ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ハスラーに続け!癒し系コンパクトクロスオーバーSUV、スズキ・クロスビー

ハスラーに続け!癒し系コンパクトクロスオーバーSUV、スズキ・クロスビー

2014年1月に発売された軽クロスオーバーSUV、スズキ・ハスラーは「待ってました!」とばかりにユーザーから歓迎されてスマッシュヒットを記録しましたが、その一方で「軽自動車じゃなければ買うのに!」という声があったのも事実。そのためデビュー直後から小型車版の存在が噂されていましたが、その期待に見事応えて2017年12月に発売されたのがスズキ・クロスビーです。

スズキ・クロスビーとは?

出典:http://www.suzuki.co.jp/

2014年の発売以来、軽クロスオーバーSUVのスズキ・ハスラーが大人気になる一方で、SUVという車両の特徴を改めて考えると、最大4名に留まる乗車定員や車内スペース、動力性能の限界、輸出を視野に入れた際のボディサイズや部品の調達まで考慮すると、軽自動車という車格は必ずしも最適であるとは言えません。

実際、市場からも小型車版の存在は望まれており、軽クロカンのジムニーにも小型車版ジムニーシエラが存在したことから、ハスラー発売後の早い時期から『ハスラーワイド』的な車種の存在が予想されていました。

そしてその予想通り、2017年10月に東京モーターショー2017でワールドプレミアを行い、同年12月にまず日本専用車として発売されたのがクロスビーです。

見た目はハスラーそっくりですが、ハスラーがワゴンRやアルトをベースとしているのに対し、クロスビーはソリオやイグニスのプラットフォームをベースにし、ボディパーツや内外装の多くは小型車化に当たってほぼ新設計とされました。

とはいえ、見た目の通り『小型車版なので5人乗れて車内も広いハスラー』であり、余裕ある動力性能からも、行動範囲の広いユーザーにとって歓迎すべき小型クロスオバーSUVです。

クロスビーの特徴

出典:http://www.suzuki.co.jp/

クロスビーで最大の特徴と言えるのが、これまたハスラー同様に『リッターカーサイズのクロスオーバーSUVというニッチ商品』というキャラクターです。

現在、世界中で一種のブームとなっているクロスオーバーSUVですが、その元祖的存在である初代トヨタ RAV4や初代ホンダ CR-Vが2リッタークラスから始まり、初代トヨタ・ハリアーの高級路線が受け入れられて世界的ヒットになったことから、高級モデルが多くなっています。

そのため、1.5リッタークラス未満の車種では価格帯の大きな違い、重量に対する動力性能の問題もあって、まさに空白地帯でした。

そこに軽クロスオーバーSUVとして登場したハスラーがヒットした事から需要が明らかになって、ようやくスズキもイグニス(2016年2月発売)やクロスビーを発売したというわけです。

基本的な車両レイアウトとしては、イグニスの1.2リッターエンジンをバレーノの1リッターターボに換装し、ハスラーとほぼ同デザインのボディを載せたというもので、メカニズム面では既存車の流用です。

ハイブリッドシステムも、イグニスと同じIGS(モーター機能付きオルタネーター)を用いたマイルドハイブリッドで、ミッションはバレーノと同じ6速AT(イグニスのCVTでは無い)を用いています。

なお、SUVとしての走破性は『SPORT』『SNOW(雪道トラクションコントロール)』『GRIP CONTROL(悪路でのタイヤ空転制御)』『HILL DESCENT(急な下り坂でも安全な7km/h自動速度抑制)』と4つのモードを持つ電子制御4WDシステムで確保しています。

最低地上高も確保されていますから、ハスラーと同程度の全天候 / 悪路走破能力が期待できるレベルです。

クロスビーの主なライバル車

出典:http://www.suzuki.co.jp/

ニッチなジャンルゆえに、イグニスやハスラーといったスズキ自らが販売している車種以外でのライバルはそう多くありません。動力性能や価格帯的に比較対象となりえるクロスオーバーSUVをいくつかピックアップしてみました。

会員登録すれば500ポイント付与

ダイハツ・キャスト アクティバ

出典:https://www.daihatsu.co.jp

ハスラーに対抗するようなタイミングで、ダイハツが2015年9月に発売したセミトールワゴン、キャストのクロスオーバーモデルがキャスト アクティバです。

デザイン的にはかつてのミラジーノ(特に2代目)と似ておりそのクロスオーバー版セルフリメイクとも言えますが、内容的にはハスラーに準じたアウトドア向けとなっており、ライト感覚のSUVという意味ではクロスビーのライバルにもなりえます。

トヨタ C-HR

出典:https://toyota.jp/

クロスビーよりはかなり大きいものの、当初4WDにしか設定の無かった1.2リッターターボエンジンを2WD(FF)車にも追加したことでかなり価格が下がり、クロスビーに近いグレードも販売されるようになったのがC-HRです。

FFなら1.2リッターターボか1.8リッターハイブリッド、4WDなら1.2リッターターボが搭載され、デザイン重視のため車内は狭いものの、5ドアハッチバッククーペ風ボディはかなりスタイリッシュで、モデリスタなど純正カスタムも豊富。

トヨタではかつて、ダイハツ・ビーゴのOEM供給を受けたラッシュというコンパクトSUVを販売していましたが、その後継がC-HRなため、ポジション的にはクロスビーにもっとも近い存在です。

ホンダ・ヴェゼル

出典:http://www.honda.co.jp

ヴェゼルも車格としてはC-HRと同じでクロスビーより大きいのですが、最安モデルは200万を切り、価格的にはクロスビーと十分競合します。

3代目フィットファミリーのクロスオーバーSUV版で、1.5リッターi-VTECエンジンかそのハイブリット版が設定されており、少々高価なハイブリッドでクロスビーをしのぐ燃費性能を狙うか、ガソリンエンジン版で安価を狙うかという選択肢。

C-HR同様にスタイリッッシュなクーペルックなので、カッコ良さでC-HRやヴェゼルを狙うか、ファニールックでクロスビーやキャスト アクティバを狙うか、ユーザーによって好みの分かれるところです。

会員登録すれば500ポイント付与

クロスビーの新車&中古車価格

出典:http://www.suzuki.co.jp/
2018年5月現在、クロスビーの新車価格の以下のようになります。

HYBRID MX:176万5,800円~180万9,000円(4WDは190万8,360円~195万1,560円)
HYBRID MZ:200万3,400円~204万6,600円(4WDは214万5,960円~218万9,160円)


MXとMZの大きな違いは、MZで標準装備の安全運転支援システムやLEDヘッドランプがMXではオプションになり、MZの方が内外装がやや豪華です。

どちらのグレードでも高価な方は2トーンルーフ、または3トーンコーディネート仕様車となっています。

中古車相場は以下。

169万円~228万円

まだ発売から半年ほどの車種でありながら中古車市場にもそこそこの台数が出回っていますが、そのほとんどは登録済み未使用車や展示車、試乗車の類のようです。

クロスビー 主要グレードのスペック

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ MN71S クロスビー HYBRID MZ 4WD 2018年式
全長×全幅×全高(mm):3,760×1,670×1,705
ホイールベース(mm):2,435
車両重量(kg):1,000
エンジン仕様・型式:K10C 水冷直列3気筒直噴DOHC12バルブ ICターボ
総排気量(cc):996
最高出力:99ps/5,500rpm
最大トルク:15.3kgm/1,700~4,000rpm
モーター仕様・型式:WA05A 直流同期電動機(IGS:モーター機能付きオルタネーター)
最高出力:3.1ps
最大トルク:5.1kgm
トランスミッション:6AT
駆動方式:4WD

まとめ

出典:http://www.suzuki.co.jp/

2018年5月現在、まだ日本国内専用車のクロスビーですが、スズキでは海外市場での投入を否定していないので、輸出や海外生産によって海外市場でもこの愛嬌あるフロントマスクが人気を得る日が来るのかもしれません。

スタイリッシュなクーペルックや豪華装備を競っている感のあるクロスオーバーSUVですが、クロスビーのようなファニールックで癒し系の車種は、迫力ある車種が多い現状からの反動で、いずれもっと人気が出る可能性を秘めているのではないでしょうか?

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!