ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
5大陸走破した全方位SUV、スバル4代目SJ系フォレスターの魅力を再確認

5大陸走破した全方位SUV、スバル4代目SJ系フォレスターの魅力を再確認

全車左右対称の水平対向エンジンを搭載してバランスが良く、伝統的な4WDと組み合わせた「シンメトリカルAWD」でオンロードからオフロードまで高い走行性能を持つスバル車。

その中でも意外やSUVは数少なく、主力モデルがフォレスターです。ボディの大型化が進み、他社のフラッグシップSUVと同格となった4代目フォレスターの魅力とは何でしょうか?

スバル車のDNAが生きるSUV、フォレスター

出典:https://www.subaru.jp/

インプレッサをベースに初代フォレスターが生まれたのは1997年。

それから2代目までは、「ちょっと車高の高いSUV風ステーションワゴン」でした。

もともとレガシィ以降のスバル車は全てラリーで活躍できるほどオンロード(舗装路)からオフロード(未舗装路)まで道を選ばず高い走行性能を誇るのが売りでしたが、その中でも特に最低地上高を上げ、より悪路走破性を高めたのがフォレスターです。

他のクロスオーバーSUVと同じく普通の乗用車をベースにしているとはいえ、その「普通の乗用車」がもともとちょっとしたオフローダー並の性能を持っていたのが特異な点とも言えます。

しかし、ある意味フォレスターのおかげでインプレッサやレヴォーグなどがより普通の乗用車らしく舗装路メインのイメージになれたとも言えるでしょう。

3代目からは、主要市場である北米の要望もあってキャビンの拡大や全幅を広げて本格的にクロスオーバーSUVスタイルに転身、2017年現在は4代目が販売されています。
 

4代目フォレスターの特徴・特色

スバル フォレスター出典:https://www.subaru.jp/
 

デザインはレガシィやレヴォーグなどと共通イメージへ

スバル フォレスター 出典:https://www.subaru.jp/


3代目フォレスターは、当時のインプレッサなどと同様丸みのあるデザインが特徴で、初代や2代目のような角ばったデザインからの大きな変化が賛否を呼びましたが、4代目へのモデルチェンジでデザインコンセプトは2代目以前に戻った感があります。

すなわち、やや角ばったフロント部に対してルーフが高く頭上スペースの広そうなキャビンがリアまで箱のように続くというデザインで、この背の高いステーションワゴンのようなスタイルは、まさに2代目以前の再来を思わせます。

フロントマスクも北米向けにアグレッシブになったレガシィやレヴォーグなど最近のスバル車と共通のイメージとなり、結果的にこれも2代目以前のフォレスターに先祖帰りしたような形となりました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

エンジンは全車新世代ボクサーエンジンへ更新

スバル フォレスター 出典:https://www.subaru.jp/


スバル車最大の特徴であるボクサー(水平対向)エンジンは、3代目まで使われていた旧世代のEJ系エンジンが全廃され、全てのグレードで新世代のFB20型2リッターNA(自然吸気)、またはFA20型2リッター直噴ターボエンジンに更新されました。

特にFA20ターボエンジンはWRX S4が搭載しているのと同じものを280馬力にデチューン(馬力ダウン)させた上での搭載なものの、歴代フォレスターの中では最高出力を誇っています。

組み合わせるミッションは基本的にスバル独自の「リニアトロニック」CVTで、FB20搭載グレードのみ、国内で販売されているクロスオーバーSUVとしては珍しく5速MTを選択可能です。
 

もちろん全車シンメトリカルAWD!悪路走破性を高めるX-MODEもあり

スバル フォレスター 出典:https://www.subaru.jp/


スバルのSUVですから、もちろん全車ともボクサーエンジンと伝統の4WDメカを組み合わせた、左右対称4WD「シンメトリカルAWD」。

その上で余裕の最低地上高220mmを確保していますから、多少の起伏程度であれば、悪路でも本格オフロード車並の走行性能が期待できます。

さらに最廉価グレードの2.0i-Lを除き、電子制御式のアクティブトルクスプリットAWDを採用、路面や走行状況に応じた最適な駆動配分を行ってくれるほか、4代目フォレスターでは新たな制御システム「X-MODE」も採用されました。

これは滑りやすい路面やタイヤ空転時など通常の走行がしにくい路面状況の時に、エンジン、ミッション、4WDメカやブレーキをコンピューターが統合制御することにより、短時間で走行を安定させられる電子制御走行支援システムです。

ほかにも滑りやすい下り坂など、安定して低速で走りたい時に自動で車速をコントロールしてくれる「ヒルディセントコントロール」も備えており、長年乗用4WD車を作り続けてきたスバルらしい、運転しやすく安定度の高い4WDシステムを持っています。
 

4代目フォレスターのライバル

日産 T32 エクストレイル

出典:https://www3.nissan.co.jp/


フォレスター同様、クロスオーバーSUVながらオフロードイメージが強く、実際にオフロードで威力を発揮する電子制御4WDなどを備えているのがエクストレイル。

濡れたままの服でもそのまま乗れる防水シートなど、歴代モデル伝統のアウトドア向け装備が特徴です。

かつてT31時代はクリーンディーゼルモデルが存在しましたが、T32ではハイブリッドモデルで展開し低燃費をアピールしています。


マツダ CX-5(2代目)

マツダ CX-5 出典:http://jp.mazdacdn.com/


高性能クリーンディーゼルターボSKYACTIV-D 2.2を搭載し、大排気量ガソリンエンジン並のトルクフルで余裕のある走りで人気の高いクロスオーバーSUV。

現在のガソリンエンジンも設定している車種の中では珍しく、販売の半分以上がディーゼルエンジンで、スバルのボクサーエンジンともどもその個性が評価されている車です。


三菱 GF/GG アウトランダー(PHEV含む)

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/


ラリーやレースでライバルだった三菱は、ランサーエボリューション生産終了以降もSUVには力を入れており、フォレスターと同格と言えるのがアウトランダーです。

アウトランダーといえばPHEVモデルが存在し、大柄なSUVボディながらも充電電力を使用することで1リッターあたり60km超えの燃費を誇ります。ハイブリッド燃費でも19km超えという低燃費なので、とても経済的。

もちろんSUVとしての悪路走破性を備えており、フォレスターに対して強力なライバルと言えます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

4代目フォレスターの新車価格・中古相場は?

スバル フォレスター 出典:https://www.subaru.jp/

スバル SJ系フォレスター (4代目)

新車価格

241万9,200~312万8,760円

中古車相場

145.8~398万円


ライバル車のお値段は?

日産 T32 エクストレイル

新車:219万7,800~366万5,520円

中古車:129.9万~347万円


マツダ CX-5(2代目)

新車:246万2,400~356万6,200円

中古車:-


三菱 GF/GGアウトランダー

新車:253万8,000~478万9,260円

中古車:109.0~420.0万円
 

4代目フォレスターの代表的なスペック

スバル フォレスター 出典:https://www.subaru.jp/

スバル SJG フォレスター2.0XT EyeSight 2017年式

全長×全幅×全高(mm):4,595×1,795×1,715

ホイールベース(mm):2,640

車両重量(kg):1,610

エンジン仕様・型式:FA20 水平対向4気筒DOHC 16バルブ ICターボ

総排気量(cc):1,998

最高出力:280ps/5,700rpm

最大トルク:35.7kgm/2,000~5,600rpm

トランスミッション:CVT

駆動方式:4WD

4代目フォレスター・歴代モデル(2代目まで)

3代目SH系(2007~2012年)

3代目 スバル フォレスター 出典:https://ja.wikipedia.org/


同時期のインプレッサと同じく全体に丸みのあるデザインをしているのが特徴で、オーバーフェンダーさえボディから丸く突き出していたことから、歴代フォレスターの中では「丸くやわらかいフォレスター」というデザイン。

デビュー当時大きく太ったと批判的な意見もあったので現在でもそのような印象がありますが、実は現行の4代目SJ系より少し小さく軽いのです。


2代目SG系(2002~2007年)

2代目 スバル フォレスター 出典:https://ja.wikipedia.org/


ほぼ初代からキープコンセプトのデザインでしたが、後期型で横長デザインののヘッドライトになりバンパー形状も変わったことで、やや迫力の増した顔つきに。

ある程度の最低地上高を保てる範囲で車高を下げ、都市型SUVコンセプトの「クロススポーツ」というグレードもありましたが、元より少し車高が高いステーションワゴンというスタイルだったので、見た目にはあまり変わりませんでした。

この代までSTiバージョンが存在し、特に2代目ではSTiバージョンにのみ2.5リッターターボエンジン(EJ25)が搭載されていた特別なホットモデルです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

出典:https://www.subaru.jp/

3代目で丸く柔らかかったデザインが他のスバル車同様角ばったアグレッシブスタイルになったことで、再びフォレスターらしさを取り戻した感のある4代目。

さながらステーションワゴン レヴォーグのハイルーフSUV版といった雰囲気で、たくましさを感じさせます。

その上でスバル車らしく「アイサイト」など安全装備も充実していますので、スバリストのみならず、高い走行性能と安全性を重視するユーザーであれば、誰にでもオススメできる1台です。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!