ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタ売れ筋のコンパクトHVミニバン、シエンタの魅力と大ヒットの理由とは?

トヨタ売れ筋のコンパクトHVミニバン、シエンタの魅力と大ヒットの理由とは?

小さいながらも3列シートなら7人乗り!ハイブリッドモデルならミニバンとは思えない低燃費を誇り、今やトヨタミニバン戦略の中でも欠かせない存在になっているのがシエンタです。

小回りの利くボディが不可欠なお宅でも7人まで乗れてお財布にも優しい、売れ筋コンパクトミニバンはどんな車でしょう?

モデル消滅の崖っぷちから復活!今やトヨタの顔のひとつ

シエンタ 出典:http://toyota.jp/


初代シエンタが誕生したのは2003年、カローラスパシオや、それまでコンパクトカークラスの7人乗りミニバンをになっていたスパーキー(ダイハツ アトレー7のOEM)に代わり、普通のコンパクトカー感覚で乗れるFF3列シートコンパクトミニバンとしてデビューしました。

大きさの割にはスペース効率に優れ、両側スライドドアもあって使い勝手も良好だった初代シエンタはロングセラーモデルとなりましたが、2010年に一旦生産終了。

しかし、後継のパッソセッテがエコカー減税に対応しなかった上にスライドドアも無く、3列目シートの使い勝手も含めあらゆる面で劣ったために販売が大苦戦したため、2011年に初代シエンタが再生産・再デビューという異例の事態になります。

しかしそれが結果的に大成功で、ユーザーの嗜好をつかんだトヨタは2代目シエンタを開発して2015年にデビュー。

もちろん両側スライドシートつきで今度はハイブリッドモデルも設定した結果、大ヒットモデルとなったのです。

一時は消滅するはずだったモデルが復活し、そのコンセプトのまま2代目まで作られて大ヒットというのはトヨタに限らず異例中の異例のことでした。
 

2代目シエンタの特徴・特色

シエンタ 出典:http://toyota.jp/

トレッキングシューズを目指した「脱ハコ」デザイン


シエンタ

出典:http://toyota.jp/

 

それまでミニバンと言えば、箱型もしくはそれにボンネットを追加した1.2~2BOX型デザインが多かったのに対し、2代目シエンタではそこから脱却した脱ハコ型デザインに挑戦。

フロントとリアにはグルリとひと筆書きのようなバンパーガーニッシュでアクセントを持たせてバンパーコーナーを強調し、映画館のようにリアに行くほど乗員位置を高めに取るシアターレイアウトを採用しました。

その結果、箱というより軽快なスニーカーのようなデザインとなってこれが大好評!

スペース効率を求めるのが物理的に厳しく機能優先になりがちなコンパクトミニバンのデザインに一石を投じました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

見た目だけではなく快適性も充実

シエンタ 出典:http://toyota.jp/
 

燃料タンクは初代同様薄型で、2列目シート下に搭載するという定番のスペース効率アップ手法を使い、さらにハイブリッド車のバッテリーも2列目シート足元下に移動する効率的なパッケージングを採用。

これにより低床フラットフロアでも段差は少なく、リアスライドシート部の高さを初代より55mm下げたほか、ドア開口部幅も50mm拡大して乗降性を改善しています。

2列目シートは膝部分の間隔を25mm拡大、3列目シートも幅を70mm拡大したベンチシート化するなど、全てのシートで初代より快適性を向上。
 

ハイブリッドモデルはミニバンでも屈指の低燃費

シエンタ 出典:http://toyota.jp/
 

エンジンは初代と同じ1.5リッターエンジンのほか、待望のハイブリッドモデルを初設定。

ガソリンエンジンのFFモデルでも20.6km/Lの低燃費を実現したほか、ハイブリッド車では27.2km/Lと初代とは比較にならないほど低燃費になっています。

結果的にデザイン、使い勝手、低燃費を3拍子揃ったことで大ヒットとなり、コンパクトミニバンとしては申し分の無いモデルになりました。
 

2代目シエンタ・ライバル車との燃費比較

シエンタ 出典:http://toyota.jp/

2代目シエンタ

1.5リッターガソリン車:20.2~20.6km/L(4WD車は15.4km/L)

1.5リッターハイブリッド車:27.2km/L(FFのみ)


ライバル車の燃費性能は?

日産 M20 NV200バネットワゴン

日産 バネットワゴン 出典:https://ja.wikipedia.org/


1.6リッターガソリン車:12.8~13.2km/L(FFのみ)


ホンダ GB5 / 6 / 7 / 8 フリード

ホンダ フリード 出典:https://ja.wikipedia.org/


1.5リッターガソリン車:19.0km/L(4WDは17.6km/L)

1.5リッターハイブリッド車:26.6~27.2km/L(4WD車は25.2km/L)


スズキ MA26S MA36S MA46S ソリオ

スズキ ソリオ 出典:https://ja.wikipedia.org/


1.2リッターガソリン車:24.8km/L(4WDは22.0km/L)

1.2リッターマイルドハイブリッド車:27.8km/L(4WDは23.8km/L)

1.2リッターハイブリッド車:32.0km/L
 

会員登録すれば500ポイント付与

2代目シエンタの新車価格・中古相場価格は?

シエンタ 出典:http://toyota.jp/

トヨタ 2代目シエンタ

新車価格

168万9,709~232万9,855円

中古車相場

145~280.3万円


ライバル車のお値段は?

日産 M20 NV200バネットワゴン

新車:193万7,520~233万1,720円

中古車:69~179.9万円


ホンダ GB5 / 6 / 7 / 8 フリード

新車:188万~274万8,200円

中古車:169.8~285万円


スズキ MA26S MA36S MA46S ソリオ

新車:145万4,760~212万2,200円

中古車:95.7~198.9万円
 

2代目シエンタの代表的なスペック

シエンタ ハイブリッド 出典:http://toyota.jp/

トヨタ NHP170G シエンタ ハイブリッドG(7人乗り) 2016年式

全長×全幅×全高(mm):4,235×1,695×1,675

ホイールベース(mm):2,750

車両重量(kg):1,380

エンジン仕様・型式:1NZ-FXE 直列4気筒DOHC16バルブ ハイブリッド

総排気量(cc):1,496cc

最高出力:74ps/4,800rpm

最大トルク:11.3kgm/3,600~4,400rpm

モーター仕様・型式:2LM 交流同期電動機

最高出力:61ps

最大トルク:17.2kgm

トランスミッション:電気式無段変速

駆動方式:FF

初代シエンタとの違い

デザイン面で見ると、初代はやはり「ハコ」

出典:http://toyota.jp/

2代目はそのコンセプト通り「トレッキングシューズの形をした車」、文字通りのアシ車というデザインとしていますが、それより10年以上前に発売された初代はやはり「ハコ」。

丸目が特徴的なフロントマスクに短いボンネットの後ろにとにかくスペース効率を重視した箱をくっつけたという出で立ちで、丸みを帯びているとはいえ基本構成は同時期のホンダ モビリオや日産 キューブ・キュービックと変わりません。

再生産に当たってヘッドライトが各目の「ダイス」というグレードも追加されましたが、あくまで2代目へのつなぎの期間ということもあってあまり販売台数は多くないのか、街ではあまり見かけないレア車に近い存在です。
 

ハイブリッド車と4WD用CVTの有無

シエンタ 出典:http://toyota.jp/


初代も元よりそれほど燃費の悪いモデルではなく、FF車でも17.2km/Lとそこそこの燃費でしたが、やはり2代目のハイブリッド車の有無は大きく27.2km/Lと10km/Lも燃費が違います。

地味に差があるのは4WD車で、初代と同じエンジンを採用していながら、ミッションが初代の4速ATからCVTに変更されたことで、13.2km/Lから15.4km/Lに向上しています。

カタログ燃費に与えるCVTの差がわかる例でしょう。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

シエンタ

出典:http://toyota.jp/

一度モデル消滅したことで、改めてそのパッケージングの良さが再注目された希な例であるシエンタ。

2代目の大ヒットも、その良さに気づいたトヨタが早めにパッソセッテに見切りをつけて初代を再生産したおかげで実現したと言えるでしょう。

かつてはトヨタカローラ店とネッツ店でしか販売していませんでしたが、今ではトヨタの全販売店で取り扱うようになっており、ノア3兄弟やアルファード、ヴェルファイア、エスティマに続くトヨタのミニバンピラミッドを支える重要車種です。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!