モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

3代目ヴィッツの魅力とは?!カスタム情報や燃費、中古車価格もご紹介!

3代目ヴィッツの魅力とは?!カスタム情報や燃費、中古車価格もご紹介!

かつてコンパクトカーと言えば「いろいろと我慢する代わりに安い車」というイメージでしたが、コンパクトカーを高品質化するきっかけを作り出したのがトヨタ ヴィッツです。
全長は大きくなりWRCにも出るようになりましたが、現在も優秀なコンパクトカーとして3代目が販売されています。

「21世紀マイカー」トヨタ ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ 出典:http://toyota.jp/

初代ヴィッツが登場した1999年、それまでのコンパクトカーと言えばボディが小さい代わりに車内スペースは狭く、装備やデザインがチープな代わりに安いベーシックグレードと高価な代わりに高性能な最上級グレードの差が激しいなど、「何かを我慢する車」でした。

初代ヴィッツの登場は衝撃的で、ベーシックグレードから十分な動力性能と広々とした車内、決してチープではない内装を持ち、堂々たる未来的スタイリングでヴィッツ登場以前のコンパクトカーを全て過去の車にしてしまいます。

クオリティの高さは初代から一貫して「公道を走ってサーキットに行き、公道を走って帰ってくる」ことが可能なナンバー付きワンメイクレースにも使われていることで実証され続けており、ライバル各車が同様の高品質コンパクトカーを作るきっかけとなりました。

「21世紀マイカー」のキャッチコピーの通りトヨタコンパクトカーの主力としてモデルチェンジを繰り返しており、2017年現在は3代目が販売されています。

5ナンバーサイズのスポーティなコンパクトカー

トヨタヴィッツ出典:http://toyota.jp/

2010年にデビューした3代目130系ヴィッツは、初代と比べれば全幅・全長ともに拡大したものの、依然として5ナンバー枠に収まるサイズを維持しています。

ライバル車により車内スペースの充実を求めてミニバン的スタイルを採用するものがある中、初代以来の丸みを持ったハッチバックボディを維持しており、ヴィッツとしてのアイデンティティとして確立されています。

エンジンは1リッター、1.3リッター、1.5リッターの3種類に加えて1.5リッターハイブリッド仕様もあり、平凡ではありますが低価格で使いやすいサイズのコンパクトカーとして、ミニバン的ではないボディタイプの基準となっています。

歴代初のハイブリッドを追加

トヨタヴィッツ 出典:http://toyota.jp/

2017年1月には2度目のマイナーチェンジでカローラなどにも通じる、最近のトヨタ車に共通したフロント開口部の大きいアグレッシブなフロントマスクに変更され、同時にハイブリッド仕様が追加されました。

もともとこのクラスのハイブリッドカーは日本や北米ではアクア(北米名:プリウスC)が販売されていましたが、ヨーロッパではヴィッツ(現地名:ヤリス)のハイブリッド仕様が販売されています。

トヨタ系全店扱いのアクアとは別に、ネッツ店専売のヴィッツでもそのスタイルのままハイブリッド車が販売されればテコ入れになると考えたのか、アクアと並行して日本でも販売されることになったのです。

ハイブリッドシステムはアクアや同じプラットフォームのカローラ / カローラフィールダーと同じ1.5リッターエンジン+リダクション機構付きTHS-Ⅱで、ヴィッツのボディのまま燃費は飛躍的に向上しました。
会員登録すれば500ポイント付与

3代目ヴィッツのカスタム情報!

基本的にはファミリーカーとしての役割が多いものの、レースやラリーで活躍するヴィッツにはカスタムパーツも多数ラインナップされています。

アフターパーツメーカーもヴィッツのカスタムパーツを開発しているものの、ヴィッツはトヨタ純正エアロパーツや純正オプションパーツでカスタムをするオーナーが多いようです。

今回は、ドレスアップパーツを中心にヴィッツのカスタムパーツ情報をお届けします!

MODELLISTA 3代目ヴィッツ後期

トヨタヴィッツモデリスタエアロパーツ出典:https://www.modellista.co.jp/

トヨタディーラーで購入できるアフターパーツと言えば、MODELLISTA(モデリスタ)。

130系ヴィッツ後期型用のドレスアップパーツも用意されています。

トヨタヴィッツモデリスタエアロパーツ出典:https://www.modellista.co.jp/

フロントスポイラーは、フロントからサイドへと勢いよく抜けていく躍動的な造形とシャープなメッキ加飾が相まって、ヴィッツのフロントフェイスに精悍でスタイリッシュなイメージを演出します。

トヨタヴィッツモデリスタエアロパーツ出典:https://www.modellista.co.jp/

後方に向かって鋭く駆け上がるシャープな造形によって、キレのいいスピード感あふれるサイドビューを演出するサイドスカート。

純正との違いをさりげなくアピールするアイテムです。

トヨタヴィッツモデリスタエアロパーツ出典:https://www.modellista.co.jp/

ヴィッツのリア回りを彩るドレスアップパーツは、左右分割タイプのリヤスパッツをラインナップ。

エアアウトレット風の造形とすることで、先進的でスポーティなリアスタイルを演出します。
 

H-STYLE 3代目ヴィッツ前期

ミニバンやセダン、コンパクトカーから軽自動車まで、様々な車種のドレスアップパーツを開発している「H-STYLE」。

H-STYLEからは、3代目ヴィッツ前期のエアロパーツをご紹介します。
トヨタヴィッツh-styleエアロパーツ出典:http://www.h-style.co.jp/

フロントはハーフタイプのエアロパーツで、センター部はあえてシンプルな造形とし、両端を2段形状とすることでスポーティーさをアップさせます。

トヨタヴィッツh-styleエアロパーツサイドステップ出典:http://www.h-style.co.jp/

サイドステップは、後部に行くにつれて駆け上がる形状を用い、スピード感を与えます。

また、駆け上がるラインはリアアンダースカートにまでつながり、一体感のある仕上がりです。

トヨタヴィッツh-styleエアロパーツリアアンダースカート出典:http://www.h-style.co.jp/

リアアンダースカートは大きな凸型デザインを取り入れ、純正との明らかな差を生み出します。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ヴィッツのヘッドライトLED化!

ヴィッツの定番カスタム方法として、ヘッドライトのLED化による光量アップ、明るさのアップが挙げられます。

NSP130系ヴィッツに使用できるヘッドライト用LEDはどのような物があるのでしょうか?

おすすめのLEDヘッドライトをご紹介します!

スフィアライト RIZING2 H4 Hi/Lo 12V

スフィアライトrizing2出典:https://www.sphere-light.com/

ライトに関する様々なアイテムを開発しているSPHERE LIGHT(スフィアライト)のLEDヘッドライト、RIZING2。

夜道の長距離走行時、視界が狭いと神経をすり減らし、疲労が蓄積しますが、RIZING2はそんなナイトドライバーをターゲットに開発されたアイテムです。

視認性の高い白色光は路面や側道の障害物を見やすくし、広く明るい視野で夜間運転の安全をサポート。

LEDチップを限りなくハロゲン光源と同じ条件になるように配置し、ハロゲン同等の美しい配光を再現しカットラインがしっかり出ているので、対向車への配慮も完璧と言えます。
保安基準を満たした車検対応の明るさでもあります。

LEDは拡散的なハロゲン光源と比べると色ダマやムラが起こりやすくなりますが、RIZING2の優れた配光設計はムラがなく、かつ視認性の高い白色光でシルクのような光を実現しています。
 

ホイール交換でヴィッツをドレスアップ!

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

NSP130ヴィッツにピッタリなホイールをご紹介します。
会員登録すれば500ポイント付与

BBS RG-F

 bbs rg-f出典:https://bbs-japan.co.jp/

モータースポーツファンはもちろんのこと、そうでない人も一度は憧れるBBS。

確かな品質と、アルミ叩き出しの鍛造製法だからこそ実現した繊細かつ、軽量なホイールは独自の世界を築き上げています。

BBSジャパンが贈る「RG-F」は、コンパクトカーに対応した小口径メッシュタイプのホイールです。

bbs rg-f出典:https://bbs-japan.co.jp/

10本の繊細な形状のスポークとリムに彫刻された金色のBBSロゴがF1のホイールを彷彿とさせます。

モータースポーツシーンで活躍するBBSレーシングホイールそのままにデザインされた、硬派かつスポーティーなアルミ鍛造ホイールです。

ヴィッツを車高調でローダウン!

エアロパーツやLEDによるドレスアップや、ホイール交換を行ったら、ローダウンによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンスプリングによるものが挙げられますが、今回はNSP130系ヴィッツにおすすめの車高調キットをご紹介します!

車高調をしっかりセッティングすれば、走行性能の向上にも繋がります!

BLITZ VITZ DAMPER ZZ-R

トータルチューニングパーツメーカーとして広く知られているBLITZ(ブリッツ)。

エアロパーツやマフラー、ターボキットなどクルマを速くするためのパーツはもちろん、スロットルコントローラーやメーターなど、機能性を重視したチューニングパーツも幅広い車種で取り揃えています。

今回ご紹介するブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」も、様々な車種に対応していることが特徴で、ヴィッツにも使用可能です。

blitz dumper zz-r出典:https://www.blitz.co.jp/

単筒式構造採用の全長調整式サスペンションキットながら、リーズナブルな価格を実現した、コストパフォーマンスの高いサスペンションです。

blitz dumper zz-rNCP131ヴィッツでの装着イメージ画像/出典:https://www.blitz.co.jp/

32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。

ストリート走行からサーキット走行まで、あらゆる走行シーンに対応します。
 
会員登録すれば500ポイント付与

Vitzの価格や燃費、維持費は?!

次のページでは、ヴィッツの気になる燃費や維持費、新車価格や中古車価格、そしてレースでの活躍までお伝えします!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!