モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

日産リーフ(ZE1)カスタム事情!気になる燃費や維持費、中古車価格は?!

日産リーフ(ZE1)カスタム事情!気になる燃費や維持費、中古車価格は?!

三菱 i-MiEVに続き、国産車としては2番目に量産リチウムイオンバッテリーEV(電気自動車)として発売された日産・リーフ。

近年、電気自動車のカスタムを手掛けるメーカーも増えてきており、リーフのカスタムパーツのラインナップも揃ってきました。

今回は2代目であるZE1型リーフのカスタムにおすすめのパーツ、そして気になる燃費や維持費、中古車価格も含めてお伝えします!

2代目日産・リーフとは?

nissan日産ZE1EVリーフleaf出典:https://www3.nissan.co.jp/

2010年8月に発売された初代日産・リーフは、三菱i-MiEVに続き国産2番目の電気自動車、そして国産登録車としては初の量産リチウムイオンバッテリーEVとして、大いに話題となりました。

まだEVが海のものとも山のものとも知れず、充電スタンドなどインフラも未発達の時期でしたから実用性に懐疑的な『様子見』の姿勢も多かった一方、しばらくすると街で見かけることも珍しくなくなり、EVの普及に大きな貢献を果たしています。

サービスエリアに充電ステーションができたため、高速道路で見かけることすら珍しくなくなってきた2017年10月には2代目にモデルチェンジ。

アクセルペダルだけで停止以外のほとんどの加減速操作が可能な『eペダル』や安全運転支援装置『プロパイロット』を売りにしており、シリーズ式HV(ハイブリッド車)『e-POWER』シリーズともども、モーター駆動で走る日産電動車の大きな柱となっています。

今後もバッテリー技術の進化により容量アップ(航続距離延長)版の発売が予定されているほか、バッテリーのリサイクル事業も立ち上がり、今後ますます乗りやすくなる新時代の自動車です。

2代目リーフの特徴

nissan日産ZE1EVリーフleaf出典:https://www3.nissan.co.jp/

2018年5月現在では、EVであること自体がかなり特異で大きな特徴ですが、クルマとしては現行のE12型ノートとプラットフォームを共用する、至って普通のコンパクトカーです。

メカニズム的には、大雑把に言えばシリーズ式HVのノートe-POWERから発電用エンジンと関連部品、小容量の駆動用バッテリーを取り去り、かわりに大容量バッテリーを搭載したと思えば、今や特別な車でも無いことがわかります。

ただ、モーターは型式こそ同じですがノートやセレナのe-POWERより強力なスペックを誇り、約1.5tと車重をものともせず、大容量バッテリーの出力をフルに使えるため、強力な加速力を誇るのが特徴です。

また、自動車専用道限定ながらも初歩的なレベル2自動運転が可能な安全運転支援装置『プロパイロット』を上級グレードで標準装備しており、高速道路でのドライバー疲労低減や、優れた自動駐車機能(プロパイロットパーキング)も魅力的と言えます。

2代目リーフのカスタム事情

今後電気自動車が増えていくであろうことから、カスタムパーツメーカーはリーフのカスタムパーツ開発にも余念がありません。

電気自動車なので、速さを追及するようなカスタムはあまり盛んではありませんが、エアロパーツ/ボディキットによるドレスアップカスタムが盛り上がりを見せています!

今回はボディキットだけでなく、リーフに用意された様々なカスタムパーツ情報をお届けします!
会員登録すれば500ポイント付与

ホイール交換でリーフの足下をオシャレに!

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

ZE1リーフにおすすめのホイールをご紹介します!

BBS LM

bbs lm
出典:https://bbs-japan.co.jp/

世界3大レースの一つとされるル・マン24時間耐久レース。様々な自動車メーカーが凌ぎを削る歴史と伝統のあるレースです。

BBSはル・マン24時間耐久レースに、クロススポークデザインを採用した鍛造ホイールを投入し、ホイールの性能と品質の高さを証明しました。

bbs lm出典:https://bbs-japan.co.jp/

1980年代から1990年代にかけてル・マンで活躍するマシンに選ばれ続けたレーシングホイールが元となり、1994年に誕生したのが鍛造2ピースホイール「LM」(Le Mans)。

20年以上過ぎた今でもLMが持つクロススポークデザインは人気の衰えを知らず、世界で愛され続けるBBS不朽のデザインです。

レギュラーモデルのカラーラインナップはシルバーダイヤカットリムをベースに、ゴールドとダイヤモンドシルバーといった2色のディスクを用意。クラシカルなデザインながらも、最新車種にもマッチし足元を優美に支えます。

リーフをエアロパーツでドレスアップ!

前述の通り、リーフはエアロパーツ/ボディキットによるドレスアップカスタムが盛んになってきました。

今回はリーフのイメージをガラリと変えてしまうボディキットをご紹介します!
会員登録すれば500ポイント付与

BLITZ AERO SPEED R-concept

トータルチューニングパーツメーカーとして広く知られているBLITZ(ブリッツ)。

サスペンションやマフラー、ターボキットなどクルマを速くしたり走りを良くするためのパーツはもちろん、スロットルコントローラーやメーターなど、機能性を重視したチューニングパーツも幅広い車種で取り揃えています。

blitz日産リーフエアロパーツ出典:https://www.blitz.co.jp/

今回ご紹介するブリッツのボディキット「AERO SPEED R-concept」も様々な車種用に開発されていることが特徴で、日産ZE1型リーフ用のボディキットもリリースされました!

AERO SPEED R-conceptは、電気自動車であるNISSAN LEAFをまるでスポーツカーかのようにアグレッシブに進化させます。

blitz日産リーフエアロパーツ出典:http://www.blitz.co.jp/

エンブレム部以外の形状を純正と大幅に変えてしまうフロントバンパー。

大小さまざまなダクトが織りなすデザインが、リーフにスポーティーなイメージを与えます。

更にリップ部をフラップ形状とすることで、スピード感を意識させます。

blitz日産リーフエアロパーツ出典:http://www.blitz.co.jp/

サイドスカートにもフラップ形状を立体的に造形。

リーフのサイドビューにボリュームと存在感を与えます。

blitz日産リーフエアロパーツ出典:http://www.blitz.co.jp/

マフラーが配置されているかのようなデザインを採用したリアディフューザーは、塗分けによって様々なバリエーションを演出可能。

サイドスカートの流れを受け継ぐフラップ形状も取り入れられているので、統一感も抜群です!
 

車高調でリーフをローダウン!

ホイールを交換し、ボディキットを装着してドレスアップを行ったら、車高を下げるカスタム「ローダウン」によるドレスアップも施工したいところです。

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンスプリングによるものが挙げられますが、今回はZE1型リーフにおすすめの車高調キットをご紹介します!

車高調をしっかりセッティングすれば、走行性能の向上にも繋がります!

BLITZ LEAF DAMPER ZZ-R

エアロパーツもご紹介したBLITZから、車高調「DAMPER ZZ-R」をご紹介します。

blitz damper zz-r出典:http://www.blitz.co.jp/

単筒式構造採用の全長調整式サスペンションキットながら、リーズナブルな価格を実現した、コストパフォーマンスの高いサスペンションです。

blitz damper zz-r nissan leafLEAF装着後イメージ/出典:http://www.blitz.co.jp/

32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。

ストリート走行からサーキット走行まで、あらゆる走行シーンに対応します。
 
会員登録すれば500ポイント付与

リーフの内装をカスタム!

ホイールやボディキット、そして車高調によるローダウンは、外から見ても違いが明らかなカスタムです。

最後におすすめしたいのは、リーフの内装のカスタム。

運転中や、同乗者の目に入るのはクルマの内装です。

内装がカッコよければ、ドライブ中のテンションアップに繋がります!

ZE1型リーフにおすすめの内装カスタムパーツをご紹介します!

SECOND STAGE メーターパネル

日産リーフZE1secondstageメーターフード出典:http://www.stage2.co.jp/

SECOND STAGEのメーターパネルは、ZE1型リーフのメーター部に重厚感と高級感を与えるアイテムです。

カラーはピアノブラックとエボニー調が用意されており、ピアノブラックはシンプルながら間違いのない王道カラーで、エボニー調は高級家具などに使われるエボニー風のデザインとすることでより高級感を演出しエレガントな印象を与えます。

運転中確実に目に入るメーターフードをカスタムすれば、リーフをドライブすることがもっと楽しくなること間違いありません!
 

リーフの維持費、燃費、中古車価格は?!

次のページでは、リーフのライバルとなり得る車両や気になる維持費、燃費、そして中古車価格をご紹介します!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!