ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
社外キャタライザーと言えば?SaRDスポーツ触媒が選ばれる理由

社外キャタライザーと言えば?SaRDスポーツ触媒が選ばれる理由

自動車の排気系統に必要不可欠なパーツの一つとして「キャタライザー」が挙げられます。排気ガスの有害成分を取り除く効果があります。

しかし、排気効率を考えるとキャタライザーの存在は障害物に近く、排気効率の向上はエンジンパワーの向上に繋がります。

そこで登場するのがスポーツ触媒。中でもSaRD製スポーツ触媒は様々なチューニングショップから選ばれ、デモカーに装着されています。何故、SaRD製が選ばれるのでしょうか?

触媒(キャタライザー)とは


エンジンから排出された排気ガスには人体や環境に対する有害物質が含まれています。触媒(キャタライザー)はそれらの有害物質を減少させる役割があり、必要不可欠なパーツです。

触媒の内部はハニカム(ハチの巣)状になっており、白金やロジウムなどの貴金属でコーティングされたもので、そこに熱を帯びた有害な排気ガスが通過した際、ハニカムの壁面で化学反応を起こし有害物質を少なくさせます。

しかしながら排気効率だけで考えると、触媒の存在は障害物そのものであり、有害物質の浄化性能が高い触媒はフン詰まりの原因になるなど、排気効率との両立が難しいとされています。
 

SaRDスポーツ触媒とは

SPORTS CATALYZER 車種専用タイプ
SaRDのスポーツ触媒は保安基準を大幅に下回る高い浄化性能を実現し、高い排気効率を誇る200cpsi/180cpsiの大型セルを採用。耐熱温度は1200℃を誇る国産セルを使用しています。

車種専用タイプのスポーツ触媒には排ガス試験証明書が付属されており、安心して触媒を交換することができます。

メインパイプ各車種ごとの最適なサイズのメインパイプを採用。 溶接箇所を極力減らし継ぎ目のないスムーズな形状を追求しています。

S2000用スポーツ触媒
 

SaRDスポーツ触媒が選ばれる理由


SaRDのスポーツ触媒が選ばれる理由、それは車種設定の多さと汎用タイプがあることで様々な車種にもワンオフ加工で取り付けることが可能なことです。

また、パワーアップも確実に可能なパーツであり数字がその性能を裏付けています。

特にターボ車などでは、マフラーやキャタライザーのヌケを良くすることで、タービンに掛かる負荷が抑えられるので、パワーアップとともに長寿命化も図れます。

しかし、ヌケが良くなることで排気音が大きくなることがあるので注意が必要です。

86用スポーツ触媒
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

いかがでしたか?

エキゾーストマニホールド交換やマフラー交換と同じように、触媒交換も排気効率の向上には必要不可欠です。

車種設定の多いSaRDなら、今乗っている車のスポーツ触媒が見つかるかもしれません。

関連リンク

Garage内SaRDブランドページ

Garage内SaRD 86 GT3ページ

SaRD公式ページ
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!