサーキットタイムアタックからのノウハウをフィードバックして作られた一台。

街乗り仕様を元としながら、足回りや吸排気系のチューニングを行いサーキットでもタイムアタックが楽しめるマシンとなっている。

オリジナルのエアクリーナーボックス、フロントに設けられた導風板からフレッシュエアを吸気、オリジナルのスロットルバルブやHKSフラッシュエディターによるセッティングなどにより、約230PSを発揮。

そして、足回りにはGPスポーツ製アーム、トーコントロールロッド、トラクションロッドを装着し、86の弱点とも言われるトラクション不足を補うようにセッティング。弱点を補いながらパワーアップされた86は、筑波サーキットを1分5秒810。富士スピードウェイを2分3秒623を記録している。

吸排気系と足回りのセッティングだけでも十分にタイムが出ることを証明してくれている1台。

E.M.C TIRE PROSHOP Arena(イーエムシー タイヤプロショップ アリーナ)公式HP:http://arena-by-emc.com/
住所:愛知県津島市神守町字古道46番
 

Original RUNDUCE 86 ZN6(オリジナルランデュース 86)


出典 : http://www.runduce.com/

スーパーチャージャー仕様でのタイムアタックを続けているRUNDUCE(ランデュース)の86。

オリジナルの2.3リットルキットを導入しそれに合わせたエンジンチューニングを行っています。HKS7040L、GTスーパーチャージャーは80Φの承継プーリーによりブースト圧は1.8kg/㎤を誇ります。

また、吸気効率を高めるためにサクションパイプやビッグスロットルなども装備、パワーは約550Ps、最大トルクは58kgmを叩き出しています。

実力も高く、富士スピードウェイでのタイムアタックでは1分50秒台を記録しているマシンです。

Original RUNDUCE(オリジナルランデュース)公式HP:http://www.runduce.com/
住所:岡山県倉敷市三田118-1
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!