ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ZC33Sスイフトスポーツに付けたいブーストコントローラー2選

ZC33Sスイフトスポーツに付けたいブーストコントローラー2選

日本のみならず、スズキの海外戦略車としての一面を持ち、ヨーロッパを中心に人気を博しているスイフトスポーツ。

また、カスタムやチューニングカーとして楽しめるホットハッチであることはもちろん、ジムカーナやダートトライアル、ラリーなどの国内競技などでも人気があり、老若男女様々なユーザーがその走りを楽しんでいます。

そんなスイフトスポーツの最新型である「ZC33S スイフトスポーツ」は、ボディ軽量化と剛性アップの実現している上に、パワフルになったターボエンジンを搭載。

確実な正常進化を遂げており、カスタムベースとしての注目度も抜群です。

今回は、ZC33Sスイフトスポーツに用意されたブーストコントローラーをご紹介します!

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

新型スイスポ必須パーツ満載!タイヤラウンジ野口商会のZC33Sチューニングに迫る!

新型スイスポ必須パーツ満載!タイヤラウンジ野口商会のZC33Sチューニングに迫る!

『BBR(バトルビーレーシング)』を展開する埼玉県秩父郡の『タイヤラウンジ 野口商会』が手がけるZC33Sのカスタムカーをご紹介します。 主なカスタム点は車高調、ホイール、ECU書き換えなど、あくまでライトチューンをベースに、走りの良さと使い勝手の良さを両立したオールラウンダーなスイスポが本来持つ魅力を存分に引き出した1台となっています。 注目は専用モデルのアルミ鍛造1ピースホイール『ボルクレーシングZE40』や、スイスポにはもはや必須の『VSCC』です!

スイフトスポーツの第一人者「R's」のZC33Sは速くて快適!?スイスポ最新チューニング事情

スイフトスポーツの第一人者「R's」のZC33Sは速くて快適!?スイスポ最新チューニング事情

ZC31Sの時代からスイスポ用のカスタムパーツを開発し、スポーツ走行を愛するスイスポユーザーから絶大な人気を誇るのが、静岡県浜松市の『R's(アールズ)』です。 もちろん、新型スイスポ(ZC33S)も開発にいち早く着手し、デモカーの速さも折り紙つき。 しかし、アールズのデモカーが他のスイスポのタイムアタッカー達と違うのは、ストリートでの快適性と運動性能を両立している点と言えます。 高い次元に仕上げられたデモカーからは、まさにスイスポの第一人者の矜持を感じるところでしょう。

剛性アップで差を付ける!?レイル流走れるスイフトスポーツ(ZC33S)のチューニングとは?

剛性アップで差を付ける!?レイル流走れるスイフトスポーツ(ZC33S)のチューニングとは?

デビューからスポーツ走行を楽しむオーナーが多かったZC33S型のスイフトスポーツですが、神奈川県横浜市のパーツメーカー『レイル』もスイフトスポーツチューニングをいち早く取り掛かったメーカーのひとつ。 腕自慢がこぞって筑波サーキット・コース2000でそのタイムを競い、切磋琢磨し合っていますが、新型スイスポをラジアルタイヤで1分4秒台に突入させたのがレイルでした。 今回はそんなレイルが所有するデモカーをご紹介。レイル流の走れるスイスポづくりを学んでみましょう。

スイフトスポーツで走りを楽しむならコレで決まり!DランゲージのZC33Sチューニングに迫る!

スイフトスポーツで走りを楽しむならコレで決まり!DランゲージのZC33Sチューニングに迫る!

やみくもにパーツの交換を行うことなく、必要な時に必要なパーツ、作業を行うことで、確実にそのオーナーが速く走れるクルマ作りを行うディーランゲージ。 走りが楽しい車種をこれまでに沢山チューニングしてきたDランゲージですが、当然スイフトスポーツもZC31Sの時代から手掛けてきています。 その最新型であるZC33Sは、走りを楽しみたいユーザーが“ちゃんと”サーキットを楽しめる仕様として仕上げられています。

ブリッツ Power Con

まず、ブリッツ Power Conをご紹介します!

BLITZ スイフトスポーツ(ZC33S)

blitzpowerconzc33sスイフトスポーツ出典:https://www.blitz.co.jp/

BLITZ製のスイフトスポーツ(ZC33S)用「Power Con」です。

ターボ車のブースト圧を最適に制御することにより、スムーズなブーストアップとパワーアップを実現。

車種ごとにセッティングが行われていて、車種専用比率に設定することで、純正ECUの制御範囲内でのブーストアップを行うので、車両への負担を最小限に抑えられています。

完全コネクターオン設計で電源などの配線加工は不要で、エンジンルーム内で完結することにより簡単に取り付けが可能です。

複雑な設定の必要もなく、取り付け後からすぐにパワーアップ可能。

HKS EVC-S

最後に、HKS EVC-Sをご紹介します!

HKS九州サービス スイフトスポーツ(ZC33S)

出典:https://www.hks-power.co.jp/

HKS製のブーストコントローラー「EVC-S」です。

バルブユニットには成熟のステッピングモーターを採用することで安定した動作を実現しています。

また、ノーマル~300kPaまでの広い範囲で過給圧制御が可です。

さらに、TFTフルカラーモニター採用することで視認性は抜群。

※重要
製品の取付けには、専門の知識と技術が必要です。
ブースト圧の上げ過ぎによるターボチャージャーの破損、燃料ポンプの容量不足による燃圧の低下、インジェクター容量不足などによりエンジンの破損などを引き起こす可能性がありますので、取り付け、調整には十分ご注意下さい。
ECU等と併せてのご使用を推奨しています。
 

まとめ

ZC33S スイフトスポーツのブーストコントローラーをご紹介してきました。

ZC33Sスイフトスポーツはこれからどんどんカスタムノウハウが蓄積され、カスタムが熟成されていきます。

モタガレではこの先もZC33Sスイフトスポーツのカスタムに注目して行きます!

ZC33Sのカスタムカー/カスタムパーツはこちらからチェック!
会員登録すれば500ポイント付与

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!