ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
後期型80ヴォクシー最新エアロパーツ!おすすめはこれだ!

後期型80ヴォクシー最新エアロパーツ!おすすめはこれだ!

姉妹車であるノアと共に、2014年に発売された80ヴォクシー。

ドレスアップ要素の高いヴォクシーは、若い世代にも人気のミニバンです。

そんな80ヴォクシーが2017年7月にマイナーチェンジされ、後期型が登場しました。

今回は後期型80ヴォクシーの最新エアロパーツを紹介します!!

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

80/85型ヴォクシーに装着したいカスタムパーツ特集!

80/85型ヴォクシーに装着したいカスタムパーツ特集!

2014年から3代目となり、より一層の人気を集めている80/85型ヴォクシー。 トヨタの5ナンバーサイズミニバン3兄弟の中でも、少し硬派なイメージのカッコイイ顔つきが人気の1台ですね! 今回はそんな80/85型ヴォクシーのカスタムにおすすめのカスタムパーツをご紹介致します!

80ヴォクシーをスタイリッシュに!おすすめのフロントグリル13選

80ヴォクシーをスタイリッシュに!おすすめのフロントグリル13選

姉妹車であるノアと共に、2001年に発売されたヴォクシー。 ノアよりもドレスアップ要素の高いヴォクシーは、若い世代にも人気のミニバンです。 そんなヴォクシーのショップデモカーは多数存在し、様々なカスタムがなされています。

80系ヴォクシー前期型のカスタムにおすすめのフォグランプ特集

80系ヴォクシー前期型のカスタムにおすすめのフォグランプ特集

トヨタのミニバンとして人気の80/85型VOXY。 姉妹車であるNOAHと同じくドレスアップ的要素を備えており、様々なカスタマイズパーツが販売されています。 今回はそんな80/85系VOXYのカスタムやドレスアップにおすすめのフォグランプについて紹介していきます。

コレひとつで愛車をもっとカッコ良く!ヴォクシーに着けたいデカール特集

コレひとつで愛車をもっとカッコ良く!ヴォクシーに着けたいデカール特集

2001年に姉妹車のNOAH(ノア)と同時に発売が開始されたVOXY(ヴォクシー)。 ヴォクシーはノアとは対照的にドレスアップ的要素の強い印象を持っています。 そんなヴォクシーは今現在まで三代目まで存在し、どの代にも様々なカスタマイズパーツが発売されています。 今回はその三代目ヴォクシー、80/85系の外装カスタマイズについて紹介します。

M'z SPEED EXCLUSIVE ZEUS GRACE LINE 後期型80ヴォクシー

出典:https://www.mzspeed.co.jp/

エムズスピードのエアロパーツブランドであるエクスクルーシブゼウス

ミニバン、SUV、コンパクトカーなど各車種パーツの製造、販売しており、デザイン力にも定評があります。


出典:https://www.mzspeed.co.jp/

フロントは、ZSらしさをそのままに、LEDライト付きのフロントハーフとグリル周りのパーツで構成されています。

フロントフェイスを一段とシャープに、そして高級感を演出してくれます。

出典:https://www.mzspeed.co.jp/

サイドは、フラップ風のデザインで、ボディラインとの繋がりを自然に意識したデザインとなっています。

シンプルでありながら、サイドをよりスポーティーなイメージへ変化させてくれます。

出典:https://www.mzspeed.co.jp/

リアは、センター下部にフィンを配置。

オプションのLEDバックフォグを装着することで、スポーティな見た目を実現します。

また、同社の4本出しマフラーを同時に装着することで、よりアグレッシブな見た目に仕上げてくれます。

出典:https://www.mzspeed.co.jp/

ウイングは、純正に被せて延長させるタイプで、ボディラインとの繋がりが自然に仕上げられており、スポーティー感を高めてくれます。

80ヴォクシーの純正のスタイルを崩しすぎず、それでいてスポーティな装いとなるのが、M'z SPEEDのエアロパーツです。

 

KUHL PREMIUM 80V-SS

出典:http://kuhl-japan.com/

高級ミニバンや高級セダンをターゲットとしたエアロブランド「KUHLPREMIUM(クールプレミアム)」ブランド初となる、ミドルサイズミニバンのエアロパーツ。

空力を徹底的に追求した、立体感あふれるレーシングデザインが特徴です。

出典:http://kuhl-japan.com/

フロントは、ハーフタイプながらも左右に大型ダクトを備え、センターにも空力効果の高いセンターダクトを配置した、立体感溢れるデザインです。

また、エアロ下のクリアランスを確保できるデザインにより、ローダウン車でもストレス無く運転して頂く事が可能となっております。

出典:http://kuhl-japan.com/

サイドは、ローフォルムをさらに強調させてくれます。

前後の張り出しが特徴的なレーシングデザインとなっています。

出典:http://kuhl-japan.com/

リアにはフローティングディフューザーを用意。

純正バンパー下部に吊り下げてマウントすることにより、インパクト溢れる美しいリアビューを作り上げています。

マフラーレスながらも、後方へ大きく反り上げたデザインにより、空力を感じさせるレーシングスタイルに仕上げる事ができます。

80ヴォクシーを限界ギリギリのローダウンスタイルで楽しみたい方におすすめです。
 

admiration DEPORTE 後期型80ヴォクシー

出典:http://www.admiration.ne.jp/

admiration(アドミレイション)が手がけるヴォクシーは、車両のボディーライン、造形美を徹底して研究、試行錯誤し、躍動美を高め先進性を突き詰めたプレミアムスタイルを提案。

また、洗練さを際立て卓越したラインワークと上質感あふれる造形美で、カスタマイズの本質を極めた格別な存在感でヴォクシーにさらなる上質感を与えます。

出典:http://www.admiration.ne.jp/

フロントは、エッジを際立たせた伸びやかなセンターパートとそれを囲い込むサイドパートを融合したダブルリップデザインにより、スポーティー感を高めています。

また、グリルは2ピース構成でボンネットフードからヘッドライトまでかかる迫力あるワイドデザインを採用し、大胆なフロントフェイスに仕上げつつ精悍な存在感を印象づけます。

出典:http://www.admiration.ne.jp/

サイドは、シンプルでありながら決して誇張し過ぎず、ボディーバランスを追及し、フロントからリヤへの連動感や面を美しく見せるサイドフォルムを実現しており、車格を大きく見せてくれます。

出典:http://www.admiration.ne.jp/

リアは、ボディーラインを継承した一体感ある造形美でAラインをセンターに配置した左右3分割となる立体デザインで上質感を演出してくれます。

また、センター下部にはダクトを配置、ワイドなLEDローマウントもオプション装着により存在感を与えます。

出典:http://www.admiration.ne.jp/

ウイングは、2段ウイングデザインを新たに採用した純正交換タイプとなっています。

左右先端に張り出しを与えたスポーティーかつ躍動感をプラスし、塗り分けアレンジで個性的なアプローチも可能としたスタイリッシュかつ存在感があります。

80ヴォクシーをスタイリッシュにブラッシュアップして楽しむのは如何ですか?
 
会員登録すれば500ポイント付与

ROWEN PREMIUM EDITION 後期型80ヴォクシー

出典:http://www.rowen.co.jp/

デザインのテーマは、羨望の眼差しを集める「空前絶後の存在感」

ROWENの80系ヴォクシー前期モデル用ボディキットは、各自動車専門誌の表紙を飾り、藤沢とおる先生の漫画作品『GTO』に登場したことでも注目を集めました。

後期モデルも、そのデザインを踏襲したパーツとなっています。


出典:http://www.rowen.co.jp/

後期モデルではフロントグリル下部のセンター開口部が大幅に拡大されたことにともない、フロントスポイラーのLEDスポットランプの設置位置をフォグランプ下側へと移動。

前期モデルでは片側3発ずつだったLEDの個数を片側4発ずつにしたことの相乗効果により、ワイド感と安定感、そしてラグジュアリーさをさらに増してくれます。

出典:http://www.rowen.co.jp/

サイドは、フロントフェンダー後端のパネル部分のみ純正と交換し、それ以外はスライドドア下部に装着するタイプとなっていて、完璧なフィッティングを実現。

出典:http://www.rowen.co.jp/

リアは、ワイド感とレーシーさを演出。

迫力あるディフューザー形状や左右の2連ダクト、センターのLEDバックフォグ(オプション)などが特徴的なリアハーフスポイラーの意匠や独創的なリアコーナーパネルが特徴的です。

出典:http://www.rowen.co.jp/

ウイングは、翼端板の形状に特徴があり、圧倒的な存在感があります。

また、車検も問題なくクリアできるというのも大きなポイントです。

圧倒的な存在感を放ち、他車との差をつけてみるのは如何ですか?
 

SIXTH SENSE JOULE 後期型80ヴォクシー

出典:http://www.sixth-sense.jp/

エアロ界のトレンドであるフラップ風を業界に先駆けて具現化し、ひとつのデザインとして定着化させたブランド。それがSIXTH SENSE(シックスセンス)です。

上品さをしっかりと高めつつ、スポーティーなスタイルへと変貌させてくれます。

出典:http://www.sixth-sense.jp/

フロントは、純正バンパーの底に直付けするタイプの薄型エアロ。

左右を翼端板風に持ち上げており、レーシーさを演出してくれます。

出典:http://www.sixth-sense.jp/

サイドは、フラップ風でシンプルにまとめられています。

シンプルな形状でありながら、要所で張り出しを変えるなど若干の抑揚でサイドに適度なアクセントを追加します。

出典:http://www.sixth-sense.jp/

リアは、サイドと同様のフラップとは別に、ディフューザー風のガーニッシュをアドオン。

地味すぎず派手すぎない、絶妙なバランスで80ヴォクシーをブラッシュアップします。
 

まとめ

80VOXYの最新おすすめエアロパーツまとめ、如何でしたか?

車を自分好みにカスタムすればするほど愛着が湧き、よりカーライフを楽しめると思います。

80ヴォクシーのオーナーの方は、この記事を参考にカスタムを検討し、ご自身のスタイルでカーライフを楽しんでください!
 
会員登録すれば500ポイント付与

80/85ヴォクシーのデモカーをもっと見る!

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!