モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

【SUBARU】ツーリングワゴンVM4/VMG型レヴォーグ最新カスタムまとめ

【SUBARU】ツーリングワゴンVM4/VMG型レヴォーグ最新カスタムまとめ

2013年11月20日。第43回東京モーターショーでワールドプレミアされ、一躍注目を浴びることとなったスバル レヴォーグ。
北米向けに大型化されていったレガシィの穴を埋めるかのような立ち位置であり、5代目レガシィで終了となったツーリングワゴンを引き継ぎ、6代目レガシィツーリングワゴンとも言える存在です。

ベースは4代目インプレッサで、スポーツセダンのWRXと共通設計されていますが、車名はWRXとレヴォーグとで分かれています。

新車価格:257〜365万円
(2017/02/02現在)
中古車相場:149〜372.8万円
(2017/02/02現在 当社独自調べ)

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

レヴォーグはエアロを付けるだけで超クール!最新モデル特集

レヴォーグはエアロを付けるだけで超クール!最新モデル特集

2014年のデビュー以来大人気である、スバルのツーリングワゴン「レヴォーグ」 WRXと同じ顔を持ち、スポーティーな装いであることからカスタムベースとしての人気も高く、様々なエアロパーツを各チューニングショップが製作しています。 今回は、レヴォーグをスポーティーに、そしてレーシーに楽しみたいオーナーにおすすめのエアロパーツをご紹介します!

WRX・レヴォーグ用マフラーを買うとバンパーが付いてくるキャンペーンスタート!!

WRX・レヴォーグ用マフラーを買うとバンパーが付いてくるキャンペーンスタート!!

スバル車のカスタムパーツを製作するAUTO PRODUCE A3とモタガレのコラボレーション企画がスタート! WRX・レヴォーグ用のマフラーを買うと、なんとリアバンパーが付いてくる?!

スバル製品の老舗!オートサロンに初めてスバルを出展したショップとは?

スバル製品の老舗!オートサロンに初めてスバルを出展したショップとは?

川崎市高津区にあるリベラル。チューニングショップとしての歴史は35年にのぼり、リベラルブランドとしては、1993年に創立して今年で25年目。そんなスバル専門チューニングショップの老舗に、お邪魔してきました。

エアロパーツは感性で作る!?S-craftってどんな会社?

エアロパーツは感性で作る!?S-craftってどんな会社?

埼玉県入間郡三芳町にあるショップ『S-craft』はスバル車を中心にオリジナルのエアロパーツやカスタムパーツを製作・販売しているショップです。 そのなかでも、WRカーレプリカや独特の派手さがあるエアロで名を上げているS-craft代表の宇山 卓さんに、デザインへのこだわりや誕生秘話、これからの自動車に望む事などを伺ってきました。

STI LEVORG(エスティーアイ レヴォーグ)

出典:http://www.sti.jp/

スバルと言えばSTIが容易にイメージできると思います。レースのフィードバックや徹底したテストから生み出されたSTIスポーツパーツは、ワークスならではのクオリティとラインナップとなっています。

純正から比較しても違和感がなくむしろ一体感があるエアロパーツや、要所を押さえ乗り心地と性能を発揮するタワーバー、「STI」の赤いステッチが眩しいシフトノブなど、様々なパーツを展開。

量産される上で、どうしてもコスト的に削られている部分をSTIスポーツパーツが補っているといった感じで、STIパーツを装備したレヴォーグは開発者が本来作ろうとしていたレヴォーグの姿だったのではないでしょうか。

STI(スバルテクニカルインターナショナル)公式HP:http://www.sti.jp/
住所:東京都三鷹市大沢3-9-6
 
 

PROVA LEVORG(プローバ レヴォーグ)

出典:http://www.prova.co.jp/

2014年の東京オートサロンで衝撃的なデビューをしたPROVA(プローバ)レヴォーグ。

真っ先に目に留まるオーバーフェンダーは貼り付けタイプであるため、純正エアロを傷つけることなく装着することが可能となっています。また記載変更を必要としない拡幅に収まっているため手軽に装着することができます。

他にはオーリンズDFVにハイパコスプリングを組み込んだ車高調キットとピロボールスタビリンクで走りの性能をさらに追求、20インチのプローバオールエイトホイールで見た目を引き締めています。

PROVA(プローヴァ)公式HP:http://www.prova.co.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区早渕3-30-8
 
 

SYMS LEVORG(シムス レヴォーグ)


出典:http://syms.jp/


SUBARUのお膝元、群馬県太田市に店舗を構えるスバル車専門のカスタム・チューニングパーツを展開するSYMS(シムス)。 全日本ラリーやGazoo 86/BRZレースなどのJAF公式競技を始め、タイムアタックや草レースなど幅広く参戦し様々なノウハウを持っています。

フルバンパータイプのフロントバンパーは、ロアグリルが純正よりも拡大され、アッパーグリルはルーバーとすることで抵抗を減らし空気流入量をアップしています。

またカーボンエアインダクションボックスやチャンバー&センターパイプをセットとしたマフラーキットなど、よりスポーティな走りを求めるユーザーにはうってつけです。

SYMS(シムス)公式HP:http://syms.jp/
住所:群馬県太田市本町43-15
 
 
キレイめに仕上げるドレスアップパーツ

ZERO/SPORTS LEVORG(ゼロスポーツ レヴォーグ)

出典:http://www.zerosports.co.jp/

老舗のスバル専門メーカーでショップも構えているZERO/SPORTS(ゼロスポーツ)。

デモカーに装着されているフロントリップスポイラーは、センター部分とサイド部分の3ピース構造となっています。というのも、リップスポイラーを装着することで純正よりも地上高が下がることで、路面と干渉し破損することもあるため、交換時のメンテナンス性を考え壊れたところだけを交換することで装着後のコストダウンを狙っておりユーザー目線のパーツとなっています。

シングルメーターフードはドライバーの視界を妨げないよう作られており、ターボ車で付けたくなるブースト計などビルトインするのにぴったりとなっています。

ZERO/SPORTS(ゼロスポーツ)公式HP:http://www.zerosports.co.jp/
住所:岐阜県各務原市大野町6-101-2
 

AUTO PRODUCE A3 LEVORG(オートプロデュース エースリー レヴォーグ)

©︎Motorz-Garage

大阪府岸和田市に店舗を構え、岡山国際サーキットで精力的に走行会を開催しているAUTO PRODUCE A3(オートプロデュースエースリー)。

レヴォーグが発表された当初、トランスミッションのバリーエションがリニアトロニック(CVT)しか存在しないレヴォーグに落胆の声も多かったといいます。 どこがやるのかと思われる中、EJ20エンジン換装及び6MTミッション換装を行い、マニュアルトランスミッション化されたレヴォーグが、このオートプロデュースエースリーのデモカーなんです。

WRX(VAB)やインプレッサ(GRB)のパーツを駆使し、リアブレーキなどの兼ね合いからアイサイトの共存は諦めたものの、4代目レガシィBP5のS402を彷彿とさせるような理想のレヴォーグとなっています。

AUTO PRODUCE A3(オートプロデュース エースリー)公式HP:http://www.apa3.jp/
住所:大阪府岸和田市稲葉町216-5
 
ドレスアップパーツ探しはモタガレTOPから ここをクリック!

この記事をシェアする!