BBSが東京オートサロン2018に登場! 気になる出展ブースの内容は!?

BBSが東京オートサロン2018に登場! 気になる出展ブースの内容は!?

今年もBBSジャパンは東京オートサロン2018に出展します!

このビッグなオートサロンでは、最新モデルの「RE-X」をはじめとしたnewモデルを展示します。

また、読んで楽しいカタログやフォトコーナーなども気になるポイントです。

来て・見て・楽しい出展ブースとなっていること間違いなし!

新商品RE-X登場!

2018年にBBSジャパンのニューモデルとしてリリースされる予定のアルミ鍛造ホイールBBS「RE-X」。

BBS伝統の「クロススポーク」が造形され、既存のBBSには無いビジュアルは非常に新鮮ですね。

また、BKD(ブラックダイヤカット)という、BBSの1ピースでは数少ないツートンカラーも相まってスポークが際立って見えるのも特徴です。

また、センターロック仕様も設定し、マッチングリストには欧州のフラッグシップスポーツカーが名を連ねる「ピュアスポーツホイール」FI-Rや、BBSジャパンの技術を結集し、超超ジュラルミンホイールとしては5年ぶりに販売されたFR-Dも展示。

BBSならではのハイパフォーマンスホイールが目白押しです!
 

専売モデルRE-V7を展示

©︎モタガレ

RE-V7は、国内最高峰レースのSUPER GT GT300クラスに参戦しているBMW Team StudieのBMW M6 GT3に装着されているBBS鍛造ホイールをモチーフとしています。

BBSらしいクロススポークデザインながらも徹底的に無駄が削ぎ落とされ、リムいっぱいまでスポークが伸びることで数値以上のサイズ感を演出しています。

既に販売されているRE-Vと似たようなデザインではありますが、リムへ広がるにつれ細くなるスポークがRE-V7ならではのクールなルックスをアピールしてくれます。

BMWカスタムでお馴染みのStudie専売モデルのため、BBSジャパンWebページにも掲載されていませんが、TAS2018ではBBSジャパンブースで展示します!
 

毎年恒例!?最新カタログをゲット!


BBSジャパンではTAS2018出展ブースにて、BBS最新カタログを無料で配布します。

「読み物」としても楽しめるBBSカタログは要チェック!読み応えのあるカタログは時間を忘れてしまいますね。

BBSブースでは、カタログでワクワクする時間もお楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
愛車に付けるパーツを探そう!カスタムパーツ探しはこちら

ARでGTドライバーになれる!?



BBSジャパンブースでは、4輪のGT用ホイールが置かれた白い台座が設置されています。

実はAR(拡張現実)を活用したフォトブースとなっており、QRコードをお手持ちのスマフォで読み取ることで、AR画像と一緒になった写真データが送られてきます。

SUPER GT GT500クラス参戦車両のNISMO GT-Rに乗っている写真をゲットすることが可能です。

気分はまるでレーシングドライバーですね!

上手く撮れればインスタ映えするかも!?
また、お子様をお連れの方にもオススメです!
 

まとめ

東京オートサロン2018でのBBSジャパン出展ブースの楽しみ方をお伝えさせていただきました。

最新のアルミホイールやカタログはもちろん、フォトコーナーなど子供から大人まで楽しめるブースとなっています!

東京オートサロン2018はBBSジャパンブースへ是非足を運んで見て下さいね!

BBSジャパン公式ホームページ

モタガレ内BBSジャパンブランドページ

東京オートサロン2018公式ホームページ

関連リンク

 

SUV向けの鍛造1ピースホイールBBS「RE-X」デビュー!
 
 

TAS2018にBBSジャパンが出展!ブースに隠された「テーマ」とは?
 
 

極限を突き詰めたアルミ鍛造ホイール、BBS「FI-R」とは?
取扱ブランドは日本最大級!パーツブランドはこちら

この記事をシェアする!