モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

レクサスHSのカスタム事情!気になる燃費や維持費、中古車価格は?!

レクサスHSのカスタム事情!気になる燃費や維持費、中古車価格は?!

2018年3月に販売終了したLEXUS HS。今後はレクサスESにその後を譲る予定ではありますが、今のタイミングだからこそ、レクサスHSに注目してみませんか?

今回は、レクサスHSについての解説と、LEXUS HSのおすすめカスタムパーツ、燃費や維持費、中古車価格もあわせてお伝えします!

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

レクサスHSの高級感をアップさせるフロントリップスポイラー特集

レクサスHSの高級感をアップさせるフロントリップスポイラー特集

レクサスとしては2002年の発売以来の新車種として、また同社では初のハイブリッドカーとして2009年に発売開始されたレクサス・HS。 ボディスタイルは、同じハイブリッドカーであるトヨタ・プリウスのハッチバック(トライアングルシルエット)ではなく、セダンスタイルを採用。 インテリアデザインには視認性と操作性を両立させた「リモートタッチ」が取り入れられており、先進性を演出。 ハイブリッドカーブームにより、発売当初から人気を集め、2018年販売終了まで沢山の支持を集めました。 今回はそんなレクサス・HSにおすすめのカスタムパーツである、フロントリップスポイラーをご紹介します!

レクサス HSとは

LEXUSレクサスHS250h出典:https://gazoo.com/

初代プリウス登場後、トヨタやレクサスのハイブリッド車はトヨタブランドのプリウスを除けばFRセダンや4WDのSUVかミニバンばかりとなっていましたが、2009年7月にようやく発売されたFFセダンで、レクサスブランドから登場したのがHSです。

トヨタブランドの兄弟車であるSAIと並行して開発された、2.4リッターガソリンエンジンにトヨタ得意のハイブリッドシステム、FF車用リダクション機構付きTHS-IIを搭載した4ドアセダン。

プリウスが2代目以降独立トランクを持たない5ドアハッチバック形式になったため、初代プリウス以来のFFハイブリッドセダンとなりました。

まだレクサス車のラインナップで明らかにトヨタ車と共通と思わせるものが無い時代、しかもレクサス車特有のスピンドルグリルが装着される前にSAIのレクサス版として登場(ただしデビューはSAIの方が後)。

レクサス車としてはやや威厳に欠けて地味な印象でしたが、後のマイナーチェンジでスピンドルグリルを装着するとともに外装を一新、SAIと明確な差別化を図りました。

海外ではマイナーチェンジ前に販売をやめてしまいましたが、ES(かつてはトヨタ ウィンダムとして日本でも販売)を日本に導入していない日本では、貴重なレクサスのFFセダンとして2018年3月まで販売されています。

2018年7月現在ではまだ直接の後継車は登場していませんが、HSに代わり新型ESが日本でも発売される予定で、それがHSの後継車です。

HSの特徴

LEXUSレクサスHS250h出典:https://gazoo.com/

基本的にはトヨタ SAI同様、プリウスより一回り大きいボディに排気量も一回り大きな2.4リッターガソリンエンジンを主機として搭載。

モーターも当時の30系プリウスが搭載していた3JMや40系プリウスαの4JMではなく、よりパワフルな2JMを搭載しており、一言で言えば「大きくパワフルなプリウス、そのレクサス版」です。

先代30系や現行50系プリウスと異なり、独立トランクを持つノッチバック4ドアセダンなのも特徴で、レクサス車としては高級FFセダンですが、北米など海外で販売されているFFセダンESより小さく、日本向きのボディサイズなのも特徴でした。

また、SAIのエンブレムをレクサスに変えて外装が若干異なるだけでなく、防音・防振性能や内外装のクオリティ、組付け精度といった面はレクサス基準で作られており、SAIの兄弟車というよりは、同時期に並行開発された同クラスの別車とも言えます。

レクサス HSのカスタム事情は?!

レクサスでは初となるハイブリッドカーで、中型セダンであるレクサス HS。

ノーマルのまま乗っても風格や走りは十分ですが、カスタムする事で唯一無二の存在へと昇華させる事が出来ます。

プレミアムな車をよりオリジナリティ溢れる楽しい車にカスタムするのは如何でしょうか?

モタガレが厳選した、レクサス HSにおすすめのカスタムパーツをご紹介します!
会員登録すれば500ポイント付与

LEXUS HSにおすすめのホイール

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

レクサス HSにピッタリなホイールをご紹介します。
 

Weds KRANZE Kranze VERAE 713EVO

Weds KRANZE Kranze VERAE 713EVO出典:https://www.weds.co.jp

ドレスアップ・カスタム・レース用ホイール等、幅広いホイール開発・販売を手掛けているアルミホイールのパイオニアWEDS(ウェッズ)のホイールブランドKranzeの「VERAE 713EVO」をレクサスHSにおすすめします。

Weds KRANZE Kranze VERAE 713EVO出典:https://www.weds.co.jp

エッジの効いたラインとアダルトな曲面を両立させる、ラグジュアリなーデザインが特徴。

5色ものカラーバリエーションがあり、愛車のスタイルに合わせたドレスアップが可能です。

レクサス HSのインテリアカスタム

レクサスに乗る喜びは、高級感溢れるラグジュアリーなインテリアからも感じ取る事が出来ます。

インテリアパーツも大事なドレスアップカスタムの一つ!モタガレにはインテリアパーツも掲載されています。

レクサス HSの内装、少しはカスタムしたいけど、大幅なドレスアップはあんまり・・・

というレクサス HSオーナーにおすすめのアイテムがあります。

装着すれば、レクサス HSでのドライブもより一層楽しいものになる事間違い無しです!
 
会員登録すれば500ポイント付与

LXフロアマット"深紅"シリーズ

LX-MODEフロアマット出典:http://www.lx-mode.jp/

LEXUS車のインテリアカラーに設定されている「ダークローズ」「ガーネット」に合わせ足元をコーディネートできる「深紅」フロアマット、LXフロアマットです。

黒とはまた異なった高級感を与えることができ、ドアを開いた時の印象を大きく変える事ができます。

LEXUS HSに付けたいエアロパーツ!

レクサス代表するセダン車、レクサス HSのカスタムの醍醐味は、何といってもエアロパーツによるドレスアップでしょう。

レクサス HSのオリジナリティ、風格共に高める厳選されたエアロパーツの前期用を中心にご紹介します!
 

BRANEW LEXUS HS ANF10 エクステリアパーツ

出典:http://www.branew.jp/

素材やフィッティング等目に見えない部分までこだわり、日本の技術・匠の技を駆使し商品と言うよりも作品と呼ばれるような日本人の感性を吹き込んだ商品造りをしているBRANEW。

BRANEWがレクサス HSに提案するエアロパーツは、レクサスならではのスタイルに重きを置き、デザインのスタイリッシュさを加速させるような精巧な造形美が特徴です。

レクサスHS branewエアロパーツ出典:http://www.branew.jp/

中央部、左右にダクト形状を設ける事でレクサスのラグジュアリーな雰囲気を損なわずにスポーティーさをプラスするフロントスポイラー。

あえて立体的なエッジの効いたラインを要所に施す事で、メリハリのある表情を実現します。

レクサスHS branewエアロパーツ出典:http://www.branew.jp/

シンプルかつスムースなデザインを採用したサイドステップ。

ボディ側面をあえてシンプルに仕上げる事で、前後のドレスアップ効果を高める事が出来ます。

同社製エアロとの同時装着がおすすめのパーツです。

レクサスHS branewエアロパーツ出典:http://www.branew.jp/

リアビューにボリュームを持たせ、レクサスならではのラグジュアリーなスタイルを加速させると共にロースタイルを実現するリアスポイラー。

また、淵にエッジの効いたデザインを施す事でさりげなくスポーティーさもプラスしたエアロパーツです。
 

BRANEWのレクサス HS用カスタムパーツは他にもあります!
会員登録すれば500ポイント付与

LEXUS HSおすすめ車高調

ホイールを交換し、エアロパーツを組んだら、次はローダウンによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンスプリングによるものが挙げられますが、今回はレクサス HSにおすすめの車高調キットをご紹介します!
 

HKS HIPERMAX Ⅳ GT


hks lexus hs hipermac4出典:https://www.hks-power.co.jp/

スポーツ走行における操作性とストリートでの乗り心地を両立したHKSの新世代スポーツサスペンション、「HIPERMAX Ⅳ GT」です。

ブラケット、ライドハイト、ロックナットにアルミ部材を使用することで、バネ下重量の軽減に貢献しています。

hks lexus hs hipermac4装着イメージ/出典:https://www.hks-power.co.jp/

ローダウンを追及しつつも、普段の足がメインで出来るだけ快適に、同乗者への気遣いはしたくない、ギャップに気遣いはしたくない方におすすめのサスペンションキットです。
 

レクサスHSのライバルや維持費、燃費、中古車価格は?

次のページでは、レクサスHSのライバルとなり得る車両や気になる維持費、燃費や中古車価格をご紹介します!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!