ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
3代目BMWミニにおすすめのエンジン関連パーツ特集!

3代目BMWミニにおすすめのエンジン関連パーツ特集!

2001年にデビューしたBMWミニも2013年に3代目へとフルモデルチェンジを遂げました。

初代、2代目と継続されてきたセンターメーターが廃止され、一般的なハンドル奥にスピードメーターが移動し、

またボディサイズが3ナンバーとなったのもトピックですね。

今回はそんな3代目BMWミニにおすすめのエンジン系パーツをご紹介します!

GIOMIC シリコーン・クーラント・ホース

まず、GIOMIC シリコーン・クーラント・ホースをご紹介します!

GIOMIC MINI F56

Mini F55/56 エンジン エンジンその他 その他 GIOMIC シリコーン・クーラント・ホース出典:https://giomic.com/

GIOMIC(ジオミック)製の「シリコン・クーラントホース」です。

ホース本体の強度を高めることで、スムーズな水流を実現しました。

カラーはエンジンルームに彩りを与えるパープル仕上げで、カスタマイズパーツとしての効果も発揮します。
 

 

GIOMIC マグネット・ドレン・ボルト・キット

最後に、GIOMIC マグネット・ドレン・ボルト・キットをご紹介します!

GIOMIC MINI F56

Mini F55/56 エンジン エンジンその他 その他 GIOMIC マグネット・ドレン・ボルト・キット出典:https://giomic.com/

GIOMIC(ジオミック)製の「マグネットドレンボルトキット」です。

オイルパン内に浮遊する細かな鉄粉を強力なネオジム磁石でキャッチする効果を発揮します。

アルミ製のオイルパンを使用するF系ユニットでは、ドレンボルト本体をスチールとすることで、万一のマグネット脱落時にも本体に磁気吸着しマグネットだけがドレン内に浮遊することを防ぎます。

また、本パッケージには、交換用パッキン2枚を付属しています。

※保安基準適合品
本製品は保安基準適合品ですが車検を保証するものではありません。
実際の車検では検査員の判断が優先されますのでご注意ください。
 

 

まとめ

3代目BMWミニにおすすめのエンジン系パーツはいかがでしたか?

日本のみならず世界中で人気のミニの現行モデルということで、カスタムを楽しむ人も多い車種です。

モタガレを参考にあなたの好みの1台に仕上げてみてください!
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!