ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
今の国産車より日本車らしいジャストサイズコンパクトSUV!アウディ Q2

今の国産車より日本車らしいジャストサイズコンパクトSUV!アウディ Q2

アウディがベーシックな小型ハッチバック車A3をベースに、一回り小さいA1のパワーユニットを搭載し、クーペルックなコンパクトSUVに仕立てたのがQ2です。国産車で言えばトヨタ C-HRや日産 ジュークに相当する車ですが、1リッターターボエンジンは自動車税を安く抑えたい人にとって魅力的かもしれません。

アウディ Q2とは

audiq2アウディ出典:https://www.audi.co.jp/

2017年6月に日本での販売を開始したアウディのクーペルックコンパクトSUV、それがアウディ Q2です。

全幅1,795mmは「国際基準では"コンパクト"かもしれないけど……」という数字ではありますが、全長4,200mm、全高1,500mmというボディサイズは確かに日本で扱うにも取り回しの良さを予感させます。

その一方でアウディらしく内外装の質感に優れており、このプレミアムコンパクトが299万円からと、国産プレミアム・コンパクトSUVの上級グレードよりお得感のある価格設定が何とも魅力な1台です。

特に自動車税が安い1リッターターボエンジンを搭載したクロスオーバーSUVとなると、国産車でもスズキ クロスビーくらいなもので、輸入・国産の境無く積極的に選択肢に入れたくなります。

Q2の特徴

アウディaudiq2出典:https://www.audi.co.jp/

基本的にはコンパクトでFF車のみの設定ながら最低地上高が高く、『着座位置の高いコンパクトカー』としての性格を持つQ2ですが、それのみならずシティユースに割り切ったことでボディもコンパクトに。

十分な車内空間と着座位置の高さを実現しながら、クーペルックの低く構えたボディによって車高を1,500mmに抑えているので、機械式立体駐車場を問題無く利用できるというSUVらしからぬ特徴を持ちます。

もちろん、車高の低さは低重心にもつながり、ワインディングでもスポーティな走りを実現。

さすがに1リッターターボはいかなるステージでもパワフルとまではいきませんが、2リッター自然吸気エンジン並の大トルクを低回転から発生させますので、パワー不足を感じさせるほどではありません。

特に日本市場を意識したわけではなく偶然とはいえ、ヘタな国産車より日本で使いやすいクロスオーバーSUVだと言えます。

Q2のライバル車

アウディaudiq2出典:https://www.audi.co.jp/

この種の300~400万円台と手頃な輸入コンパクトSUVは日本にも多く導入されており、日本の道で使うにはなかなか使い勝手が良さそうなSUVの選択肢が多いというのは興味深いです。

会員登録すれば500ポイント付与

ジープ レネゲード

jeppジープレネゲード出典:https://www.jeep-japan.com/

『ジープ』ブランド初のコンパクトクロスオーバーSUVとして2015年9月に発売されたのがレネゲードで、FF車は1.4リッターターボで299万円からとまさにお買い得。

全幅1,805mmは現在の日本市場ならギリギリ使える範囲で、アメ車もこういう車なら日本で売れるのに、と思う好例であり、実際『ジープ』ブランドは日本でもよく売れています。

小さいながらもアイデンティティである縦7本フロントグリルで、一目でジープと分かるのもポイント。

フィアット 500X

フィアットfiat500x出典:http://www.fiat-auto.co.jp/

ジープ レネゲードをベースに、名車復刻版フィアット 500(チンクチェント)風のボディを載せたのが500X(チンクチェント・エックス)。

サイズが全く異なり、日本では5ナンバー枠に収まるほどコンパクトなフィアット 500をいかにコンパクトとはいえ3ナンバーサイズのクロスオーバーSUV化したので、さすがにデザインのバランスは崩れ、フロントマスクからかろうじて500系列の車だとわかります。

しかし、BMW版ミニのクロスオーバーでもそうですが、「何とかして500でクロスオーバーSUVを作ってみたい」という意気込みは感じられて、その無理やり感がかえってウケる秘訣です。

ルノー カジャー

renaultルノーカジャー出典:http://www.renault.jp/

ルノーの1.2リッターターボ搭載コンパクトSUVで、単一グレードの少量販売モデルではあるものの、価格は347万円とライバル車の低価格版と高価格版の中間。

同じグループの日産エクストレイルやデュアリス(欧州名キャシュカイ)とプラットフォームを共有することで生まれた1台です。

やはり手頃なサイズと十分なトルクを持つダウンサイジングターボエンジンというのがこの種の輸入SUVでは定番で、その中でフランス車好きにとってカジャーの発売はありがたいところです。

これら同クラス車はブランドやデザインの違いが一番の差別点ですが、その観点からすると、どれも選びがいがあります。

会員登録すれば500ポイント付与

Q2の新車&中古車価格

audiアウディq2出典:https://www.audi.co.jp

2018年6月現在、アウディ Q2の新車価格は以下のようになっています。

【1リッターガソリンターボ】

1.0 TFSI S tronic:299万0,000円
1.0 TFSI sport S tronic:364万0,000円

【1.4リッターガソリンターボ】

1.4 TFSI cylinder on demand sport S tronic:405万0,000円

1.0 TFSIの『sport S tronic』だと、ヘッドランプやテールランプがハロゲンからLEDが標準になり、ヘッドライトレンジコントロールが自動になります。

ヘッドライトウォッシャーや17インチアルミホイール、前席シートヒーターつきスポーツシート、アダプティブクルーズコトロール、リアビューカメラなども追加で標準装備の仕様です。

『1.4 TFSI cylinder on demand sport S tronic』も『1.0 TFSI sport S tronic』と装備面では同じで、エンジンの違いのみとなります。

なお、中古車価格は以下。

332万円~438万円

2017年6月に発売されてまだ1年ほどの高級輸入SUVということで、市場にはまとまったタマ数は無く、中古車狙いにはまだ早いと言えます。

Q2 主なグレードのスペック

出典:https://www.audi.co.jp/

アウディ GACZE Q2 1.4TFSI cyLinder on demand sport 2018年式
全長×全幅×全高(mm):4,200×1,795×1,500
ホイールベース(mm):2,520
車両重量(kg):1,340
エンジン仕様・型式:CZE 水冷直列4気筒直噴DOHC16バルブ ICターボ
総排気量(cc):1,394
最高出力:110kw(150ps)/5,000~6,000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgm)/1,500~3,500rpm
トランスミッション:7速 Sトロニック
駆動方式:FF

まとめ

audiアウディq2出典:https://www.audi.co.jp/

最近の国産車は『国際戦略車』の名の下に大型化や存在感を示すためのアグレッシブな、あるいは奇抜とも言えるデザインのSUVが多いのですが、アウディ Q2はコンパクトかつシンプルでも上品・高品質なSUVです。

むしろ『最近の国産車よりよほど、かつての日本車らしい』とも言えて、こうした車を日本のメーカーも力を入れてくれたら、と感じさせる1台なのは間違いありません。

会員登録すれば500ポイント付与
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!