ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタカローラアクシオをカスタム!オススメのドレスアップパーツとは?

トヨタカローラアクシオをカスタム!オススメのドレスアップパーツとは?

2016年に初代発売から50周年を祝ったカローラですが、先代から日本仕様はカローラアクシオを名乗っています。

多くのユーザーにとってカローラはカローラなのですが、現行の2代目カローラアクシオはヴィッツベースでアクアやヴィッツハイブリッドとも兄弟関係にあるハイブリッドセダンをラインナップした、ハイテクセダンをラインナップしました。

5ナンバーサイズのセダンとして貴重な存在のカローラアクシオですが、オススメのカスタムパーツは何があるのでしょうか?ご紹介します!

2代目トヨタ カローラアクシオとは?

トヨタカローラアクシオ カスタム出典:https://toyota.jp/

1966年に初代デビュー後、長らくトヨタの、そして日本を代表する量販大衆車として販売ランキングトップを走ったカローラですが、さすがの定番セダンも1990年代後半以降はミニバンやSUVに押されて売れ筋を外れるようになりました。

国際戦略車として力を入れたい海外仕様と、保守層向け国内仕様を分離、5ナンバーサイズセダンとして独自の進化をとげるようになったのが初代カローラアクシオ(2006年10月発売)です。

同時期、ヴィッツ系の小型セダンとしてベルタも販売されていましたが、ベルタ寄りで小型化して次期モデルでは車種統合を図り、ベルタとカローラアクシオの後継車はヴィッツベースの2代目カローラアクシオとして2012年5月に発売されました。

基本プラットフォームはヴィッツなので、同じヴィッツ系のハイブリッド専用ハッチバック、アクアと同じハイブリッドパワーユニット、1.5リッター版のTHS-IIを組み込み可能で、2013年8月にカローラアクシオハイブリッドが追加されています。

ちなみにカローラとしては11代目となります。

2代目カローラアクシオの特徴

トヨタカローラアクシオ出典:https://toyota.jp/

初代カローラアクシオの後継というより、ベルタの後継としてカローラアクシオの名前を残したと言えるのが2代目カローラアクシオで、名前こそ残ったものの初代カローラアクシオまで10代続いたカローラの系譜から外れた独自モデルとも言えます。

歴代カローラで初めて先代より全長が短縮され、ヴィッツ系なのでハイブリッドの設定が可能になり、歴代最高の最大34.4km/リッターという超低燃費を達成しました。

プリウスやアクアのような、空力までこだわった燃費スペシャルでなくとも、ハイブリッドならかなりの低燃費を叩き出せることを証明して、後にヴィッツハイブリッドなどが追加されています。

また、ベーシックな1.5リッターガソリンエンジンには5速MTの組み合わせも可能で、保守層への対応だけでなく、小型スポーツセダンとして使いたい層にもアピールできる要素を残しました。

再び大型化すると言われる次期型で、こうした要素が残るかわからないがゆえに、2代目カローラアクシオ独特の特徴となるかもしれません。
 

2代目トヨタ カローラアクシオのカスタム事情

「This is 大衆車」と言ったら失礼かもしれませんが、クルマに対して最小限の知見があるひとならば一度は見聞きしたことがあるであろう”カローラ”というワード。

AE86も「カローラレビン」という車名で販売されていたことがありますね。

近年はカスタムベースとしてのキャラは薄まってしまいましたが、カスタマイズドカローラ…というのも面白いのではないでしょうか?
今回はモタガレがオススメする2代目トヨタ カローラアクシオのカスタムパーツをご紹介します。

 
会員登録すれば500ポイント付与

2代目トヨタ カローラアクシオのホイールは?

ルックスに大きな変化を与えるホイール交換は2代目トヨタ カローラアクシオをカスタムする上で見逃せないポイントですね。

社外のアルミホイールへ交換する事でルックスの変化だけではなく、足回りの軽量化による大きな恩恵を得ることが可能になります。

今回は2代目トヨタ カローラアクシオにオススメのホイールをご紹介いたします。
 

TRD TF4A (ダイヤモンドカットシルバー)

トヨタ カローラアクシオ TRD アルミホイール 社外出典:http://www.trdparts.jp/wheel/tf.html

TRDが送り出す10本スポークアルミホイールです。

スタンダードなシルバーカラーはどんなボディカラーにも遜色なく似合うこと間違いなしですね。

スタイリッシュなデザインで2代目トヨタ カローラアクシオの足元を引き締めます。
 

2代目トヨタ カローラアクシオのインテリアカスタム

インテリアをカスタムする事で、搭乗者の視界を大きく変えることが可能になります。

インテリアを交換する事で、純正パーツの保護に繋がり、リセールバリューを高めることも出来たりします。

高級感溢れる車内をより個性的に演出することで日々のドライブも一際楽しくなりますね。

2代目トヨタ カローラアクシオにオススメのインテリアパーツをご紹介いたします。

TRD 本革シフトノブ(AT車用 左右非対称)

トヨタ カローラアクシオ TRD シフトノブ カスタム インテリア オススメ出典:http://www.trdparts.jp/corolla/other.html

夏場などは日光によってシフトノブが熱せられて、危うくやけどをしそうになったことがある方も多いかと思います。

TRDシフトノブはアルミ部に熱が加わっても操作しやすいデザインを採用、 さらにはアルミ部にTRDのロゴも入っています。

イタリアmomo社製。
 

TRD プッシュスタートスイッチ

トヨタ カローラアクシオ TRD カスタム プッシュスタートスイッチ インテリア出典:http://www.trdparts.jp/corolla/other.html

TRDロゴ入りの赤いボタンがインテリアにアクセントを与えます。

一気にレーシーな雰囲気に変貌します。
 

TRD ドアハンドルプロテクター

トヨタ カローラアクシオ ドアハンドルプロテクター エクステリア出典:http://www.trdparts.jp/corolla/other.html

ドア開閉時のひっかき傷を防止するだけではなく、ドアハンドルまわりをスポーティーにドレスアップします。

スポーティーなカーボンデザインとなっています。

 

2代目トヨタ カローラアクシオのエアロパーツ

エアロパーツを装着することで、ルックスを大幅に個性づけることが可能になります。

空力特性にも優れた2代目トヨタ カローラアクシオにエアロパーツを装着する事でより優れた整流効果や車両のキャラクターにアレンジを加えることが可能に。

2代目トヨタ カローラアクシオにオススメのエアロパーツをご紹介します。
 

TRD フロントスポイラー(LED付)

トヨタ カローラアクシオ TRD エアロパーツ フロントスポイラー出典:http://www.trdparts.jp/corolla/aero.html

TRD製のフロントスポイラーです。

地上高は15mmダウンとなり、全長は40mmプラスとなります。材質は樹脂性なので割れの心配も少ないです。

LEDランプのON/OFF スイッチは無く、イグニッションONで常時点灯となります。
 

TRD フロントグリル

トヨタ カローラアクシオ フロントグリル TRD ドレスアップ出典:http://www.trdparts.jp/corolla/aero.html

フロントマスクをスポーティーかつ印象的に変貌させます。材質は樹脂製です。

フロントグリル装着により車両マークはなくなります。
 
会員登録すれば500ポイント付与

2代目トヨタ カローラアクシオの車高調

一昔前の車高調は「乗り心地が悪い」というイメージが多いかもしれませんが、もう昔の話です。

足回りを交換することによってビジュアルの向上はもちろん、スポーティーなドライビングを楽しむことも可能になります。

今回はモタガレが2代目トヨタ カローラアクシオにオススメする車高調をご紹介します。
 

TRD スポルティーボサスペンションセット

トヨタ カローラアクシオ サスペンション 車高調出典:http://www.trdparts.jp/corolla/parts.html

運動性能向上と快適な乗り心地を高次元で両立したスポーツサスペンションです。

地上高は1.8L車の場合フロント約20mm、リヤ約15mmダウンとし、1.5L車の場合はフロント約15mm、リヤ約15mmダウンとなります。
 

2代目トヨタ カローラアクシオのマフラー

カスタムと言えばマフラー交換を忘れてはいけません。

サウンドの変化を楽しめるのはもちろん、重い純正マフラーから交換する事で運動性能や燃費の向上まで期待できます。

しかしサウンドがよくなればついついアクセルを踏んでしまいがちなので、結果的に燃費が悪くなってしまうかもしれませんね。

今回はモタガレが2代目トヨタ カローラアクシオにオススメするマフラーをご紹介します。
 

TRD ハイレスポンスマフラーVer.S

トヨタ カローラアクシオ マフラー カスタム 社外出典:http://www.trdparts.jp/corolla/parts.html

シンプルなデザインのデュアルマフラーです。あまり目立ちたくは無いけど、マフラーは交換したいという方にオススメです。
 

2代目カローラアクシオの新車&中古車価格

トヨタカローラアクシオ出典:https://toyota.jp/

2018年6月現在、2代目カローラアクシオの新車価格は以下のようになっています。

※()内は4WD車

【1.3リッターガソリンエンジン】
1.3X:152万6,040円
【1.5リッターガソリンエンジン】
1.5X(MT):150万7,680円
1.5X(CVT):162万5,400円(176万6,880円)
1.5G(MT):171万6,120円
1.5G(CVT):186万1,920円(200万3,400円)
1.5G“W×B”(CVT):207万7,920円(221万9,400円)
【1.5リッターガソリンエンジン+ハイブリッド】
HYBRID:207万3,600円
HYBRID G:229万8,240円
HYBRID G“W×B”:248万2,920円
各グレードで目につくのは

『G“W×B”(ダブルバイビー)』で、特別仕様車から好評につきカタログモデルに昇格したグレード。

サイドマッドガードやリアスポイラー、LEDヘッドランプとLEDフォグランプ、クリアランスソナー、16インチアルミホイールを装備した豪華版です。

XとGの違いは意外と少なく、Xの単眼メーターがマルチインフォメーションディスプレイやタコメーターつきの3眼メーターになっているほか、メーカーオプションでアルミホイールが選べるのが主な違いとなります。

なお、中古車価格は以下。
55万円~216万円
2012年5月発売と6年前デビューの車ですから、そろそろ初期型は中古車価格がかなりこなれてきていますが、ハイブリッドが人気で途中追加にも関わらずタマ数も半分近くがハイブリッドです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

2代目カローラアクシオ 主なスペック

トヨタカローラアクシオ出典:https://toyota.jp/corollaaxio/grade/15_gwb/
 
トヨタ NKE165 HYBRID G 2018年式
全長×全幅×全高(mm):4,400×1,695×1,460
ホイールベース(mm):2,600
車両重量(kg):1,140
エンジン仕様・型式:1NZ-FXE 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量(cc):1,496
最高出力:54kw(74ps)/4,800rpm
最大トルク:111N・m(11.3kgm)/3,600~4,400pm
バッテリー種別:ニッケル水素
バッテリー容量:6.5Ah
モーター仕様・型式:1LM 交流同期電動機
最高出力:45kw(61ps)
最大トルク:169N・m(17.2kgm)
トランスミッション:電気式無段変速
駆動方式:FF

2代目カローラアクシオのまとめ

トヨタカローラアクシオ出典:https://toyota.jp/

4ドアセダン版の2代目カローラアクシオや、ステーションワゴン版カローラフィールダーとまた別の進化をしていたハッチバック版、オーリスが2018年初夏にモデルチェンジ。

『カローラハッチバック』を名乗り、カローラセダンも後モデルチェンジで3ナンバー化の可能性が噂され、もしかすると2台目が最後の5ナンバーカローラになるかもしれません。

カローラハッチバックやC-HRと同じ1.2リッターターボか1.8リッターハイブリッドというラインナップになりますが、カローラセダンだけは5ナンバーボディが用意されるとも言われるので、先の話はまだ不透明です。

しかし、少なくともトヨタの新設計アーキテクチャ、TNGAで開発される次期型の存在は確かであり、C-HRやカローラハッチバックと同じ、あるいは海外と同じヤリス名になる次期ヴィッツと同じプラットフォームになるかで、真相はいずれわかります。

現在の1.5リッターサイズ、日本でも扱いやすい大きさのカローラは今回で最後になる可能性もありますから、新車で買いたい人は新型車情報に注意しながら、買い時を逃さないのが大事です。

気になるカスタムパーツについては是非モタガレを参考にしてみてください!

  LINE@からもパーツのお問合せができますので、是非登録して下さいね! 友だち追加

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!