ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
GTウイングと言えば?SaRDが作り出す効果的かつ用途別のリアウイングに迫る

GTウイングと言えば?SaRDが作り出す効果的かつ用途別のリアウイングに迫る

SUPER GT 500クラスで2016年シリーズチャンピオンを獲得したLEXUS Team SaRD。SaRDはレース業界での活躍のみならず、カスタム・チューニングパーツの開発・販売を行なっており、カスタムを楽しむユーザーにとっても身近なパーツメーカーです。

今回はそんな「SaRDと言えば?」なカスタムパーツ、「GTウイング」を紹介いたします。一概にGTウイングと行っても様々な形状があるんです。

GTウイングとは


GTウイングは、全日本GT選手権などのGTマシンのリアウイングをユーザーカーにフィードバックしたもので、アルミ製やカーボン製、一枚羽・二枚羽・3D形状、スワンネック(吊り下げ式)ステーなどウイング部には様々な材質と形状が用いられています。

取り付け場所はリアトランク・リアハッチと基本的には車両後部に取り付けられ、航空機の翼を逆さにしたような形状にすることで、気流が通過した際に下に向かって力(負圧)が発生し車体を路面へと押し付けます(=ダウンフォース)。

通常ではドラッグ(抵抗)となりやすいGTウイングですが、ウイング部の形状を適正化しロードラッグとすることで、後方に抜ける気流の整流効果をもたらし車体を安定させる効果があります。

もちろん、ルックスには好き嫌い分かれるところではありますが、レーシーかつスポーティに車をカスタムするとなるとGTウイングの装着は視野に入れたくなるもの。

今回ご紹介するSaRDのGTウイングにはどのような魅力があるのでしょうか?

Garage内SaRDブランドページ
 

SaRD GTウイングの特徴



【GT WING 020 -最新トレンド豆乳 新世代GTウイング- [現代GTカーのデザイントレンドを取り入れた最新型GTウイング]】現代のGTマシンでトレンドとなっいる直線基調のデザインをベースに左右端を歪曲させたウイング形状を採用。ウイング全体で空気を受け止め効率よくダウンフォースを発生させるとともに極力シンプルな形状を追及することによって空気抵抗の発生を最小限に抑えました

SaRDが作り出すGTウイングには用途別に様々な種類が存在します。走行ステージや走行シーンに合わせウイング部の形状やサイズが異なり、確実に効果が発揮されるよう設計されているのはSaRDならでは。

ストリート向けの小型サイズのGTウイングから、サーキット走行向け、ドリフト走行向けなど様々です。

素材はウェットカーボンをメインに製作されており、綾織・平織・チェックなどユーザーの好みにあったカーボン柄をチョイス可能。

基本的にはほとんどが汎用品ですが、車種別専用設計がされたGTウイングもラインナップされており、取り付けに便利な専用サイズのステーが付属しています。

SaRD公式ホームページはこちら
 

SaRD GTウイング 価格一覧(一部抜粋)

LSR WING 車種専用タイプ
LSR WING 車種専用タイプ 86/BRZ用(カーボン平織/カーボン綾織) ¥108,000(税別)

LSR WING 車種専用タイプ IS350用(カーボン平織/カーボン綾織) ¥108,000(税別)

LSR WING 車種専用タイプ IS-F/IS350 F SPORTS用(カーボン平織/カーボン綾織) ¥108,000(税別)

SaRD 86/BRZ用LSR WINGお問い合わせ


日産GT-R専用ウイングKIT各種 ¥183,000〜205,000(税別)



SUBARU GDBインプレッサ専用GTウイングKIT各種 ¥173,000 〜213,000(税別)
※A型、B型(通常ウイング装着車)への装着にはトランク穴あけが必要



三菱CT9Aランエボ(Ⅷ,Ⅸ)専用GTウイングKIT ¥173,000 〜213,000(税別)
※エボⅦには装着不可

Garage内SaRDブランドページ
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

走行性能を向上させることはもちろんですが、ドレスアップ目的でもルックスとして非常にインパクトがあるGTウイング。

一見似たようなルックスが多いGTウイングですが、その細かな形状により使用用途は様々です。

もしGTウイングの購入を検討されているのでしたら、是非SaRDのGTウイングも検討されてみてはいかがでしょうか?

Garage内SaRDブランドページ

SaRD公式ホームページはこちら
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!