ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
2年連続で軽自動車販売台数トップ、JF1/2型N-BOXの魅力を振り返ります

2年連続で軽自動車販売台数トップ、JF1/2型N-BOXの魅力を振り返ります

低迷気味だったホンダの軽自動車が復活した起爆剤、そして販売ランキング上位争いをする原動力になった「N」シリーズ。その第1弾として2011年にデビューしたのがN-BOXでした。

ダイハツ タントなどハイトワゴンに真っ向から挑み、大ヒットとなったことで「N」シリーズをホンダに定着させました。そんなN-BOXも2017年秋には新型がデビューします。現行N-BOXはどんな車だったのでしょうか?

ホンダ軽乗用車躍進の原動力となったN-BOX

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/


2000年代後半、軽乗用車市場はワゴンRに始まるハイトワゴンブームが過ぎて、ダイハツ タントを始めとするより車高の高いスーパーハイトワゴンブームが到来していました。

子供であれば社内で立つことすら可能な室内高を持ち、進化にともないスライドドアさえ持つようになったタントに追従するモデルをライバル車でも発売するようになります(ただし、もともとワゴンR系のハイトワゴン同様、三菱が先に作っていたのですが)。

さらにフロントグリルなどにメッキを多用したアグレッシブなデザインを持つ軽自動車も流行するようになりましたが、ホンダのラインナップにはそのどちらもが欠けていました。

一応、ホンダもライフ派生型で高い室内高を持つゼストを販売していましたがアピール度に欠け、ライフも含めてアグレッシブデザインでは出遅れていたのです。

そこで、それら全てを挽回する新たな軽乗用車を開発し、新ブランドで積極的にアピールすることとなり、2011年に誕生した第1号車がN-BOXでした。

ホンダの目論見通り、これまでのホンダ軽乗用車とは一線を画すクールなデザインでユーザーに受け入れられて大ヒットし、以後のN-WGNやN-ONEなど「N」シリーズの牽引役となっていきます。
 

N-BOXの特徴・特色

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/

新開発プラットフォームでセンタータンクレイアウトを採用

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/


N-WGNより前、ホンダでは既にコンパクトカーのフィットでセンタータンクレイアウトを採用、優れたスペース効率を実現していましたが、意外にもそれより小さい軽自動車には採用されていませんでした。

そこでN-WGNではセンタータンクの軽自動車用プラットフォームを新開発した結果、同クラスでもっとも低い低床フロアが実現したのです。

エンジンルームも思い切って短縮したことで室内長、室内高ともに従来のライフやゼストを大きく上回り、それまでのホンダ軽乗用車のイメージを大きく覆しました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

トルクフルな新開発エンジンはホンダ軽自動車初の4バルブDOHCエンジン

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/


1960年代の軽トラック、T360で軽自動車初のDOHCエンジンを搭載していたホンダですが、意外やその後の軽自動車用エンジンは保守的でした。

2000年代に至るまでSOHC2バルブ、あるいは4バルブエンジンの採用を続けており、緻密な制御が難しいこともあって、スペック上の最高出力や最大トルクはともかく、低回転でのトルクや燃費など実用性能では大きく立ち遅れていたのです。

N-WGN開発に当たってはライバル同等のDOHC4バルブエンジンS07Aを新規開発して搭載しましたが、ライバル同様に可変バルブタイミング機構を持ち緻密な制御が可能、かつ高圧縮で低回転からの効率が優れたエンジンでした。

しかもターボ車では2,600回転とライバルより低回転で最大トルクを発揮して実用性で勝り、登録車では優れたエンジンを多数輩出していたホンダが、ようやくライバルに追いつき追い越したエンジンだったのです。
 

CVTも新開発、アイドリングストップと組み合わせて燃費を向上

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/


ミッションもエンジン同様ライバル社の軽自動車に立ち遅れていた分野でしたが、ライフやゼストで採用していた4速ATから専用開発のCVTに一新。

新型エンジンやアイドリングストップとの組み合わせで大幅に効率化され、それまでのホンダ軽乗用車より大柄で重くなったにも関わらず、同等の燃費を達成しました。

デビュー時から段階的に効率アップを果たして、2017年現在ではライバルに燃費性能でもだいぶ近づいており、今後のさらなる熟成が期待されています。
 

N-BOX・ライバル車との燃費比較

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ JF1 / 2 N-BOXカスタム

NA:25.6km/L(4WDは23.6km/L)

ターボ:22.0~23.8km/L(4WDは20.8~21.4km/L)


ライバル車の燃費性能は?

ダイハツ LA600S / 610S タント

ダイハツ タント出典:https://ja.wikipedia.org/

NA:28.0km/L(4WDは25.8km/L)

ターボ:26.0km/L(4WDは24.6km/L)


スズキ MK42S スペーシア

スズキ スペーシア 出典:https://ja.wikipedia.org/

NA:30.6km/L(4WDは29.0km/L)

ターボ:26.8km/L(4WDは25.6km/L)


日産 B21A デイズルークス / 三菱 B11A eKスペース

 日産 デイズ出典:https://ja.wikipedia.org/


NA:22.0km/L(4WDは22.2km/L)

ターボ:20.6km/L(4WDは20.4km/L)
 

会員登録すれば500ポイント付与

N-BOXの新車価格・中古相場価格は?

出典:http://www.honda.co.jp/

N-BOX

新車価格

148万~193万9,400円

中古車相場

35~163万円

ライバル車のお値段は?

ダイハツ LA600S / 610S タント

新車:152万8,200~187万3,800円

中古車:53.5~165万円


スズキ MK42S スペーシア

新車:153万3,600~191万8,080円

中古車:59.9~159.9万円


日産 B21A デイズルークス

新車:162万8,640~203万7,960円

中古車:39.8~179.3万円
 

N-BOXの代表的なスペック

ホンダ N-BOX ターボ 出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ JF1 N-BOX G ターボLパッケージ 2016年式

全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,780

ホイールベース(mm):2,520

車両重量(kg):960

エンジン仕様・型式:S07A 直列3気筒DOHC12バルブ ICターボ

総排気量(cc):658cc

最高出力:64ps/6,000rpm

最大トルク:10.6kgm/2,600rpm

トランスミッション:CVT

駆動方式:FF

N-BOXの派生モデル

N-BOX+(プラス)

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/


元々はライバル車にも設定があるリアへの車椅子乗り入れ仕様として開発されたもので、通常の生産ラインで少数生産するには効率が悪いと判断されて通常モデルとして設定。

荷室に通じるスロープを組み合わせて、オートバイや自転車などの積載を容易にする「ユニバーサルブリッジ」と、大小2つのマルチボードとエンドボードの組み合わせで荷室を多彩にアレンジできる「マルチスペースシステム」が売り。

もちろんそもそもの開発目的だった車椅子仕様もあり、介護からレジャーまで多彩な用途に対応しています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

N-BOX SLASH

ホンダ N-BOX 出典:http://www.honda.co.jp/


車高の高さが売りのスーパーハイトワゴン、N-BOXのロールーフ仕様という意表をつくモデルがスラッシュ。

単にルーフを100mm低くしただけではなく、リアに向かってルーフが下に絞り込まれ、逆にウィンドウラインは上げることで、クーペ風に見えるよう工夫されています。

後席ドアはスライドドアから通常の横開きヒンジ式ドアに変更した上で、ドアハンドルはドアパネルではなくもっと上のガラス側に配置されているため、2ドアクーペ風なのも特徴です。

なお、リアの車名エンブレムは「N BOX /(スラッシュ)」となっています。
 

まとめ

出典:http://www.honda.co.jp/

まるで1BOXミニバンの軽自動車版のようであり、名が体を表しきっている「ハコ」そのもののN-BOX。

規格でサイズ制限が厳しく、デザインの制約が大きい軽自動車で思いきり割り切ったデザインを採用したことがかえってウケて大ヒットとなりました。

ライバル他社と比べるとだいぶ回り道をしたホンダでしたが、N-BOX以降の「N」シリーズは好評で、軽自動車ブームにも乗ってすっかり息を吹き返した形です。

2017年秋には新型N-BOXがデビューするとHondaが公式にアナウンスをしているので、新型も気になるところですね。

併せて読みたい!

N-BOXがフルモデルチェンジ!トレンドに則ったデザインで2017年秋登場予定

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!