ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
3年連続ベストセラーSUV、Hondaヴェゼルの魅力と売れている理由とは?

3年連続ベストセラーSUV、Hondaヴェゼルの魅力と売れている理由とは?

ルーフが低くスタイリッシュなクーペルックのクロスオーバーSUVが流行していますが、コンパクトカーにもその波は押し寄せています。

フィット譲りのスペース効率と優れたパワーユニットを搭載し、2014~2016年のベストセラーSUVとなったヴェゼルなどは、その最有力候補でしょう。

コンパクトSUVのお手本のような、ホンダ ヴェゼル

ホンダ  ヴェゼル 出典:http://www.honda.co.jp/


ホンダはかつてロゴをベースにHR-VというコンパクトSUVを作っていましたが、海外では人気となったものの日本市場では今ひとつで、2006年の廃止後も後継車は作られませんでした。

その後、時代の流れと共にホンダのコンパクトカーはスペース効率が良く走行性能も高いフィットに変わっており、その派生車種は優れたパッケージの恩恵をフルに活かせることを約束されていたのです。

2013年に登場したヴェゼルはそうして生まれた、いわばHR-Vのリベンジ版。

単に大径タイヤを履いて最低地上高の高い乗用車ベースのSUVではなく、流行のルーフを低くしたクーペルックのスタイリッシュなボディを持ち、フィット譲りの効率が高い最新ハイブリッドシステムや、ハイパワーなi-VTECエンジンを搭載しています。

コンパクトカーでもこのようなスタイリッシュなSUVを求めていたユーザーによって大ヒットとなりました。

そのデザインやメカニズム、パッケージは、まさにコンパクトなクロスオーバーSUVのお手本と言えるでしょう。
 

ヴェゼルの特徴・特色

ホンダ  ヴェゼル 出典:http://www.honda.co.jp/

安定かつ軽快、いかにも楽しい走りを予感させるクーペルックデザイン

ホンダ  ヴェゼル 出典:http://www.honda.co.jp/


ヴェゼルで秀逸なのはまずそのデザインで、決して派手さやアグレッシブさは無いものの、スマートかつ重厚感があるフロントマスクに始まります。

それに盛り上がった中央部に対して左右端がストンと一段落ち、後ろに行くに従って幅広に見せるボンネットなど、遠近感を活かしたかのようなフロント部のデザインに、同じく見た目のボリューム感を演出したグラマラスなリアデザイン。

これらによってボディ下半分に安定感を出しつつ、上半分のキャビン部分はフロントウィンドウをしっかり寝かせ、サイドウィンドウはリアに向かいながらせり上がり、ルーフの低いクーペルックを協調して、いかにもスポーティです。

この2つを組み合わせれば、それはまさにロー&ワイドの安定感あるスタイリッシュな5ドアハッチバッククーペに見えてきます。

5ドアであることと、大径タイヤで最低地上高が高いことを除けば、まるでスポーツイメージが濃かった往年のシビックを見ているようで、このスタイルだけで売れないわけがありません。
 

会員登録すれば500ポイント付与

4WDも設定可能な新ハイブリッドシステムが、さらに成功を約束

ホンダ  ヴェゼル 出典:http://www.honda.co.jp/


パワーユニットは1.5リッターガソリンエンジンのL15Bと、同ハイブリッド仕様のLEBの2種類。

いずれもヴェゼルではスポーツ性の高い高出力仕様のi-VTECエンジンで、エンジン出力はL15Bが131馬力、LEBが132馬力です。

特にハイブリッド仕様のエンジンでこれほどリッターあたり出力の高いものも珍しく、システム出力は152馬力に達します。

L15B搭載車ではCVTですが、ハイブリッドのLEB搭載車ではこれをパドルシフトで高速変速が可能な2ペダルMT、7速DCTと組み合わせられていますから、フィットと比べて重いとはいえ、軽快で楽しい走りが楽しめそうです。

それでいてJC08モードも最高27.0km/Lですから、経済性と走りに優れたコンパクトSUVとして秀逸でしょう。

しかもヴェゼルで採用している最新フィットシリーズのハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」は4WDの設定も可能で、これは2017年4月現在、ほかのコンパクトSUVが真似できていない大きなアドバンテージです。
 

フィット譲りのパッケージングで、車内も広々

ホンダ  ヴェゼル 出典:http://www.honda.co.jp/


ベースは3代目フィットなので、センタータンクレイアウトなど優れたパッケージングの恩恵を受け、車内空間はクーペルックでありながら広々としています。

特に後席のひざ周りはミニバン並にゆとりがあるほか座面長も上級セダン同等で卑屈感は無し。

シート背もたれの確度も最適化したことで、ロングドライブでも疲れにくい快適性を確保しています。
 

ヴェゼルのライバル

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR 出典:https://ja.wikipedia.org/


長らくヴェゼルの独走を許してきたトヨタが、悪路走破性は高いもののオフロード色の強すぎたスタイルのラッシュ後継車として開発したのがヴェゼルです。

FF(フロントエンジン・前輪駆動)モデルは1.8リッターハイブリッド仕様でシステム出力こそ劣るものの燃費はヴェゼル以上の30.2km/Lを叩き出す実力派で、4WDモデルの1.2リッターターボもトルクフル。

クロスオーバーSUVとはいえヴェゼル同様、オフロードより都会の似合うスタイリッシュなクーペルックSUVで、まだデビューしたばかりですがヴェゼルに対する最有力の対抗馬です。


日産 ジューク

日産 ジューク 出典:https://ja.wikipedia.org/


ヴェゼルより早く2010年にデビューした、クーペルックでコンパクトなクロスオーバーSUVの日本におけるパイオニア的存在。

ボディ全体がフロントからリアまで全て個性的なデザインをしており、好みが分かれるかと思いきやこれがかえって人気の元になりました。

スポーティなNISMO仕様もあるほか、R35GT-Rのパワートレーン一式を詰め込んだジュークRという強烈なカスタムカーが存在し、なんと欧州では限定ながら実際に販売されて、過激な個性を持つジュークのイメージリーダーとなっています。


マツダ CX-3

マツダ CX-3 出典:http://jp.mazdacdn.com/


ガソリンエンジン搭載モデルの追加も噂されるものの、2017年4月現在のエンジンはSKYACTIV-D 1.5リッターディーゼルターボのみという、これも個性的なクロスオーバーSUV。

エンジンだけではなくマツダのアイデンティティである「魂動(こどう)-Soul of Motion」デザインを採用したデザインはライバルに負けず劣らずスタイリッシュで、現在このクラスを検討しているユーザーは選択肢が豊富過ぎて、非常に悩むのではないでしょうか。
 

会員登録すれば500ポイント付与

ヴェゼルの新車価格・中古相場は?

ホンダ  ヴェゼル出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ ヴェゼル

新車価格

192万~277万円

中古車相場

129.8~278万円

ライバル車のお値段は?

トヨタ C-HR

新車:251万6,400~290万5,200円

中古車:-


日産 ジューク

新車:197万5,320~346万8,960円

中古車:49.8~268.9万円


マツダ CX-3

新車:237万6,000~306万6,400円

中古車:145~280万円
 

ヴェゼルの代表的なスペック

ホンダ  ヴェゼル ハイブリッドRS 出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ RU3 ヴェゼル ハイブリッドRS HONDA SENSING 2017年式

全長×全幅×全高(mm):4,305×1,790×1,610

ホイールベース(mm):2,610

車両重量(kg):1,310

エンジン仕様・型式:LEB 直列4気筒DOHC 16バルブ i-VTEC

総排気量(cc):1,496

最高出力:132ps/6,600rpm

最大トルク:15.9kgm/4,600rpm

モーター仕様・型式:H1 交流同期電動機

最高出力:29.5ps

最大トルク:16.3kgm

トランスミッション:7速CVT

駆動方式:FF

まとめ

出典:http://www.honda.co.jp/

これまでベストセラーSUVとして君臨してきたヴェゼルですが、2016年末にトヨタから有力なライバルC-HRが登場したことで、今後が面白くなってきました。

どちらがこのクラスでトップのクロスオーバーSUVとなるか、迎え撃つヴェゼルも追加グレードや特別仕様車の設定も期待できますし、価格的にも明確な競合車種があった方が、ユーザーにとっては購入時に有利な条件を引き出せるかもしれません。

今後のヴェゼルも、今まで以上に熱い話題が出てきそうですね!

Garage内VESELカスタムカーはこちら
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!