ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
200系4型ハイエースの中古車価格や維持費は?購入後はカスタムして個性を発揮!

200系4型ハイエースの中古車価格や維持費は?購入後はカスタムして個性を発揮!

200系ハイエースで最も新しい形である4型モデル。4型登場後もいくつかの一部改良がなされ、最近のモデルは『4.5型』と呼ばれることもあります。200系ハイエース登場から約9年経過しているため、問題点もほとんどが改良され、最新の予防安全システムを搭載されるため、ハイエース購入を考える方にとっては最善のモデルでしょう。そんな200系4型ハイエースのバンタイプ・標準ボディに着目して、最新カスタムパーツや中古車価格相場、維持費などを紹介いたします。

200系4型ハイエースってどんなクルマ?

トヨタハイエース出典:https://toyota.jp/

200系4型ハイエースは2013年12月9日に発売されました。

フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプのデザインを意匠変更し、リアが側面に凹凸の少ないスライドウィンドウやガラスアンテナを採用したことが大きなトピックです。

また、内装はセンタークラスターパネルを意匠変更し、全車標準装備されたマルチインフォメーションディスプレイには平均燃費や外気温度など表示します。

オプションは全車にLEDヘッドランプ、アルミホイールを用意。他にもデュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチ(オーディオ)を一部のグレードにオプションで用意されています。

グレードの『スーパーGL』は、ショックアブソーバーなどサスペンションをチューニングし、乗り心地の向上がなされています。

2015年1月6日に一部改良され、ガソリンエンジンにデュアルVVT-iを採用し、トランスミッションを4速から6速(シーケンシャルシフトマチック付)に変更。

2016年6月11日、2度目の一部改良がなされ、VSC(Vehicle Stability Control)&TRC(Traction Control)やヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナルを、ワゴンとコミューターに標準装備しました。

トヨタハイエース出典:https://toyota.jp/

2017年12月1日に3度目の一部改良がされ、『4.5型』または『4型後期』と呼ばれています。
トヨタの衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense P』を全車標準装備して安全性が格段に向上しました。

ディーゼルエンジンは3.0リッターの『1KD-FTV』から『1GD-FTV』へ載せ換えられ、6速ATに変更。
ディーゼル車は『平成27年度燃費基準+15%』を達成し、『平成21年基準排出ガス10%低減レベル』が認定されたことでエコカー減税対象車となりました。

バンにもVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナルが標準装備され、全車に盗難防止のためのオートアラームが全車標準装備に追加されました。
 

ハイエースはカスタムベースとして優秀な商業車?!

トヨタハイエース出典:https://toyota.jp/

商用車として働く人を支えるハイエース。

ハイエースを社用車として導入している企業も多く、街で見かけない日は無いくらい、ハイエースは普及しています。

そんなハイエースですが、中にはカスタムが施されている車両も存在します。
 

個性を発揮するならやはりエアロパーツ!

クルマのカスタムの醍醐味と言えば、エアロパーツによるドレスアップカスタムです。

エアロパーツの装着によるカスタムを行えば、ハイエースが持つ商用車としてのイメージを打ち消すことができます。

スポーティなエアロから大胆なフェイスチェンジを実現するエアロまで、様々なスタイルのエアロパーツが用意されています。
会員登録すれば500ポイント付与

Audi R8がモチーフのハイエース?!

GIBSONハイエース出典:http://gibson.aero-stoked.com/

まずご紹介したいのが、GIBSONのグラファム グレン シリーズのエアロパーツ。

こちらの画像のデモカーは、ド派手なラッピングに目が行きがちですが、注目して頂きたいのはフロントバンパーです。

GIBSONハイエースフロントバンパー出典:http://gibson.aero-stoked.com/

カーボン製のアンダースポイラーが装着され、非常にレーシーな装いのこちらのフロントバンパーは、Audi R8をモチーフに開発されました。

FIA GT3車両にもなっている欧州スーパーカーのAudi R8のフロントを彷彿とさせ、ハイエースが商用車であることを忘れさせるようなエアロパーツです。

GIBAONハイエース出典:http://gibson.aero-stoked.com/

ド派手なラッピングなしでもこの通り、ハイエースにスーパーカーのような風格を与えます。

  フロントバンパー以外のグラファム グレンシリーズ エアロパーツは以下リンクよりチェックしてください!

4型ハイエース、スタイリッシュにキマるAKEAのエアロ!

続いてご紹介するのは、ハイエースのノーマルのイメージを崩し過ぎず、それでいて確かなスタイルアップを実現するAKEAのエアロパーツです。

AKEAハイエース出典:http://akea.co.jp/

フロントリップスポイラー、ボンネットガーニッシュ、グリルやなど、フロント周りのカスタムパーツが多くラインナップされています。

中でも注目なのは、グリル又はグリルガーニッシュによるフロントフェイスの変化です。

上の画像は、グリルガーニッシュが装着されています。

AKEAハイエース出典:http://akea.co.jp/

純正ではメッキパーツとなっている部分に、ボディー同色のガーニッシュを装着することで、統一感が増しスタイリッシュな表情を実現します。

AKEAハイエースグリル出典:http://akea.co.jp/

スタイリッシュながら大胆なフェイスチェンジをしたい方は、グリルを装着しましょう。

ワイルドな表情に変化させるグリルは、ハイエースのフロントフェイスに高級感を与えます。
 

乗り心地にも拘りたい!ハイエース用サスペンションキット

「ハイエースは、こういう乗り心地のクルマなのだろう。」

というように、純正状態のハイエースの乗り心地に満足し、不思議に思わないユーザーもいるかと思いますが、ハイエースの乗り心地はもっと良いものにできるのです!

今回ご紹介するのはモタガレが自信をもっておすすめする、Azurのハイエース用サスペンションキット、「Style 藍」です。

ハイエースstyle藍サスペンション出典:http://www.style-i.biz

20段減衰調整機構により、突き上げの少ない快適な乗り心地から、横風への強さ、そしてスポーティーな走りまで、目的に合わせて自在な運動性能を実現します。

同時にフラットな乗り味も実現しているので、同乗者や積荷に最高にやさしい乗り心地を体感できます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ハイエースは寝床にピッタリ!?ベッドキットとは?!

たくさんの荷物や機材を積むことができるハイエース。

その広さを生かして、ハイエースに寝床を作ることが可能です!

仕事で使うだけでなく、家族や仲間たちとキャンプに行く際に、ハイエースを使用するのも良いですよね。

今回は、元寝具店のノウハウを生かし、業界でも早い段階でクルマ用のベッドキットをラインナップしていた「SHINKE(シンケ)」のアイテムをご紹介します!

ハイエースシンケベッドキット出典:http://www.shinke-box.com/

寝心地、使いやすさを徹底的に追求して作られた200系 ハイエース 4型用ベッドキットは、クッションの厚みを8cmとし、自宅のベッドと変わらない圧倒的に快適な車中泊を実現します。

ハイエースシンケベッドキット出典:http://www.shinke-box.com/

更なるポイントとして挙げられるのが、無音、無段階、エアーな感覚でリクライニングが可能な点。

寝心地はもちろん、使い勝手も良いベッドキットなので、ハイエースで出かけてそのまま泊ってしまう・・・

そんな遊びをたくさんしたくなるようなアイテムです。
 

200系4型ハイエースの中古車価格相場は?

トヨタハイエース©Toyota Motor Corporation
 
ガソリン車 ディーゼル車
2013~2014年(前期) 114.8~290万円 129~378万円
2015~2017年(中期) 119~379.8万円 163~540万円
2017年12月~ (後期) 198~355.7万円 288~409.8万円
※モタガレ調べ

200系4型ハイエースの中古車価格相場は上表のようになります。

4型後期モデルは大幅な変更がなされており、発売からまだ約半年しか経っていないため、中古車価格は新車より若干安価に手に入る程度。

ディーゼル車は、ディーゼルエンジンとトランスミッションが変更されたことや、Toyota Safety Sense Pが装備されているところから、少し高くても、4型後期モデルを購入すれば後々元が取れるでしょう。

ガソリン車であれば、6速ATに変更された2015年モデル以降がおすすめです。

4型初期型より動力性能や燃費は断然良く、若干高くなっても中期モデルを選ぶ価値は十分あります。

200系4型ハイエースの維持費は?

自動車保険出典:写真AC
会員登録すれば500ポイント付与

燃料代

4型は改良回数が多く、トランスミッションやエンジンなど大幅変更もされているため、生産時期によって実燃費に変化が現れます。

ここでは4型登場直後の前期(2013~2014年)、ガソリン車のVVT-iエンジンと6速ATのトランスミッションに変更された中期(2015~2017年)、ディーゼル車が1GD-FTVエンジンと6速ATに変更され、全車トヨタセフティーセンスP標準搭載された後期(2017年12月~ )の3つで比較してみます。
 
カタログ燃費
※JC08モード(km/リッター)
実燃費(km/リッター)
前期(2013~2014年) ガソリン車 10.4 -
ディーゼル車 14.0 9.0~13.0
中期(2015~2017年) ガソリン車 11.4 7.0~9.0
ディーゼル車 14.0 9.0~13.0
後期(2017年12月~) ガソリン車 11.4 9.6~11.6
ディーゼル車 13.0 11.1~12.0
※モタガレ調べ
 
年間の燃料代を換算してみると、実燃費値の中間値をとれば、前期ディーゼル車で11.0km/リッター、中期ガソリン車で8.0km/リッター、中期ディーゼル車で11.0km/リッター、後期ガソリン車で10.6km/リッター、後期ディーゼル車で11.6km/リッター。
前期ガソリン車は、3型モデルを参考に8.6km/リッターとします。

年間の燃料代を換算すると1万キロ走行し、レギュラーガソリンリッターあたり140円、軽油リッターあたり110円とした場合、以下のようになります。
年間燃料代(円)
前期(2013~2014年) ガソリン車 162,790
ディーゼル車 100,000
中期(2015~2017年) ガソリン車 175,000
ディーゼル車 100,000
後期(2017年12月~) ガソリン車 132,075
ディーゼル車 94,827

車検代

ハイエース・バンは貨物車登録のため基本的に新車登録から2年後に初回継続車検、2回目以降で1年ごとに継続車検を受ける必要があります。

4ナンバー登録をした場合の継続車検では自賠責保険(12ヶ月)で18,310円、重量税で16,400円、印紙代で1,100円(指定整備工場)です。

トヨタのディーラーで車検を依頼した際は、『12ヵ月定期点検』、『継続検査料』、『検査手続代行料』で約38,000円です。

実際は、これに交換部品・油脂代、技術料などが追加されます。 ここでは交換部品・油脂代、技術料を20,000円と仮定します。

以上からハイエース200系4型の継続車検は93,810円です。

車検代に関しては、ディーラーや販売地域、法改正などで価格が違ってくるため、上で求めた価格はあくまで大まかな見積もり額です。

自動車保険代

ハイエースバン4ナンバー登録で自動車保険に加入する場合は、30代で事業用で加入するときの条件を次のようにしてみましょう。

使用者:家庭限定
使用目的:業務
加入者性別:男性
加入者年齢制限:35歳以上
等級:14等級
車両保険事故負担免責:1回目5万円/2回目10万円
車両保険付き:220万円

以上から対物対人無制限、人身損害1億円、弁護士特約ありとすれば年間保険料は96,710円になるとされています。
会員登録すれば500ポイント付与

自動車税と年間維持費

ハイエースバンを4ナンバー登録した場合、自動車税は年間16,000円です。

そして、『自動車税』、『ガソリン代』、『車検代』、『自動車保険代』から年間の維持費は以下のようになります。
 
200系4型ハイエース・バン・ガソリン車(4ナンバー登録) 200系4型ハイエース・バン・ディーゼル車(4ナンバー登録)
車検代 93,810円 93,810円
燃料代 132,075~175,000円 94,827~100,000円
自動車保険 96,710円 96,710円
自動車税 16,000円 16,000円
合計 338,595~381,520円 30,1347~306,520円
  ※大まかな見積もり額なため、実際の金額と違う場合があります。

【200系ハイエース4型カスタム】まとめ

出典:https://toyota.jp/

トヨタハイエース4型についてカスタムパーツや中古車価格、保険料や税金、維持費などを紹介してきました。

ハイエースは働くクルマのイメージが強いですが、カスタムを施して自分だけのハイエースを作り上げることで、仕事に行くのがもっと楽しくなるかもしれません。

モタガレにはハイエース用のカスタムパーツや商品が多数掲載されているので、あなたのハイエースをカスタムする際に是非参考にしてみてください!
 

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!