モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

【SUBARU】ツーリングワゴンVM4/VMG型レヴォーグ最新カスタムまとめ

【SUBARU】ツーリングワゴンVM4/VMG型レヴォーグ最新カスタムまとめ

2013年11月20日。第43回東京モーターショーでワールドプレミアされ、一躍注目を浴びることとなったスバル レヴォーグ。
北米向けに大型化されていったレガシィの穴を埋めるかのような立ち位置であり、5代目レガシィで終了となったツーリングワゴンを引き継ぎ、6代目レガシィツーリングワゴンとも言える存在です。

ベースは4代目インプレッサで、スポーツセダンのWRXと共通設計されていますが、車名はWRXとレヴォーグとで分かれています。

新車価格:257〜365万円
(2017/02/02現在)
中古車相場:149〜372.8万円
(2017/02/02現在 当社独自調べ)

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

レヴォーグはエアロを付けるだけで超クール!最新モデル特集

レヴォーグはエアロを付けるだけで超クール!最新モデル特集

2014年のデビュー以来大人気である、スバルのツーリングワゴン「レヴォーグ」 WRXと同じ顔を持ち、スポーティーな装いであることからカスタムベースとしての人気も高く、様々なエアロパーツを各チューニングショップが製作しています。 今回は、レヴォーグをスポーティーに、そしてレーシーに楽しみたいオーナーにおすすめのエアロパーツをご紹介します!

WRX・レヴォーグ用マフラーを買うとバンパーが付いてくるキャンペーンスタート!!

WRX・レヴォーグ用マフラーを買うとバンパーが付いてくるキャンペーンスタート!!

スバル車のカスタムパーツを製作するAUTO PRODUCE A3とモタガレのコラボレーション企画がスタート! WRX・レヴォーグ用のマフラーを買うと、なんとリアバンパーが付いてくる?!

スバル製品の老舗!オートサロンに初めてスバルを出展したショップとは?

スバル製品の老舗!オートサロンに初めてスバルを出展したショップとは?

川崎市高津区にあるリベラル。チューニングショップとしての歴史は35年にのぼり、リベラルブランドとしては、1993年に創立して今年で25年目。そんなスバル専門チューニングショップの老舗に、お邪魔してきました。

エアロパーツは感性で作る!?S-craftってどんな会社?

エアロパーツは感性で作る!?S-craftってどんな会社?

埼玉県入間郡三芳町にあるショップ『S-craft』はスバル車を中心にオリジナルのエアロパーツやカスタムパーツを製作・販売しているショップです。 そのなかでも、WRカーレプリカや独特の派手さがあるエアロで名を上げているS-craft代表の宇山 卓さんに、デザインへのこだわりや誕生秘話、これからの自動車に望む事などを伺ってきました。

DataSystem LEVORG(データシステム レヴォーグ)

出典:https://www.datasystem.co.jp/

スポーツ志向に走る他社を横目に、ラグジュアリー路線を突き進むのがDataSystem(データシステム)のレヴォーグです。

フロントグリルはスバルエンブレムを撤去したデザインでスッキリとした印象でありながら、メッキとすることで高級感が生まれています。

内装はグレードによっては本革であしらわれているレヴォーグですが、あえてウルトラスエードを使い質感の差を出しながらも欧州車的な要素を盛り込んでいます。スエードとすることで防眩効果も得られることが特徴です。

Data System(データシステム)公式HP:https://www.datasystem.co.jp/
住所:東京都新宿区新宿1-18-2
 



 

SA東京ベイ東雲/East Cloud(イーストクラウド) East cloud東雲 LEVORG

出典:http://www.sa-tokyobay.com/

東京都江東区東雲にあるスーパーオートバックス東京ベイ東雲。 オートバックスの看板を掲げながら、スバル車向けのカスタム・チューニングパーツブランド East Cloud東雲(イーストクラウドしののめ)を展開しています。

サーキットでのスポーツ走行にも対応できるようオイルクーラーキットやCVTオイルクーラーキットの転ばぬ先の杖的なパーツから、ありそうでなかった「LEVORG」のエンブレムやグレードエンブレムなどオシャレアイテムもあります。

注目はEast CloudオリジナルのDELTABOX ECUで、パワーアップさせることはもちろん、インテリジェントモード選択時はスロットルを全開にさせず徹底的に燃費に振った燃調マップにするなど、スバル車には装備されている「S#」「S」「I」モードをより差別化し、ユーザーの声に応えたECUとなっています。

SA東京ベイ東雲公式HP:http://www.sa-tokyobay.com/
住所:東京都江東区東雲2-7-20
 

YR-Advance LEVORG(ワイアールアドバンス レヴォーグ)

出典:http://www.yr-advance.com/

かつては三菱のクルマをメインにカスタマイズを行なっていたYR-Advance(ワイアールアドバンス)がスバル レヴォーグにも着手。

同社が得意とする「痒い所に手が届く」パーツの開発が進んでおり、オイルレベルゲージフックやバッテリーホルダー、ナンバーオフセットステーなどありそうでなかったパーツを展開しています。

デモカーの外装はバリスのフロントスポイラーとリアルーフスポイラーを装備し、純正と同色にすることで社外品でありながら純正感を残しています。

オリジナル車高調のYR-SS Editionは前後倒立式の減衰15段調整のフロント9kg/mm、リア7kg/mmで走りと乗り心地を両立するのはもちろん、ヘッドライトの光軸の下降を防ぐためのレベライザー調整ステーが装着されているのもポイントです。

YR-Advance(ワイアールアドバンス)公式HP:http://www.yr-advance.com/
住所:東京都日野市旭が丘3-3-19
 
会員登録すれば500ポイント付与

CYBER R LEVORG VM4(サイバースポーツ レヴォーグ)

出典:http://www.cyber-sport.co.jp/

CYBER SPORT(サイバースポーツ)が手がけるレヴォーグは「レギュラーガソリンで乗れる燃費のいいターボ車」で、デモカーは1.6リッターモデルを選択。

外装パーツはグリルやリップスポイラー、リアスポイラーなど一通り自社製パーツで武装しています。

その中でも目に止まるのが、WRXのコンプリートカーS207をモチーフとしたサイドダクトで、さりげないパーツですが、大人しめなレヴォーグの印象をガラッとスパルタンな印象に変えることができます。

CyberR(サイバーアール)公式HP:http://www.cyber-sport.co.jp/
住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町1-157-1-603
 
 

garageNOB LEVORG(ガレージノブ レヴォーグ)

出典:http://garagenob.ikora.tv/

ユーザー目線で代表自らが普段乗りの足として使用されているgarageNOB(ガレージノブ)のレヴォーグ。「パワーと使い勝手のバランス」を重視し、釣りや雪山までアクティブに愛用されているそうです。

基本的に、既に市販されている社外パーツは他社製のものを使い、その上でこだわるべきポイントについては自社製で開発・投入をしています。

ロー&ワイドなレヴォーグのフォルムに走り=ローダウンというレヴォーグチューンが多く展開される中、アラゴスタ製ダンパーキットを投入してフロント35mm、リア40mmのリフトアップをし、より実用性や走破性を向上させています。

ブレーキに関してはブレーキ流用で有名なグローバル社協力のもと、レクサスLS460のキャリパー&ローターが装備しています。

garageNOB(ガレージノブ)公式HP:http://garagenob.com/
住所:和歌山県和歌山市西小二里2-4-82


 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!