ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
直6からV6エンジンへ、生まれ変わったV35型スカイラインの魅力を振り返ります

直6からV6エンジンへ、生まれ変わったV35型スカイラインの魅力を振り返ります

コンセプトカーXVLとして公開された当初、従来車からのあまりの変化に次期ローレルと間違えられたV35スカイラインですが、その走りは本物です。

Z33フェアレディZの4人乗りクーペ / 4ドアセダン版と考えれば、急にスポーティに思えてきませんか?

全ては質感の高い走りのために、新世代スカイライン

V35 スカイライン 出典:http://history.nissan.co.jp/


V35スカイラインが2001年にデビューした時の衝撃は、まさに天地がひっくり返るほどの出来事だったと言って良いかもしれません。

先代は名機と呼ばれたRB系直列6気筒エンジンを搭載した、いかついながらも戦う意志を前面に押し出すようなデザインのスポーツセダン&クーペ、R34スカイライン。

しかもレースで大活躍するスカイラインGT-Rをトップに据えて、いかに経営不振で存続の危機にあり、販売不振から回復できていなかったとしても、スカイラインは日産ファンの心の誇りだったのです。

それが、V35スカイラインでは一転、流麗でラグジュアリー性も高いデザインの高級スポーツセダンとなったのですから、とても反発されました。

ベースとなったコンセプトカー、XVLが公開された時にはローレル後継車と予想されていたのでそれほどでもありませんでしたが、R34からあまりに変わりすぎて、スカイラインの名となかなか結びつかなかったのです。

しかし、本来高い走行性能と快適な運転を両立させるために採用されたフロントミッドシップパッケージは、Z33フェアレディZや兄弟車のCV35スカイラインクーペが同じプラットフォームを使っていることでもわかるように、そのポテンシャルは非常に高いものでした。

理解を得るには時間がかかったものの、V35スカイラインはその時確実に、新時代の日産スポーツセダン&クーペとして歩みだしたのです。
 

V35スカイラインの特徴・特色

V35 スカイライン出典:http://history.nissan.co.jp/

 

新開発のFR-Lプラットフォームによるフロントミッドシップパッケージ

V35 スカイライン 出典:http://history.nissan.co.jp/


コンセプトカーXVLがローレル後継車と誤った予想で報道されたため、もともとスカイラインになるはずでは無かったと誤解されるV35ですが、実態はかなり異なります。

1990年代から「次世代で究極の走りを目指すスカイライン」を目指して開発されたプラットフォームは新世代のV6またはV8エンジンをフロントミッドシップに搭載し、最適な前後重量バランスを目的にしていました。

重量配分は一般的に理想的と思われている前後50:50ではなく52:48を目標として、ロングホイールベース、ショートオーバーハングの高速安定性に優れたパッケージングだったのです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

世界最高レベルの空力性能を目指した、サーキット由来のボディデザイン

V35 スカイライン 出典:http://history.nissan.co.jp/


R34からの違いが賛否両論だったボディのデザインも、空力性能を突き詰めた結果でした。

単純に空気抵抗が少ないだけではなく、車体の周りを流れる空気が渦を巻いて高速走行時に挙動を乱さないような配慮がなされています。

その上で、車体底面の空気の流れにまで気を使い、高速時に車体が浮いてきてドライバーに不安を感じさせないよう、それでいて車を安定させるため上から押さえつけるほどの空気抵抗にならないよう、「ゼロリフト」を目標としていたのです。

これらはサーキットでのレーシングカーのセッティング実績が由来のコンセプトで、一見それまでのスカイラインと全く縁が無いような流麗なデザインは、サーキットという一点で確実につながっています。
 

フェアレディZを補完する4人乗り2ドアスポーツクーペ

V35 スカイライン 出典:http://history.nissan.co.jp/


2003年にはCV35スカイラインクーペも追加され、R34まで伝統だった4ドアスポーツセダン / 2ドアスポーツクーペのラインナップが復活します。

2002年にZ33として復活した新世代フェアレディZは2シーターのみでしたが、それを補完する4人乗りスポーツクーペとしてCV35が誕生しました。

ボディデザインはV35スカイラインのイメージを残していますが、実質的にはZ33の準兄弟車というべき存在で、搭載された3.5リッターV6のVQ35DEエンジンは自主規制時代で280馬力止まりだったものの、最大トルクははR34のRB25DETを上回っています。

当初3リッターと2.5リッター2種のV6エンジンだったセダンも、後に3リッターエンジンに代わって3.5リッターV6エンジンを搭載、スポーツセダンとしての魅力を増しました。
 

V35スカイラインのライバル

トヨタ JZX110 ヴェロッサ

トヨタ  ヴェロッサ 出典:https://ja.wikipedia.org/


スカイライン同等のスポーツセダンをトヨタで受け持っていたのはチェイサーでしたが、実質的な後継車アルテッツァは2リッタークラスで小型FRスポーツセダンとなっています。

代わってスポーツセダンとして浮上したのがクレスタ後継のヴェロッサで、マークIIとは異なりヤマハチューンの2.5リッターターボ1JZ-GTEに5速MTを組み合わせた「VR25」というスポーツグレードがありました。

デザインがかなり個性的でしたが中身は意外と硬派な車で、ビスタ店がネッツ店に統合されたため3年足らずの短期生産で終わったのが惜しまれます。


メルセデス・ベンツ Cクラスセダン(2代目W203)

メルセデス・ベンツ Cクラス 出典:https://ja.wikipedia.org/


Eクラスで採用されていた丸目4灯ヘッドライトを採用した時代のCクラス。

1.8~2リッターの直4スーパーチャージャーエンジン搭載モデルがかなりお手頃価格でしたが、その初期は大排気量グレードにSOHCエンジンを採用し、ユーザーへのアピール度で少々難があった時代でもありました。

マイナーチェンジでAMGモデル以外はDOHCエンジンと7速ATを搭載して人気回復。


BMW 3シリーズセダン(4代目E46)

BMW 3シリーズ 出典:https://ja.wikipedia.org/


後に1シリーズへと発展する「3シリーズコンパクト」が設定されていた時代の3シリーズで、BMWがコンパクトカーを作ったと話題になりました。

まだ320iに「スモールシックス」とも呼ばれる2リッター直列6気筒エンジンが残っており、比較的安価にシルキーシックス(BMWの直列6気筒エンジン)を味わえたこの時代を懐かしむ人もいます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

V35スカイラインとライバルの中古相場は?

V35 スカイライン 出典:http://history.nissan.co.jp/

V35スカイライン

中古車相場

5.9万~185万円

ライバル車のお値段は?

トヨタ JZX110 ヴェロッサ

中古車:11.8万~390万円


メルセデス・ベンツ Cクラスセダン(2代目W203)

中古車:9万~149万円


BMW 3シリーズセダン(4代目E46)

中古車:5.6~269万円
 

V35スカイラインの代表的なスペック

PV35 スカイライン 350GT 出典:http://history.nissan.co.jp/

日産 PV35 スカイライン 350GT 2003年式

全長×全幅×全高(mm):4,675×1,750×1,470

ホイールベース(mm):2,850

車両重量(kg):1,490

エンジン仕様・型式:VQ35DE V型6気筒DOHC 24バルブ

総排気量(cc):3,498

最高出力:272ps/6,000rpm

最大トルク:36.0kgm/4,800rpm

トランスミッション:6MT

駆動方式:FR

V35スカイライン前後モデルの違い

12代目V36(2006年~2014年・クーペは2007~2016年)

V36  スカイライン 出典:http://history.nissan.co.jp/


ルーフがっやや高すぎてスタイリング面での弱点だったV35から、ルーフ高ダウンとボディ拡幅のロー&ワイド化を図り、よりスタイリッシュになったのがV36。

基本デザインはキープコンセプトなのでほとんど違いはなく、ヘッドライトが大型化されてフロントグリル左右からフェンダー上部へ向かいつり上がるようなデザインと、空力向上のためかセダン・クーペともにトランク後端が盛り上がっているのが特徴です。

エンジンは後期と同じ3.5リッターおよび2.5リッターのV6エンジンでしたが改良され、特に3.5リッターのVQ35HRは315馬力に大幅パワーアップされました。

VR35HRはさらにZ34フェアレディZと同じVH37VHRへ更新され、最終的に330馬力。


10代目R34(1998~2001年・GT-Rは1999~2002年)

R34  スカイライン 出典:https://ja.wikipedia.org/


確かにこうしてみるとV35と全然違う車と思えるR34ですが、ではこのイメージはどの代からとさかのぼれば、なんと1981年デビューの6代目R30から。

さすがに20年も同じようなイメージを持つデザインだったならば、変わって良かったのかもしれません。

なお、この代までエンジンは直列4気筒または同6気筒で、後に直列4気筒エンジンは13代目V37スカイラインで復活しますが、直列6気筒エンジンを搭載するスカイラインはR34が最後になりました。

また、GT-Rがスカイラインの最上級グレードとして存在したのもこの代が最後です。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

V35 スカイライン

出典:http://history.nissan.co.jp/
 

日本ではかなり渋い評価だったV35ですが、それはR34からの変化にユーザーがついていけなかったからでもあり、そもそもR34を販売していなかった北米では「新型高級スポーツセダン」として大人気になりました。

おかげで日本市場で不振だったにも関わらず代を重ねることができましたが、基本的な性能は非常に高く、3.5リッターエンジンと6速MTの組み合わせがあるスポーツセダン350GTも設定されていましたから、これからまだ楽しめる車では無いでしょうか。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!