ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
これぞまさしく次世代のノリモノ!日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018も受賞した、2代目XC60とは

これぞまさしく次世代のノリモノ!日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018も受賞した、2代目XC60とは

ボルボ XC60が2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた時は、国内で一時期ほど『ボルボ』ブランドがもてはやされなくなっていたこともあり、驚きの声でもって迎え入れられました。しかし受賞した2代目XC60というクロスオーバーSUVを調べれば調べるほど納得せざるをえない内容で、間違いなく新時代の自動車を占うひとつのベンチマークとなりえる車の1台です。

2代目ボルボ XC60とは

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/accessories

お国柄、開発当初から公道で巨大なヘラジカとの衝突を見込んだ高い安全性から『世界で最も安全なファミリーカー』と言われてきた北欧スウェーデンのボルボですが、雪道や凍結路で走ることも多いのでSUVブームにも適合して2009年には初代XC60も発売されます。

その一方、初代XC60開発時にボルボの親会社だったフォードは中国の浙江吉利控股集団に買収され、傘下の吉利汽車(ジーリー)と協業関係になりました。

それにより、ボルボは次世代車用の先進技術や新世代プラットフォームの投入速度が上がり、ボルボ車専用の新設計アーキテクチャ『SPA』に基づき開発されたのが2代目X60です。

クーペとハッチバックを融合したスタイリッシュなデザインに、多様なパワーユニットや先進の電動車技術、ライバルと比較して群を抜く安全装備によって、それらを高い次元、高品質で融合させたクオリティが評価されます。

その結果、各市場で数々の受賞歴を誇り、日本でも輸入車でありながら2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

2代目ボルボ XC60の特徴

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/stories/autonomous-driving

「クーペルックのハッチバックボディを持ち、高品質の内外装を持つクロスオーバーSUV」というクルマは今やそう珍しいものでも無く、このXC60を形容するには相応しくない言葉でしょう。

同車の凄まじさや特徴を示すのに最適なのは、むしろパワーユニットと安全装備です。

まずパワーユニットですが、全てのグレードが排気量は2リッターで統一され、性能や使用燃料は異なれど極力部品の共用化を図り高コスト化を防いだエンジンは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類を用意しています。

ディーゼルターボエンジンは低回転からの太いトルクと静粛性が持ち味の新世代クリーンディーゼルターボの中でも、その滑らかさから出色の出来栄えと感嘆を受けています。

ガソリンエンジンでは通常のターボに加え、スーパーチャージャーも付け足し、今や珍しくなったツインチャージャーという組み合わせ。

さらに、そのエンジンにフロントとリアの強力なモーターを組み合わせ、外部充電が可能な大容量バッテリーを備えるプラグインハイブリッド車がトップモデルなのです。

ボルボは2019年までに全モデルを完全電動化することを宣言しています。

これにより内燃機関のみの車を廃止され、最低でもマイルドハイブリッドを備えた電動車オンリーになっていきます。

つまり、今後のボルボ車のスタンダートがこのXC60となるのです。

そして全自動車メーカーが抱えている課題にいち早く取り組んだこのクルマは、今後のクルマのスタンダートとなるのかもしれません。

そして安全装備『インテリセーフ』は、衝突被害軽減ブレーキや全車速アダプティブ・クルーズコントロール、高速道路上で機能するレベル2自動運転や縦列・並列駐車支援機能が全車標準装備なのはもはや当たり前。

さらに、右折時の対向車線衝突回避支援、道路逸脱時の回避支援や事故時の衝撃吸収機能を世界で初装備するなど、実に16もの先進安全機能を全車標準装備です。

これはXC60が単にカッコ良く走りのいいSUVというだけでなく、未来を先取りしたハイテクマシンなことを意味します。

2代目ボルボ XC60のライバル車

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/stories/tech-that-seamlessly-assists

先進装備を持つ輸入クーペルックSUVは、国際的流行もあって各社ラインナップされており、その中でも価格帯の近いモデルを以下選抜してみました。

会員登録すれば500ポイント付与

BMW X4

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X4/2014/images-and-videos.html

クーペルックSUV(BMWではSAVと呼ぶ)というより、『最低地上高の高いテールゲートつき4ドアクーペ』なのがX4で、BMW 4シリーズのSUV版です。

4シリーズクーペのエレガントかつスポーティな雰囲気に、X3同等の悪路走破性など機動力を組み合わせた1台で、価格帯は742万円~912万円とXC60より高めですが、動力性能的には互角、安全性能はXC60が上で、高価な分はBMWのブランド力かもしれません。

ジャガー F-PACE

出典:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/f-pace/index.html

現在はインド資本(タタ・モーターズ傘下)とはいえイギリスが誇るスポーツカーメーカー、ジャガー発のSUVで、当然のごとくスポーティなクーペルックSUV。

価格帯は648万~982万とXC60よりやや高めで、これもジャガーのブランド力かと思いきや、2リッター車同士では上限が729万円となるのでほぼ同等で、クーペルックながらもラゲッジの実用性を売りにしています。

メルセデス・ベンツ GLCクーペ

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/glc/glc-coupe/explore/car-concept.module.html

一時は車名からどんなジャンルのどのクラスの車か混乱する時期のあったメルセデス・ベンツですが、最近は整理されてだいぶわかりやすくなり、『SUV(GL)で、Cクラス相当』なのがGLCです。

その中でもBMW X4のようにシューティングブレーク的なテールゲートつき4ドアクーペモデルがGLCクーペで、価格帯は639万~789万と、これもF-PACE同様XC60と近くなっています。

日本では輸入高級車として圧倒的なブランド力を誇るメルセデス・ベンツのクーペSUVがこの価格で購入できるのは、かなり魅力的です。

会員登録すれば500ポイント付与

2代目ボルボ XC60の新車&中古車価格

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/stories/autonomous-driving

2018年6月現在、2代目XC60の新車価格は以下のようになります。

※全車4WD

【2リッターディーゼルターボ】

D4 AWD Momentum:599万0,000円
D4 AWD R-Design:649万0,000円
D4 AWD Inscription:694万0,000円

【2リッターガソリンターボ】

T5 AWD Momentum:599万0,000円
T5 AWD Inscription:694万0,000円

【2リッターガソリンターボ&スーパーチャージャー】

T6 R-Design:724万0,000円

【2リッターガソリンターボ&スーパーチャージャー&プラグインハイブリッド】

T8 Twin Engine AWD Inscription:899万0,000円

グレード構成を見てまず驚くのは『T8 Twin Engine AWD Inscription』、899万円は確かに安価では無いものの、現在の日本メーカーが日本市場向け国産車でこのスペックの車を作った場合、果たしてこの価格で収まるかを考えればとんでもないバーゲンプライスです。

さらに『特徴』の項で説明した16種類もの先進安全装備『インテリセーフ』を全車標準装備しているのですから、599万円の最廉価版までリーズナブルに思えてきます。

ボルボではエンジンなどで基本的なメカニズムを共有しつつ、先進技術を高コストな設計変更を行わず搭載する方針なので、『最初にある程度高性能の土台を作れば、後はそうそう高くならない』という、商品性の高さがわかるところです。

中古車相場は以下の通り。

529万円~549万円

2017年10月に発売されたばかりの人気モデルなので、そもそも中古車がほとんどありません。

今はともかく新車のオーダーを入れる時期です。

2代目ボルボ XC60 主なグレードのスペック

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/intellisafe

ボルボ UB420XCPA XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription 2018年式
全長×全幅×全高(mm):4,690×1,900×1,660
ホイールベース(mm):2,865
車両重量(kg):2,170
エンジン仕様・型式:B420 水冷直列4気筒DOHC16バルブ ICターボ&スーパーチャージャー
総排気量(cc):1,968
最高出力:233kw(318ps)/6,000rpm
最大トルク:400N・m(40.8kgm)/2,200-5,400rpm
バッテリー種別:リチウムイオン(プラグインハイブリッド)
バッテリー電圧:360V
バッテリー容量:30Ah
バッテリー送電圧:360V
モーター仕様・型式:【フロント】T28 交流同期電動機・【リア】AD2 交流同期電動機
定格出力:【フロント】22kw・【リア】28kw
定格電圧:【フロント】350V・【リア】309V
最高出力:【フロント】34kw(46ps)・【リア】65kw(88ps)
最大トルク:【フロント】160N・m(16.3kgm)・【リア】240N・m(24.5kgm)
トランスミッション:8AT
駆動方式:4WD

まとめ

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/accessories

ボルボと言えば、1980~90年代のユーザーなら『フライングブロック』と呼ばれるカクカクとした、それでいてレースになればめっぽう速く、しかも安全性は抜群のセダンやステーションワゴンを思い浮かべる人もまだ多いと思います。

その後フォード傘下でかつての個性が薄まってしまいましたが、中国資本の吉利(ジーリー)傘下になったあたりから『先進技術を多用した、世界でもっとも安全な車』を目指して急成長を遂げていたのです。

一時の低迷から日本市場での『ボルボ』ブランドはまだ知る人ぞ知る本物、というレベルに留まっていますが、今後の大躍進が期待できる楽しみなメーカーであり、XC60はまさにその尖兵と言えます。

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!