ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタブランド初のスライドドア軽乗用車、ピクシス メガとは?

トヨタブランド初のスライドドア軽乗用車、ピクシス メガとは?

トヨタでダイハツからOEM供給を受けて販売している軽自動車『ピクシス』シリーズ唯一の軽ハイトールワゴンであり、もっとも車高が高いのがピクシス メガです。ピクシスシリーズの中で唯一のスライドドア軽乗用車でもあります。

トヨタ ピクシス メガとは

トヨタピクシスメガ出典:https://toyota.jp

軽自動車販売はグループ傘下のダイハツ工業に任せ、自らはトヨタブランドの軽自動車を販売してこなかったトヨタですが、2011年以降はその方針を転換します。

ダイハツからOEM供給を受けて『ピクシス』シリーズを展開し、増加する軽自動車需要に応えました。

もっとも、ダイハツの最量販車種であるムーヴとタントは取り扱わずに、ピクシスシリーズではベーシックモデルやその他サブ的なモデルに留まっています。

当初から販売されていた軽トールワゴンもムーヴ派生型のピクシス スペース(ダイハツ・ムーヴコンテ)のみ。

そのピクシス スペースが代替わりする際に、ピクシス ジョイ(ダイハツ・キャスト)と共に後継車となったのがピクシス メガです。

いわば『トヨタでもトヨタブランドの軽トールワゴン、それもスライドドア車が買えますよ』という目的でOEM供給を受けているので、積極的な拡販は行っていませんが、他のOEM軽自動車同様、トヨタとの関係が深いユーザー向けに販売されています。

ピクシス メガの特徴

トヨタピクシスメガ出典:https://toyota.jp/

基本的にはウェイクと全く同じ車で価格や装備、グレード名に至るまで全く同じであり、異なるのはウェイクのバッジが入る代わりにトヨタマークが入るフロントグリルや、一部トヨタオリジナルのディーラーオプションくらいです。

軽1BOX商用車(ピクシスシリーズならピクシス バン)を例外として、FFベースの軽乗用車では売れ筋のあらゆる軽ハイトールワゴンを上回る全高1,835mmと、それによる圧倒的な頭上スペース、それを活かすユーティリティーパーツがポイントなのもウェイク同様。

タントやムーヴほど売れ筋ではありませんが、ダイハツの衝突被害回避 / 軽減など安全運転支援を目的とした『スマートアシスト』の最新型を常に装備し、現在はステレオカメラ式の『スマートアシストIII(SAIII)』を最廉価版を除く全車に標準装備しています。

販売店は全国のネッツ店及びカローラ店および、軽自動車率が高い地域のトヨタ店・トヨペット店です。

会員登録すれば500ポイント付与

ピクシス メガのライバル車

出典:https://toyota.jp/

OEM元のダイハツ ウェイクと全く同じ車なため、ウェイクを除けば以下の3車種が競合車種となります。

ただし、いずれもダイハツで言えばタントと同格のハイトールワゴンであり、ウェイクに匹敵する車高の車種はありません。

ホンダ N-BOX

ホンダN-BOX出典:http://www.honda.co.jp/

初代、2代目ともに発売とともに爆発的ヒット作となり、軽自動車のみならず現在の日本市場で最も売れており、日本市場におけるホンダの屋台骨でもある自動車がN-BOXです。

現行の2代目では安全運転支援装備『ホンダセンシング』など安全装備の充実が高評価の元になっており、ホンダ『Nシリーズ軽自動車』全体の評価を引き上げています。

スズキ スペーシア / マツダ フレアワゴン

スズキスペーシアマツダフレアワゴン出典:http://www.mazda.co.jp/

2代目で思い切ったデザイン変更を行い、N-BOXやタント同様『ハコ』に徹してスペース効率を拡大、目立つデザインとなったことで、今やN-BOXに次ぐ販売台数を記録しているのがスペーシアです。

マツダにも『フレアシリーズ』のハイトールワゴン版、フレアワゴンとしてOEM供給されています。

会員登録すれば500ポイント付与

三菱 eKスペース / 日産 デイズルークス

三菱eKスペース日産デイズルークス出典:https://www3.nissan.co.jp/

三菱と日産が軽自動車共同開発のため設立した合弁会社『NMKV』でeKワゴンをベースに開発したハイトールワゴンで、三菱がミニカトッポ、トッポBJ、トッポと初代スズキ ワゴンR以前から作り続けてきた軽トールワゴンの集大成的なモデルです。

日産でもデイズルークスとして販売しており、それぞれ三菱と日産で独自色を打ち出しているため完全に同型車ではありませんが、eK / デイズシリーズの販売台数を底上げする原動力となっています。

ピクシス メガの新車&中古車価格

出典:https://toyota.jp/pixismega/

2018年6月現在、ピクシス メガの新車価格は以下のようになります。

※()内は4WD

【660ccガソリンエンジン】

D:135万0,000円
D”SAIII”:141万4,800円
L”SAIII”:155万5,200円(167万9,400円)
L”SAIII”レジャーエディション“SAⅢ”:159万8,400円(172万2,600円)

【660ccガソリンターボエンジン】

Gターボ”SAIII”:167万4,000円(179万8,200円)
Gターボ”SAIII”レジャーエディション“SAⅢ”:171万7,200円(184万1,400円)

基本的にOEM元のダイハツ ウェイクと価格体系・グレード名ともに全く同じで、ウェイクには時々設定される特別仕様車がメガには無いくらいです。

最廉価盤の『D』を除けば全車ダイハツのステレオカメラ式安全運転支援装備『スマートアシストIII(SAIII)』を標準装備しており、『D / D”SAIII”』には4WDがありません。

その他装備面での大きな違いは、LとGターボの『レジャーエディション』がFF車のみリヤスタビライザーとキーフリー連動オート格納ドアミラー(4WDはさらにヒーター付)、さらに駆動方式に関わらずラゲッジへのフックやベルトが標準装備になっています。

中古車相場は以下の通り。

99.8万円~176万円

あまり知名度の無い、ダイハツからOEM供給を受けるトヨタ取り扱い軽自動車ということもあって、そもそも販売台数が少ないためか、中古車はあまり出回っていません。

ピクシス メガ 主なグレードのスペック

出典:https://toyota.jp/pixismega/interior/indoor_space/

トヨタ LA700A ピクシス メガ Gターボ”SAIII” 2018年式
全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,835
ホイールベース(mm):2,455
車両重量(kg):1,020
エンジン仕様・型式:KF 水冷直列3気筒DOHC12バルブ ICターボ
総排気量(cc):658
最高出力:47kw(64ps)/6,400rpm
最大トルク:92N・m(9.4kgm)/3,200rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

トヨタピクシスメガ出典:https://toyota.jp/

2011年の『ピクシス』シリーズ開始以来、ムーヴやタントなどダイハツの主力車種をトヨタの販売力でシェアを奪ってしまうことを危惧してか、長らく軽スライドドア車を設定していなかったトヨタですが、ウェイクの供給を受けたピクシス メガでようやく実現しました。

本家ダイハツや、同じくトヨタグループ傘下のスバルほど取り扱い車種は多く無いものの、これでユーザーの要望には一通り応えられるラインナップが揃ったことになります。

ただし、トヨタとしてはあくまで『関係の深いユーザーがどうしてもトヨタ販売店で軽自動車を買いたい』という希望に応えるのみで、積極的にトヨタが軽自動車シェアを獲得しようというものではないため、あくまでサイドメニュー的な存在に留まりそうです。

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!