ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
わくわくゲートと高効率エンジンのVTECターボ、ホンダ5代目ステップワゴンの魅力とは

わくわくゲートと高効率エンジンのVTECターボ、ホンダ5代目ステップワゴンの魅力とは

日本初のFF1BOXミニバンとして割り切った「ハコ」そのものの形と安さが好評だったホンダ ステップワゴン。

常に家族が楽しいドライブで使い勝手良好なことを目指してきた同車も5代目となっていますが、現在の売りは経済性に優れたVTECターボと「その発想は無かった」革命的なリアハッチ、わくわくゲートです。

常に家族の楽しい笑顔とともに進化してきたステップワゴン

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/
 

初代ステップワゴンがデビューしたのは1996年。

車高の低いオデッセイでミニバンの新境地を開いたホンダが、ようやく生産体制を整えて送り出した初の1BOXミニバンでした。

思い切り割り切ったボディ構造と最廉価グレードではエアコンすらオプションとしたことで非常に安価で、なおかつ普通の乗用車と同じFF(フロントエンジン・前輪駆動)という今のミニバンでは当たり前のレイアウトでデビュー。

車高や重心を下げたり時代ごとの進化はあったものの、ホンダの小型1BOXミニバンとして順調にモデルチェンジを重ね、2017年現在は2015年デビューの5代目が販売されています。

常にファミリー層が楽しく快適にドライブできることを考えてきたステップワゴンの5代目は、VTECターボとわくわくゲートという2つの飛び道具が売りです。
 

5代目ステップワゴンの特徴・特色

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/

2分割の見た目が気になるわくわくゲートって何?

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/


5代目ステップワゴン最大の特徴であり、見た目にも他のミニバンと一線を画す特異さを持っているのが、リアの「わくわくゲート」です。

この2分割されている見た目がポイントなのはもちろんですが、どう機能するかと言えば分割された左側がサブゲートとして、ボディ中央側を軸に横開きします。

それも「ちょっと物を積み下ろしするのにサっと少しだけ開く」「3列目シートへの乗り降りでは少し大きく開く」「大きな荷物を載せたい時には大きく開く」と、開き方も3種類。

3列目シートをフルに使うなど、その後ろに小物しか積まない時はその出し入れでちょっと開き。

3列目シートを半分畳んで片方しか使わない時は、スライドドアを使って2列目からアクセスしなくとも、サブゲートから直接サッと3列目へ乗り降り。

そして3列目の畳んだ側に大きな荷物を乗せる時は、サブゲートを大きく開いて出し入れできます。
 

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/


それだけなら「リアハッチの代わりにリアドアを設けたようなもの」ですが、わくわくゲートの真価はその先にあり、何と左右合わせたメインゲートは、普通のリアハッチのように大きく上に開くのです!

3列目シートを畳むなどして荷室をフルに使いたい時はそれが便利ですし、しかも開口部が大きく地上高も低く、ボディ下部から一面が大きく開くので、使い勝手は非常に良好。

リアハッチのガラス面だけをガラスハッチとして小さく開くような例は今までの車でもありましたが、このわくわくゲートはまさに目からウロコの画期的リアハッチです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

効率に優れたダウンサイジング版VTECターボを搭載

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/


パワーユニットも大きく変わっており、先代まで一貫して2~2.4リッターのガソリンエンジンを搭載していたのが、新開発の1.5リッターDOHC i-VTECターボに換装。

ただし、高回転ハイパワースポーツ志向のターボではなく、ヨーロッパから流行の始まった「ターボでトルクを補いつつ、少ない排気量で効率良く」というダウンサイジングターボです。

スペック的には2リッターNAエンジン並の馬力とトルクを発生しており、しかも最大トルクは1,600回転というアイドリングからちょっとアクセルを踏んだ程度で発生しますから、実質的には2.4リッターNAエンジン並のフィーリング。

ミッションは専用チューニングのCVTで制御するので常に最高の効率を発揮する回転数で走行可能なため、ハイブリッド車のような複雑な構造や制御が不要の低コストで経済性に優れたパワーユニットなのです。
 

スポーティなコンプリートカー「Modulo X」も追加

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/
 

グレード構成は通常モデルのほか、専用エアロで3ナンバーとなる「スパーダ」もあり。

さらに2016年にはローダウンスプリングを組み込んだ専用サスペンションや17インチアルミ、大型フロントグリルの採用や、小型エンジンアンダーカバーと車体下部のフィンなど空力パーツで高速安定性を増したコンプリートカー「Modulo X」が追加されました。

内装も専用ブラックシートなど専用品やプレミアムナビおよびナビ連動ドライブレコーダーなど充実しており、デビュー時には懐かしのチューニング漫画「よろしくメカドック」とのコラボレーションも話題になっています。
 

5代目ステップワゴン・ライバル車との燃費比較

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/

5代目ステップワゴン

1.5リッターガソリンターボ車:15.4~17.0km/L(4WDは15.0~15.4km/L)


ライバル車の燃費性能は?
日産 C27セレナ

日産 セレナ 出典:https://ja.wikipedia.org/


2リッターガソリン車:15.0km/L(FFのみ)

2リッターハイブリッド車:16.6~17.2km/L(4WDは15.0~15.8km/L)
 

トヨタ 80ノア / ヴォクシー / エスクァイア

トヨタ エスクァイア 出典:http://toyota.jp/


2リッターガソリン車:14.6~16km/L(4WD車は14.0~15.0km/L)

1.8リッターハイブリッド車:23.8km/L(FFのみ)


三菱 CV1 / 2 / 5W デリカD:5(ローデスト含む)

三菱 デリカD 出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

2.4リッターガソリン車(4WD):10.6km/L

2リッターガソリン車(2WD):13.0km/L

2.3リッターディーゼルターボ車(4WD):13.0km/L
 

会員登録すれば500ポイント付与

5代目ステップワゴンの新車価格・中古相場価格は?

ホンダ ステップワゴン 出典:http://www.honda.co.jp/

5代目ステップワゴン

新車価格

228万8,000~366万5,000円

中古車相場

169.9~329.8万円

ライバル車のお値段は?

日産 C27セレナ

新車:243万5,400~301万1,040円

中古車:175~367万円


トヨタ ノア

新車:228万4,691~332万1,000円

中古車:145~309.9万円


三菱 CV1 / 2 / 5W デリカD:5(ローデスト含む)

新車:240万8,400~429万8,400円

中古車:39.8~379.9万円
 

5代目ステップワゴンの代表的なスペック

ホンダ ステップワゴン ホンダセンシング出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ RP1 ステップワゴン G ホンダセンシング 2016年式

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,695×1,840

ホイールベース(mm):2,890

車両重量(kg):1,670

エンジン仕様・型式:L15B 直列4気筒DOHC16バルブ i-VTEC ターボ

総排気量(cc):1,496cc

最高出力:150ps/5,500rpm

最大トルク:20.7kgm/1,600~5,000rpm

トランスミッション:CVT

駆動方式:FF

歴代ステップワゴンの識別点(3代目まで)

ホンダ ステップワゴン 出典:https://ja.wikipedia.org/

4代目(2009~2015年)

ホンダ ステップワゴン 出典:https://ja.wikipedia.org/


現行フリードやオデッセイにも通じる、2010年代中盤以降のホンダミニバンデザインの特徴である、「低い一のバンパーから斜めになったグロントグリル、ボンネットからフロントガラスへとなだらかなライン」という5代目の基本デザインとはちょっと異なる4代目。

2000年代後半から2010年前後のホンダ車に多いメッキ調の大きめで直立したフロントグリルを持っており、デザイン上の押し出し感では4代目の方が迫力があります。

2017年現在の目線で見ると、歩行者衝突時の被害軽減や空力上の要請が5代目のようなデザインの変化を生んだのでしょう。

リアから見ればもちろん「わくわくゲート」の有無で違いは明らかです。
 

3代目(2005~2009年)

ホンダ ステップワゴン 出典:https://ja.wikipedia.org/


「ハコ」の印象が強いステップワゴンにあって、同時期のオデッセイ同様に低重心で低くスポーティ路線を狙っていたのが3代目で、歴代ステップワゴンの中ではやはり当時流行っていたつり目のヘッドライトが最大の識別点です。

エンジンルームの小型化で全長が短くなるなどダウンサイジングが図られた意味でも歴代モデルの中では特異な存在でしたが、初めて両側スライドドアを採用するなど、使い勝手や快適性へも大きく配慮されていました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

出典:http://www.honda.co.jp/

トヨタや日産が最新ミニバンにスペース追求やハイブリッド、運転支援装置など目を引きやすい最新装備を売りにしているのに対し、ホンダのミニバンは走りや実用性で個性を発揮しているのが売りです。

ステップワゴンのVTECターボやわくわくゲートはまさにその典型的な例で、どちらもライバル車には無いものですから、カタログより実際に乗って使って確かめてみるタイプのユーザーへには非常にわかりやすいアピールポイントを持っています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!